象は忘れない アガサ・クリスティ

象は忘れない象は忘れない
(2012/08/01)
アガサ ・クリスティー、中村 能三 他

商品詳細を見る


<あらすじ>
推理作家ミセス・オリヴァは文学者昼食会でとある女性から奇妙な事を頼まれる。その女性は、オリヴァが名付け親になったシリアという娘の両親が十数年前に起こした心中事件の真相を知りたいというのだ。
オリヴァと、彼女から相談を受けたポアロは過去を知る可能性のある人々を訪れて、十数年前に起きた事件の調査を始める。


今作はポアロもので最終作から2番目に位置する作品です。ただし、最終作『カーテン』は、発表されるより約30年前に書かれた作品であるため、『象は忘れない』が、クリスティが最後に手掛けたポアロ長編作品となります。

初期のポアロ作品と違い、相棒役となるのは愛すべきお馬鹿ヘイスティングズ大佐ではなく、後期のポアロ作品での準レギュラー推理作家オリヴァ夫人です。外国人探偵を主役とした推理小説を書いているという設定からもわかるとおりクリスティ自身がモデルになっていると言われているキャラクターです。何で外国人の探偵にしたんだろとか自身の小説について愚痴を言う事が多く、クリスティがポアロをどう思っていたのか気になりますw
同じく警察役も初期のジャップ警部ではなく、後期の準レギュラースペンス警部が務める事となっております。でも、今回のスペンス警部は脇役です。
ポアロとスペンス警部が一緒に事件を捜査した事件は『マギンティ夫人は死んだ』『ハロウィーン・パーティ』といった二つともいわゆる「回想殺人」というジャンルの作品です。という事は今回も…。

『象は忘れない』…このタイトルはイギリスのことわざからとったタイトルです。象は、針を鼻に刺した事でさえ忘れず、刺した人間に水をかけるぐらい記憶力が良いということわざなのだそうです。
象のように記憶力の良い人間を探して、十数年前の事件を解き明かそうというのが今回のあらすじ、つまり「回想殺人」ってやつです。
十数年前の事件であるためか、事件に関わりのある人がお婆ちゃんが多い事もあってか、おぼろげな記憶力を使って証言するため、あやふやでいまいち掴みどころがありません。
しかも、事件の手掛かりになる証言を聞き出すため、とりとめのない昔話をしたりして、なかなか聞き出したい事にたどりつかない事がしょっちゅうで、何人もそのやりとりを繰り返すので正直中盤はかなり退屈します。事件は過去に起きた事件だけで展開にほとんど起伏が無いし。
それだけでなくある程度証言が集まり、捜査が軌道に乗り出すと、ほとんど真相が読めるんですよね。
物語は退屈、真相は読めてしまうと良いところの無い作品かのように思える。が、何故か最後まで読むとそれなりの充足感があるというクリスティマジック。
遠き昔の思い出話に心を動かす人々にノスタルジーを感じ、切ない真相にぐっとなり、そして最後は爽やかなハッピーエンド。うんうん、退屈だと思う事も多々あったけど良かった、良かった。
この作品がクリスティが最後に書いたポアロである事に不思議な感慨深さを感じます。


※ここから続きはネタバレがあります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR