チャイナ橙の謎(チャイナ・オレンジの秘密) エラリー・クイーン

チャイナ橙の謎 (創元推理文庫 104-12)チャイナ橙の謎 (創元推理文庫 104-12)
(1960/01/01)
エラリー・クイーン

商品詳細を見る



<あらすじ>
チャンセラーホテルにあるドナルド・カーク事務所の控室で死体が発見される。ドナルド・カークの関係者一同は、不思議な事に殺された男を誰も知らないと言う。それ以上に不思議な事は、死体の衣服を含め、絨毯や本棚など部屋のあるゆるものが〝あべこべ"になっていたのだ。いったい誰が何のために〝あべこべ"にしたのか?


エラリー・クイーンの国名シリーズ8作目の作品。シリーズものの作品だと、8作目ぐらいまでくると初期の頃と違って新しいパターンに挑戦しようかなと変化球を飛ばそうと考える作者が多いかと思われます。エラリー・クイーンもその例に漏れず。それがこの『チャイナ橙の謎』です。

あらすじにも書かれているとおり、変化球も変化球。服は逆に着せられ、絨毯は裏返し、本棚は逆方向、部屋の全てのものが〝あべこべ"という全く意味がわからんぞと言いたくなるような場所で死体は発見されます。
それでいて、死体の服には何故か槍が通されているというおまけつき。
何故、この意味不明な状況になったのか?それを解き明かそうという趣向は、初期の作品には無いものであり、新鮮さがあります。

こんな変てこな状況にパパさんは、犯人に聞けばそれで解決だとスルーして捜査をしますが、死んだ男を誰も知らないので捜査は毎度のごとく難航します。
この身元不明の死体というのもこの作品のキーワードの一つです。

対してエラリーは〝あべこべ"の謎を解く事こそが死体の正体を知るために重要であり、事件解決の鍵であるのではないかと推測します。
何故なら、この事件には〝あべこべ"の国『チャイナ』そう『中国』が多く関わっているからだ!
殺された男がいた部屋にあった『チャイナオレンジ』、『中国』に昔住んでいた女流作家ジョー・テンプル、ドナルド・カークの友人グレン・マグゴアンが手に入れたあべこべの『中国切手』。
これだけ揃っていて、『中国』が関係ないはずがない!〝あべこべ"は『中国』を指し示しているのではないか!?

…『中国』関係が揃っているのはいいとして、『中国』が〝あべこべ"の国ってのはちょっとどうよ?
クイーンが作中に、『中国』にある〝あべこべ"の例をたくさん書いてくれているんですが、ああ確かにそうだねと思う物もあるんですが、若干胡散臭いところもあります。
『日本庭園の秘密』の時のように眉つばもんの知識もありそうだよなあ…。まあ、そこらへんはそういうものと思って、深く考えない方がよさそうです。
当時のアメリカでは『中国』は〝あべこべ"の国と思われていたという事なのだろうか…。

『あべこべ』『身元不明の遺体』『中国』をキーワードに、エラリーたちは推理と捜査を進め、そこにカーク家の人間模様や秘密が絡んで、複雑な状況やドラマが生まれ、ミステリーとして大いに読者を楽しませてくれます。


※ここから続きはネタバレがあります

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

オランダ靴の謎(秘密) エラリー・クイーン

オランダ靴の謎【新版】 (創元推理文庫)オランダ靴の謎【新版】 (創元推理文庫)
(2009/06/25)
エラリー・クイーン

商品詳細を見る



<あらすじ>
オランダ記念病院の大手術室では、いままさに重要な手術が執り行われようとしていた。患者は病院の創立者であり女大富豪として有名なアビゲール・ドーン。糖尿病の発作で階段から転げ落ち、応急手術を必要としていた。
ところが手術を行おうとしていた医者たちは異変に気づく。手術台の上の老夫人は絞殺され、すでに死者となっていた。


上のamazonは創元版の『オランダ靴の謎』ですが、自分はハヤカワ版の『オランダ靴の秘密』を読みました。創元版の国名シリーズでお馴染み井上勇氏の訳はちょっと古い言い回しも多く、現代ッ子の自分にとっては読み辛いことが多々あるので訳者によってはハヤカワ版の方が良い場合があります。ハヤカワ版のオランダ靴は宇野利泰氏、クリスティの『ポケットにライ麦を』、カーの『読者よ欺かるるなかれ 』などで自分にとって馴染みがあるので安心やわー。

摩訶不思議な状況や、密室、容疑者たちの鉄壁のアリバイなどがあるわけじゃないが、手掛かりが少なすぎるため警察の捜査は難航。毎度おなじみマスコミに警察が叩かれ、パパクイーンも寝込んじゃいます。
が、ここで我らがエラリーが推理の手掛かりとして目を付けたのが犯人が残した『靴』。
今回はその『靴』を中心に、わずかな手掛かりを頼りにしたエラリーの推理とロジックが見どころです。

割と地味目な話ですが、秘密を隠し持った容疑者たちにせまり、悪戦苦闘しながらも捜査を進める警察たちの様子に、じわじわと盛り上がります。ゆっくりと推理を楽しみたい人にはおすすめの作品です。


※ここから続きはネタバレがあります

続きを読む

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

ローマ帽子の謎 エラリー・クイーン

ローマ帽子の謎 (創元推理文庫 104-5)ローマ帽子の謎 (創元推理文庫 104-5)
(1960/12)
エラリー・クイーン

商品詳細を見る



<あらすじ>
衆人環視のローマ劇場の中で、突然、弁護士の毒殺死体が発見される。リチャード・クイーン警視の指揮の下、警察は捜査を開始するが、これといった証拠も手掛かりも見つからない。唯一の手掛かりといえば被害者のシルクハットが紛失していたことのみ。『シルクハットが無くなっていた』ことだけを道しるべに、エラリー・クイーンの捜査が今始まる。


フレデリック・ダネイとマンフレッド・リーの共同ペンネームであるエラリー・クイーンのデビュー作にて、著名な国名シリーズの一作目です。
一作目なためか、探偵であるエラリー・クイーンの出自や設定がはしがきに書かれております。こういう設定なんかは作中にちょっとずつ小出しにしていけばいいんじゃないかと思うんですけど、最初に厳密な設定やプロフィールを決めて読者に提示するなんて作者二人の生真面目さがうかがわれます。または、設定厨なだけだったのかも。コレクターだったりアンソロジーを作ったりとオタクであったことは確かでしょうな。

クリスティ、クイーン、カーの三人を世界三大推理小説家とする人もいるらしく、過去現代の日本の推理小説家も影響を受けた方が多くて、エラリー・クイーンは日本では、アガサ・クリスティと並ぶ知名度や人気を博した海外古典推理小説家です。

その特徴は、厳密な捜査などにより情報を読者に全て公開するフェアプレイ精神、読者へゲームの参加を呼び掛ける『読者への挑戦状』、これしかないと思わせる推理の論理性とかなんでしょうがこの作品ではそれらが完成されているとはいえないと思います(そのことについては後で書きます)
また、展開の起伏もとぼしく地味な捜査が続くので退屈と思う人もいるかと思われます。これらのことから初心者には向かないんじゃないかなあと思ったり。(えてしてデビュー作というものは初心者に向かないことが多い気がする)

ですが、エラリー・クイーンという探偵と、その父であり良き理解者であり相棒でもあるパパ・クイーンことリチャード・クイーンの人となりを知るにはこの作品が一番だと思います。
推理小説家でインテリでそして探偵であるエラリー、厳格で有能な警察官リチャード。エラリーの推理力、リチャードの指揮力、二人の仕事ぶりもいかんなく発揮されています。
二人の親子関係を知るのにもやっぱりこの作品が一番。お互いを助け合い信頼している二人の関係が良いです。ちょくちょく頭の良さをひけらかしてパパをからかってみたり、そんな息子を怒ってしかったりしている二人も微笑ましい。クイーンに女性ファンが結構いるのはこの親子関係に2828しているからに違いないw

この作品のキモはあらすじにあるとおりシルクハット、“帽子”です。
劇場は封鎖されてくまなく捜査されたが“帽子”は一向に見つからない。何故、見つからないのだろうか。
“帽子”は何故持ち去られたのか?どこに消えたのか?誰が持って行ったのか?
この“帽子”の謎を解き明かすのがこの作品のメインです。


※ここから続きはネタバレがあります

続きを読む

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR