象は忘れない アガサ・クリスティ

象は忘れない象は忘れない
(2012/08/01)
アガサ ・クリスティー、中村 能三 他

商品詳細を見る


<あらすじ>
推理作家ミセス・オリヴァは文学者昼食会でとある女性から奇妙な事を頼まれる。その女性は、オリヴァが名付け親になったシリアという娘の両親が十数年前に起こした心中事件の真相を知りたいというのだ。
オリヴァと、彼女から相談を受けたポアロは過去を知る可能性のある人々を訪れて、十数年前に起きた事件の調査を始める。


今作はポアロもので最終作から2番目に位置する作品です。ただし、最終作『カーテン』は、発表されるより約30年前に書かれた作品であるため、『象は忘れない』が、クリスティが最後に手掛けたポアロ長編作品となります。

初期のポアロ作品と違い、相棒役となるのは愛すべきお馬鹿ヘイスティングズ大佐ではなく、後期のポアロ作品での準レギュラー推理作家オリヴァ夫人です。外国人探偵を主役とした推理小説を書いているという設定からもわかるとおりクリスティ自身がモデルになっていると言われているキャラクターです。何で外国人の探偵にしたんだろとか自身の小説について愚痴を言う事が多く、クリスティがポアロをどう思っていたのか気になりますw
同じく警察役も初期のジャップ警部ではなく、後期の準レギュラースペンス警部が務める事となっております。でも、今回のスペンス警部は脇役です。
ポアロとスペンス警部が一緒に事件を捜査した事件は『マギンティ夫人は死んだ』『ハロウィーン・パーティ』といった二つともいわゆる「回想殺人」というジャンルの作品です。という事は今回も…。

『象は忘れない』…このタイトルはイギリスのことわざからとったタイトルです。象は、針を鼻に刺した事でさえ忘れず、刺した人間に水をかけるぐらい記憶力が良いということわざなのだそうです。
象のように記憶力の良い人間を探して、十数年前の事件を解き明かそうというのが今回のあらすじ、つまり「回想殺人」ってやつです。
十数年前の事件であるためか、事件に関わりのある人がお婆ちゃんが多い事もあってか、おぼろげな記憶力を使って証言するため、あやふやでいまいち掴みどころがありません。
しかも、事件の手掛かりになる証言を聞き出すため、とりとめのない昔話をしたりして、なかなか聞き出したい事にたどりつかない事がしょっちゅうで、何人もそのやりとりを繰り返すので正直中盤はかなり退屈します。事件は過去に起きた事件だけで展開にほとんど起伏が無いし。
それだけでなくある程度証言が集まり、捜査が軌道に乗り出すと、ほとんど真相が読めるんですよね。
物語は退屈、真相は読めてしまうと良いところの無い作品かのように思える。が、何故か最後まで読むとそれなりの充足感があるというクリスティマジック。
遠き昔の思い出話に心を動かす人々にノスタルジーを感じ、切ない真相にぐっとなり、そして最後は爽やかなハッピーエンド。うんうん、退屈だと思う事も多々あったけど良かった、良かった。
この作品がクリスティが最後に書いたポアロである事に不思議な感慨深さを感じます。


※ここから続きはネタバレがあります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

招かれざる客 アガサ・クリスティ

招かれざる客 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)招かれざる客 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2004/09/16)
アガサ・クリスティ

商品詳細を見る


<あらすじ>
霧の深い夜、車の故障のためマイクル・スタークウェッダーはある屋敷に立ち寄る。屋敷に入ったスタークウェッダーが目にしたものは、屋敷の主人の死体と銃を持って立ちつくす夫人の姿であった。


小説ではなく戯曲(演劇)の脚本をそのまま本にしたものです。クリスティは小説家だけでなく戯曲家として優れた作家だったようで、その代表作として『検察側の証人』『ねずみとり』などが有名です。

小説と違い、最初に舞台の上にある椅子、机など小道具の場所の説明が入ります。文だけだと覚えるのが大変ですが、絵でも説明してくれるので舞台の様子を簡単に把握する事ができます。
演劇の脚本ですので、台詞以外の文章はほとんど無くて、登場人物の動きなど最低限の説明だけしかありません。また、一つの限定された場所で話が動く事が大半で、場所移動が少ないです。
最初はそれらの小説との違いに手間取って読むのに若干苦労しますが、慣れるとあ~ら不思議、ほとんど台詞だけなんでスラスラ読めます。ただでさえクリスティは読みやすいんだから、あっという間に読み終えてしまいます。


あっという間に読み終えてしまうからといって、内容が薄いなんて事はありません。屋敷という限定された場所の中で話が二転三転と目まぐるしく展開し、短いながらも読みごたえのある作品です。
あらすじに書かれているとおり主人公であるマイクル・スタークウェッダーが屋敷の中で死体を発見した事で物語は始まります。死体の傍らにいる銃を持った美しき女性、ローラ・ウォリックは自分がそこにいる男性、自分の夫であるリチャード・ウォリックを殺したと告白します。
そこで、何を思ったのかスタークウェッダーは騎士道精神かただのカッコつけか、ローラにひとめぼれしたのか、なんとローラを庇うため、彼女の犯行を隠そうとします。

その方法とは別の犯人を作る事。スタークウェッダーは主人であるリチャードを殺すような動機を持ってる人間がいないかとローラに尋ねます。そこで次々と明らかになるリチャードのクズっぷり。話聞いてるだけで、殺されて良かったねって思える人物ですねリチャード。
スタークウェッダーはローラの話の中で、リチャードが昔起こした交通事故の話に目を付けます。その時死んだ子供とその父親。その父親は今、イギリスにはいなくて外国にいるのだとか。これは好都合とスタークウェッダーは彼を仮想犯人に仕立て上げようと色々細工をします。

これで、ローラは容疑から外れるはずだと二人は胸をなでおろすが…、怪しい事情を持った屋敷の住人たちの登場と次々と明かされる真相のせいで事態は二転三転と目まぐるしく展開してしまいます。
誰も彼も怪しく見える、いったい誰が犯人なのか? まさにクリスティの真骨頂です!


※ここから続きはネタバレがあります

続きを読む

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

ねじれた家 アガサ・クリスティ

ねじれた家 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)ねじれた家 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2004/06/14)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る



<あらすじ>
外交官のチャールズ・ヘイワードは恋人ソフィアに結婚を申し込んだが、ソフィアはある事件が解決してからでないと結婚できないと言う。その事件とは、ソフィアの祖父アリスタイド・レオニデスが毒殺された事件であった。アリスタイドは莫大な財産を所有していたため、遺産のため殺害を行ったのではないかとレオニデス家の一員に疑いがかかる。チャールズは恋人のため、レオニデス一族が住む『ねじれた家』に捜査に乗り込む。


ポアロやマープル、トミーとタペンスといったシリーズものの探偵が出てこない、俗に言うノンシリーズ作品です。
今回の主人公は外交官であるチャールズ・ヘイワード。父が警視庁副総監である縁もあってかあらすじのとおり、恋人ソフィアのため事件の捜査に出向きます。
父親がお偉いさんで自分も外交官、ボンボンのエリートですか。しかも美人の婚約者つき。なんという絵に描いたような勝ち組なんでしょう!しかしクリスティの描写力にかかれば全然嫌味を感じさせません。むしろ若干へたれ臭が。クリスティの書くエリートってだいたい屑かへたれな気がしますw

レオニデス一族が住む『ねじれた家』、いろんな物を接ぎだしていったら見物人の目が飛び出すほどの変てこな屋敷ができたとか。お、こりゃ屋敷の仕掛けによるトリックがあるに違いない。なーんて事はありません島田荘司とか綾辻行人じゃないんですから。
そこはクリスティ、やっぱり心理面で勝負をしてきます。『ねじれた家』というのはそこに住む一癖も二癖もあるような登場人物や複雑な人間関係に掛けているのでしょう。
だいたいこういう一族ものだと、憎しみあってるとかとにかく仲が悪いとかいうのが典型的なんですが、『ねじれた家』だと、多少の仲の悪さもありますがそれ以上に複雑でみんな死んだアリスタイドに物質的なもの以上に心から依存していました。
第一犯人候補とされるアリスタイドの若き後妻ブレンダも、典型的な遺産がらみの女と少し違っています。家族の一員も彼女が犯人ではないかと疑いつつも違う気がすると思っています。
そういった複雑な関係を持った家族の中に殺人犯人が潜んでいる。しかも、どの人間も殺害を行える状況。
こりゃあ家族も読者もどいつが犯人なんだと疑心暗鬼になるってもんですぜ。

伏魔殿の『ねじれた家』で捜査を続ける五里霧中のチャールズに、ある探偵がヒントをくれます。
この作品の主人公といってもいいジョセフィンちゃんの登場です!ソフィアの妹で、探偵小説のまねごとをする若干12歳の幼き探偵です。なんというおいしい設定!ぶっさいくて書かれてる気がするけど、そんなん無視だ無視、文章だけなんだから脳内変換しほうだいだZE!
好奇心旺盛なジョセフィンは、家政婦のごとく、色んな物を見たおかげでたくさんの情報を知っています。
ジョセフィンの情報のおかげで捜査も進展。チャールズもあの子は凄いよと上機嫌。
しかしチャールズと違い経験豊富なパパはチャールズに警告を言う。
「ジョセフィンは危険だ!彼女を見張るんだ。」

ジョセフィンに魔の手が!


※ここから続きはネタバレがあります

続きを読む

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

秘密機関 アガサ・クリスティ

秘密機関 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)秘密機関 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/11/11)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る



<あらすじ>
第一次世界大戦後のロンドンで偶然、再会した幼じみのトミーとタペンス。終戦で無職になっていた二人は、お金儲けのため『青年冒険家商会』という名の何でも屋を始める。さっそく仕事の依頼が舞い降りるが、その依頼をきっかけに二人は英国の極秘条約文書をめぐる事件に巻き込まれることに。トミーとタペンスの波乱万丈な大冒険が始まった。


クリスティが長年連れ添うことになる探偵コンビ、トミー&タペンスのデビュー作です。実はクリスティのデビュー作『スタイルズ荘の怪事件』に次いで発表された長編で、クリスティ2番目の作品ということになります(ちょっと意外)。
それでいてクリスティ初の冒険小説、スパイスリラーといったジャンルに分類される作品で、『秘密機関』以降ポアロものなどの本格ミステリーとともにこういったジャンルの作品が書き続けられることになります。特にクリスティの作家人生の前半は本格ミステリーとだいたい半々ぐらいの割合で冒険小説が発表され、そのどれもが傑作ぞろいです。初期のポアロものも『ゴルフ場殺人事件』『ビッグ4』『青列車の秘密』など冒険要素の強い作品が多い気がする。クリスティの作家人生も中盤にさしかかるころには本格ミステリーに専念するようになり、冒険小説の方は次第に数が少なくなっていきます。あー、おしいなあ、クリスティの冒険ものが好きな自分としてはもっと書いてほしかったなー。
というわけでクリスティと言ったら本格ミステリーと言う人もいるけど冒険小説も本格ミステリーに負けないぐらい面白くて自分は好きです。偏愛度は冒険物の方が高いかもしれない。
そんなおいらが偏愛するクリスティの冒険物の基本が全て詰まったのがこの『秘密機関』であります。


可愛くてお転婆な女の子、謎の組織、ロマンス、クリスティお得意のあっと驚く展開、そしてご愛敬の多少のご都合主義、だいたいこれらのポイントでクリスティの冒険物はできています(えー

クリスティの冒険物って頼りない男と行動派な女の子コンビが主人公ってパターン多いよなあ。それでいて幼じみってことも多い。
ヒロインの名前はタペンス(プルーデンス)・カウリイ。神父(牧師だったっけ?)の娘のくせに金にがめつく行動的で頼りない幼じみをぐいぐい引っ張る行動的なヒロインです。それでいてトミーに対して恋する乙女になることもあります(なんという典型的幼じみキャラ)ベタな設定だけどタペンスかわいいよタペンス。タペンスだけでなくクリスティの冒険物はヒロインみんな可愛いんですよ。そしてだいたい向こう見ずなお転婆娘という共通点があるwクリスティの冒険物はヒロインに萌えるために読んでいるんだと言っても過言じゃないね!
対して男の方の主人公の名前はトミー(トーマス)・ベレズフォード。最初は頼りない男と思っていたんですが、タペンスのピンチには奮起しラストにはまさかまさかの活躍をしてくれます。トミーはこう見えても他の探偵たちに負けないぐらい結構優秀です。頼り無いのは最初の『秘密機関』だけで次のシリーズからは普通に優秀な探偵になってます(たまにドジふむけど)。このコンビのキャラクターがこのシリーズの魅力の一つだと思います。


この二人のコンビが探すことになったのが英国の極秘条約文書。第一次大戦時に行われた、あるいは行う予定であった英国の秘密外交や秘密作戦について書かれた文書で、その極秘文書が表に出れば、英国の内外からの信用が失われ国家に大打撃を与えかねない代物です。こういう極秘文書ってホームズでもあったよなあ。クリスティはこういうホームズのオマージュが結構多いですな。
この超重要機密の捜索を英国諜報部が何故だが『青年冒険家商会』に依頼します。理由は素人の発想が必要なんじゃないかという手詰まり状態に陥ったお役所の思いつき。おいおい国家機密を素人に教えんなよと思ったんですが、これぐらいのご都合主義はクリスティの冒険物のお約束なのであきらめましょう。
よく言われることなんだけどクリスティの冒険物はリアリティに欠けていることが多いです、半分ファンタジーと思って目をつぶって下さい。面白ければそれでいいのさ。

さてさて、この極秘条約文書を狙っているのは英国だけじゃありません。国家転覆をたくらむ謎の組織もこの極秘条約文書を狙って、トミー&タペンスと戦うことになります。変な被り物かぶってコードネームで呼んでたりとか、特撮物の怪人組織みたいだ。この謎の組織のボス『ブラウン氏』の正体がこの作品のキーワードで、いわばミステリーでいう犯人です。『ブラウン氏』の正体と極秘文書のありかがこの作品の一番重要な謎です。他にタペンスをめぐってトミーとの恋のライバルになりそうなアメリカ人や、超大物弁護士が仲間となったり、密室殺人事件が起きたり、極秘文書の手掛かりを知る謎の女性が登場したりと物語を盛り上げてくれます。

あと、クリスティの本格ミステリーではあまり見られないアクションシーンがあったりします。敵のアジトに潜入したり、カーチェイスをしたりとトミーとタペンスが八面六臂の活躍をしてくれます。さすがちょっと前までは軍属だっただけあるぜ!ここらのアクションシーン、映画になったら映えそうだな(映画化されてるみたいです)。

大冒険の末、ラストの怒涛の展開、驚きの真相、そして大団円。二人のその後がすんごく見たくなる幕引きです。トミーとタペンスのドタバタカップルは続編『おしどり探偵』でも変わらぬ活躍を見せてくれます。


本格ミステリーほど難しいトリックが使われていたり、超意外な犯人だったりするわけじゃありませんが、ミステリーと冒険物が上手く融合した面白いエンターテイメント作品です。

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

五匹の子豚 アガサ・クリスティ

五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/12)
アガサ クリスティー

商品詳細を見る





<あらすじ>
「母は無実だったのです。」
若い恋人に走った高名な画家を毒殺した容疑で妻が逮捕された。裁判の結果、有罪となり彼女は刑務所で死んだ。それで事件が終わったかに見えたが、十六年後、二人の遺児カーラが自分は無実であると告白する母の遺書を見つけ出す。母の無実を信じるカーラは、ポアロに事件の再調査を依頼する。十六年前の過去から真実を掘り起こすポアロの調査が始まった。


ポアロシリーズ21作目の作品。
とにかく読んで驚いた!アクロイドやそして誰もいなくなったみたいな衝撃的な結末によって驚くのではなくその完成度に!クリスティの数ある傑作のなかでも玄人好みのする傑作という評判は真であった。人によっちゃアクロイド、オリエント、そして誰もいなくなったを超えてベスト1な作品になるだろうなあ。そういう意味ではクリスティをある程度経験積んでからこの作品を読めたことに感謝。自分がクリスティ初心者のときに読んだら地味な作品と簡単に切り捨ててたかもしれない。
ひと

今作のポアロの調査の方法は過去の資料を読み、事件に関わった人々の証言を一人ずつ丹念に聴いていくというもの。十六年前の事件ですから証拠もほとんどなく資料もあくまで補助的なもので、とにかく証言が頼りです。
この作品は三部構成になっていて一章ごとにポアロが一人の登場人物に会い、過去の話を聴いていくというのが第一部の構成です。最初は弁護士、警察官など事件を調査した側の証言を聴き、次第に事件の当事者へと移っていきます。その五人の関係者をポアロがマザーグース『五匹の子豚』に喩えたことがこの作品のタイトルにもなっています。

子豚たちに証言を聴き終えると決まってポアロは彼らに事件の前後の様子を手記にして書いて自分のもとまで送ってほしいと頼みます。この五つの手記をポアロが一章ごとに一匹の手記を読んでいくというのが第二部です。

そして全ての情報が集めたポアロは関係者達を事件のあった邸に集めます。彼らの前で推理を披露するというのが第三部です。
一部が証言、二部が手記、三部が真相解明という三部構成でこの作品ができてるわけです。

これらの構成からわかるように推理小説として読者が必要な情報を得るためにポアロが機械的に物語を進行させていくような構成で、一見、推理小説として無駄のない非常にゲーム的な小説に見えます。そのため単調で物語として潤いのない無味乾燥な推理小説に見えますが実際は逆です。

機械的な構成にも関わらず非常に文学的な推理小説です。

それぞれの登場人物が見てきた人物、風景は同じであっても見えたものは全く違います。ある人は逮捕された妻カロリンを悪人と言い、ある人は同情的な目で見ます。同じ同情的な目で見てる人でも、人によっては馬鹿な女と言いまたある人は罪を享受した自己犠牲的な淑女と言います。同じく殺された夫のアミアスも色んな解釈が登場事物の口から語られますが妻のカロリンが一番多彩に変化していきます。
また、証言をする人物たちもその証言によってそのキャラクターに命を吹き込まれ、過去をどう見てきたかによって彼らの人となりとそれまでの16年間をどう歩んできたかを語ってくれます。

ポアロが掘り起こしたのは16年前に死んだ二人の魅力的な夫婦とその二人の死をみとった人々の心だった。16年前とその後の人々の悲喜劇はとても物語的です。


※ここから続きはネタバレがあります

続きを読む

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR