2010アニメ春 感想(総括)

デュラララ!!

帝人・正臣・杏里の三人がそれぞれ答えを見つけ、しずちゃん・ドタチン・セルティ・サイモンらチートキャラが悪い奴らをぶっ飛ばす最終回。
サイモンに吹っ飛ばされてうざや、ざまあああああああなのに、株を下げないのはさすが。視聴者の溜飲を下げつつもいざやの格を下げない、うまい案配ですわ。

帝人の語るダラーズ、無色で、自由に来て去っていく。これはネット社会に通じるものもあるんじゃないかとちょっと思った。
思えば、デュラララというアニメは池袋という街で自由で混雑した社会を描くと同時にネットの世界も描いてたんだったよなー。攻殻機動隊みたいな高尚で高度な技術を駆使したネットの世界でなく、俗っぽくて中学生でも触れることのできるぐらいちまたにあふれたネット世界。でも、それは自分たちにとって親しみやすく魅力的な世界でもあった。もしかしたらネットの在り方みたいなもんも描いてるアニメだったんだろなー。

チャットやネットを使った演出やストーリー、池袋を舞台とした何でもありの群像劇など、素材にしてもその調理にしても自分が最近見たアニメの中では一番新鮮さを感じ、その完成度にも満足できるそして大変楽しめたアニメでした。


真・恋姫無双~乙女大乱~

1期、2期に引き続き最後まで楽しめたアニメでした。何よりキャラの立て方が抜群に上手かったアニメだと思います。原作の良さもあるんでしょうが、三国志の英雄たちを元ネタとしたキャラクターの作りは大変上手くて、これだけ大所帯にもかかわらずみんなキャラが立っているのはマジすげえ。ただ、元ネタである三国志に依存した作りなので三国志に思い入れの有るか無いかでだいぶ評価の変わるアニメだと思います。

3期の最終回はそれまでの総決算にふさわしい内容で先ほど言ったキャラクターたちが、協力して強敵を倒すといった展開は非常に爽快。シリーズを通して愛紗たちが会ってきたキャラクターが集結し、これまで培ってきたギャグも忘れず、伏線もきちんと回収するというシリーズの最終回とも言える内容でした。できることなら、ぜひとも続編が見たいです。


WORKING!!

奇人変人とまではいかないけど面白人間たちがファミレスで繰り広げるドタバタコメディー。後半、話を一応閉めるためか小鳥遊と伊波さんの恋愛劇に集中したため、個人的に失速したかなと思っちゃった。自分としてはこの二人に焦点を絞るよりも、もっとワグナリアのメンバーでわいわいやってる方が楽しかったみたい。いんや、確かにラブコメとして普通以上に面白くて、伊波さんが可愛かったのも事実なんだけどね。ただ単にファミレスコメディーの方が好きだっただけで。
全体の感想としては爆発力はないけど安定して楽しめるアニメでした。
個人的に男性陣ではイケメンなのに幸薄い佐藤さん、女性陣ではうざさより可愛さが勝る山田が好きでした。


おおきく振りかぶって~夏の大会編~

1期に引き続き高いクォリティーと丁寧で描写で安心して楽しむことができました。ラスト2話の、チームの支えと自身の努力で成長し自立し始めた三橋と敗北しながらも奮闘する西浦ナインの姿は感動的だった。
しっかし、1期に比べると繋ぎのシリーズであったことは否めないんだよなー。
三橋が一人で成長しちゃったから、そのせいで阿部の成長がおあずけの状態になってしまって中途半端感がぬぐえない。
あと、この敗戦が完全燃焼な感じがないのもその理由の一つ。確かに西浦の現状の全てを出し切って負けた試合ではあるのだけど、次があるっていう余裕が感じられた。途中で阿部が怪我で降りちゃったってのもあるのかな、本当に全てを使い果たしたって感じがしなかった。まあ、原作は次に繋げるための試合として書いたのをアニメが二期の最終エピソードとして使ったってだけで、これらのことをどうにかしろって言うのは無理な注文ですよね。
二期が不完全燃焼だったぶん、再び目標に向かって歩み始める三橋たちの姿を見てると、俄然続きが見たくなる。
原作のストックを貯めるのにだいぶ時間がかかるみたいだけど、ぜひともこのスタッフでおおきく振りかぶっての三期が見たいです。


Angel Beats!

神とはなんだったのかとか、この世界は何だったのかとか、SSSの主役陣以外の適当な成仏のしかたとか、たくさん文句はありますが、それだけならよくある伏線や設定を適当にぶちまけてほったらかしにして終わる深夜アニメだとしてそこまで目くじら立てることはなかったでしょう(それだけでもかなり駄目だと思うが)
でもね、主人公である音無の言動があまりにも駄目すぎ。物語の中核がしっかりしてたら他が適当でも擁護する人はもっといたろうなと思う。音無のせいで自分のなかでこのアニメの駄目度がぐんっと上がってしまったと思います。

さすがに、天使ちゃんとちゅっちゅしたいから他のメンバーを消したとか言うつもりはないです。が、それまでの音無の言動のせいで今頃、何言っとんのじゃ、このアホは…と悪態をついてしまう。お前、ゆいには残る選択を一切与えず問答無用に成仏させようとしただろ…。その後もゆりっぺがお前の計画をばらさなかったらずっと選択を与えることなく他のメンバーを成仏させる活動を続ける気満々だったし。音無のせいでかなり気分の悪い最終回になってしまい、このアニメ自体の印象もだいぶ悪くなってしまった。音無のいっしょに残ろうという告白をめっちゃ興味無さそうに聞いてる天使ちゃんが優一の救いでしたw

これだけぼろくそに言ってますが、最終回で良かったところもちゃんとあります。残ったメンバーとの卒業式はちょっとぐっときた(メインヒロイン(笑)の扱いはあれだったけどw)特に涙ぐむ直井は良かった。緒方さんの演技も素晴らしかったです。他の声優さんも含めて最終回はみなさん素晴らしい演技でした。それだけに杜撰なシナリオが口惜しい。
あと音無の心臓が天使ちゃんに移植されているのは予想通りでしたが、音無が天使ちゃんの心臓の鼓動を聞いたから記憶を取り戻したというは普通に上手いと思いました。音無の胸を刺して心臓がなかったから天使ちゃんが気づいたというのはかなり突っ込みどころ満載だったけどw

まあ、色々あったけど、周りのいざこざも含めて色んな意味で楽しめたアニメでした。
デキの良いアニメだとは口が裂けても言えないけど。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR