2013年冬期アニメ感想(総括)

ジョジョの奇妙な冒険

始まる前は、ジョジョがアニメ化言われても、期待より不安の方が大きくて、大きくは望まない、できるだけ原作を再現してくれてそれなりに楽しめたらいいやぐらいの期待度だったのに、蓋を開けてみたら、ここまでの作品に仕上げてくれるとは…放送前の自分の不明を詫びたいぐらいです。
ジョジョのアニメ化が成功した理由にスタッフ・声優陣の『ジョジョの奇妙な冒険』という原作に対する愛とリスペクトにもあるのですが、それ以上に『ジョジョの奇妙な冒険』というビックタイトルに気負いすぎる事なくノリノリで作った、演じてくれた事が大きいと思います。
テレビからスタッフ、声優陣がこれでもかっていうぐらい楽しそうにこのアニメを作っていたって事が伝わってくる作品でした。
ぜひとも三部のアニメ化も期待しております。(でも、老ジョセフは杉田から変えた方がいいと思うなあ)
To Be Continued…


ラブライブ!

今期で1,2を争うぐらい面白かったアニメでした。後、メインの9人みんな可愛い、愛おしいと思える点は美少女アニメとしてほんと素晴らしい事だと思う。個人的に贔屓はかよちん。3,4話での天使っぷりに惚れたのさ。その後、若干空気だし地味だしそのせいで順位も低いけど好きです。2期は凛ちゃんとともに活躍しておくれよー!
このアニメを語る上で外せないところといえば、終盤のシリアス展開なんですが、正直、大げさに騒ぎすぎじゃないかと、世間のラブライバー達の動揺っぷりに一歩引いて見てしまうのは自分が、終盤の展開の評判を先に聴いた見た後、視聴したせいでしょうか。
まあ擁護派許容派な自分でも、やっぱ強引すぎる尺が足りてないと気になってしまうのも事実なわけで。まあ、ここらへんはシリアスを長くやったら客が逃げてしまうから短い話数で終わらしたい、二期に続けさせたい、スタッフが描きたい話のために強引な展開も辞さないといった作ってる側の事情が透けて見えたなあ。
若干ぎくしゃくした12話の脚本から、最終話への流れは人によっちゃ茶番と思う人もいると思う。でも、自分を見失った穂乃果が、穂乃果によって導かれてきた仲間達の言葉や行動により、本来の自分を取り戻し、再び前を向いてアイドルとして立つという展開はすんげえ好きだし感動せざるをえなかった。こういう今までやってきた事が、大事な時に生きてくるっていうのは、アニメでも現実でも一緒ですなあ。
そしてラストに『START:DASH!!』再び。3話の時とは全然違う、今は仲間もお客さんもたくさんいる。最後のライブはストーリー的にも演出的にもアニメ「ラブライブ」の総決算と言えるもので、ほんと素晴らしく感動的でした。
おそらく、いや絶対あるであろう2期を期待してアルパカのように首を長くして待っております。
それまで、ラブライブが終わった寂しさを紛らわせるため、ソシャゲに手出してしまいそう。もし、そうなったらお金も時間も大量に潰してしまうであろう事は自分の自制力から火を見るより明らかなのでなんとか我慢するしかない。正直、耐える自信はないけど…。


ガールズ&パンツァー

やっとこさ未放送の11話・12話が放送されましたので感想を。
スタッフのスケジュール管理は誉められたもんで無いですが、そういう非難を吹っ飛ばすに足る面白さでした。
だいぶ時間をかけて作っただけあってクオリティが高く、ラストの一騎打ちも痺れたなあ。
総括としては、女の子に戦車を乗せて(これだけなら今の萌アニメに普通にありそうだけど)、戦車戦なのに誰も死なない熱血部活動ものをするというアイディアが素晴らしかった。やってる事はかなりぶっ飛んでるし、かなりおかしいんだけど、それを何故か不思議と不自然に感じさせない空気作りも上手かったなあ。
戦車戦の内容の方は、物量や経験で劣る大洗学園を名軍師西住殿が奇策で破っていくっていうのが、まるで軍記もののような面白さがありました。
まあ、敵が簡単に策に引っかかりすぎとか、敵にも知将はいないのかと気になるとこもないではないけど、1クールという尺で弱小の大洗が優勝するには多少のご都合主義は仕方無いでしょう。これぐらいなら十分許容範囲。
あと、キャラクターものとしては、こんなに多すぎるキャラをどうさばくのか最初は気になってたんですが、あんこうチームと生徒会チーム以外のチームは、一人一人のキャラ立てに拘らずチームとしてキャラ立てするというアイディアが良かった。
戦車戦を部活ものとして描く、軍記物のような戦闘、大量のキャラをメインと一部のキャラ以外はチームとしてキャラを立てるなど、最近のアニメには無いアイディアにあふれたアニメだったと思います。


PSYCHO-PASS サイコパス

SFとして見た場合シビュラシステムの優位性が上手く書けていると言い難いし(つうか結構ザル?なシステムだったかも)、設定面での不備というか雑なとこが目につきましたが、狡噛と槙島の対決・公安局刑事課一係の人間模様(これに関しては語り切れてない、というか若干空気な人がいたな)といった人間ドラマは良く描けていて面白かったです。
後半からは序盤の退屈さが嘘みたいに面白かった。が、最終回に関してはもう少し爽快感のある決着が見たかったと思わなくもないです。というより狡噛さん対槙島のかっちょいいバトルが。まあ、このアニメのメインとすべきはそこではなく二人の思想的な対決であり、敵対し相反する存在でありながらもお互いを理解し似た者同士でもあった二人の決着が、スカッとするような決着ではなく悲しく切なげに描くのはこのアニメらしくもあり二人の決着にふさわしかったように思います。
1話の冒頭を繰り返すラストも良かったです。


琴浦さん

下げる展開・鬱展開への持っていき方、ストーリーは良くできていたと思うんですが、上げる展開・逆転が若干強引なのが引っかかった事以外は、最後まで面白く見る事ができました。
真鍋くん、琴浦さんの主人公カップルは元より、部長、副部長のカップルだけでなく、あのクソ森森谷さんまで好きになれた(琴浦さんに謝罪するあたりの話、ひいては森谷さんが許される展開は結構強引だったと思うが)、つまりこのアニメのメインキャラクター全員好きになれたって事は大きかった。やっぱキャラを好きになる≒作品を好きになるって事だよなあ(あくまで≒であって=ではない)。
また、アニメでESP研の面々に会える事を期待しております。


新世界より

終盤、バケネズミの反乱が始まってからの面白さの右肩上がりがほんと凄かったです。終盤に来て、貯めたものが一気に噴出したって感じ。全く対抗する術の無い恐怖って感じが良くできていた。
東京に移動してからは少し落ち着いてしまった気もするけど、あれはあれで摩訶不思議なダンジョンを攻略しているみたいで面白かった。
そして白眉は最終回。まさか、まさかのオチ。今思えば、この作品の主人公は早希とスクィーラの二人だったんだろうなあ。
序盤、中盤退屈に思う事はあれど、最後まで見た事でその全部も許せちゃうって感じのアニメでした。
ただ、手放しで誉める事のできるアニメというわけではなく、盛り上がりどころがたまに淡々とイベント消化してる感じになる時があったのは残念。悪鬼対鏑木とかね。
まあ、そういう作風のアニメと言われてしまえば、そうなんだろうけど。


リトルバスターズ!

明らかに二期があり、二期前提の作品ではあるんで、完全な批評はできないんだけど、一期まで終了した時点でも十分面白かったと言えるし、今から2期が楽しみだと思えるぐらい好きになったアニメでした。
ところどころギャグが寒かったり、お涙頂戴のごり押しなとこもあるし、一期終了時点じゃ意味分からないとことかあるけど、バカやったり青春やったり友情してたりしてるあのリトルバスターズの雰囲気が良かった。みんながいるから笑える、悲しい事も辛い事も乗り越えられるっていうノリは好きです。


たまこまーけっと

たまこの結婚騒ぎとかデラちゃんとの別れとかもっと盛り上げたり、感動的に出来そうなのに、あえてそうしない、スカした感じがらしくもあり、良さであると思いつつも、若干鼻につくとこもありました。
そうした作風が、この作品に対して思ったより熱を上げられなかった原因かもしれない。
まあ、期待以上に熱中して見る事ができなかったのは確かだったけど、それでもゆるーくのんびりと楽しむ事ができたから、それなりに満足かなって感じの作品でした。


ロボティクスノーツ

途中まではかなり楽しんで見ていたのに、昴が怪我して万博行きが中止になるかならないかあたりの話で、急に脚本が雑になり、失速していったのは残念。
終盤ちょっとは盛り返したかなと思ったけど、それでも途中の減点を取り返せるほどではなく、1クール目の期待値を超える事なく最終回を終えてしまいました。
キャラクターや設定、ロボ部の青春ものっぽい雰囲気は良かっただけに惜しいなあ。


gdgd妖精s

最初は一期と違い、パロディの多さに若干辟易させられつつも、なんだかんだいってもやっぱ面白かった。数話前の伏線を利用した話など、テクニカルな話があったりと結構工夫もあったのも良かったです。
ただし、やっぱ一期と比べるとパワーダウン感は否めなかった。そう何度も続けていけるようなタイプのアニメじゃないしね。後、若干タイプは違えど同じカオスアニメ枠のあいまいみーが同期にやってたのが痛かったかも。
あっちの方がカオスアニメとしてはインパクト強かったもんなあ。
一期と比べてるととか言われながらもgdgdと続けていくのが性に会ってそうなアニメなんで、また三期がやる事に期待してます。


生徒会の一存Lv.2

一期の方がやっぱ面白かったと思いつつも、なんだかんだで最後まで楽しんで見る事が出来ました。
特に最終回、杉崎が生徒会メンバーに送る送辞が一期から最後まで見続けた愛着もあってかなかなか感動できるものがありました。良い作品だったなと良い印象を持ったまま最終回を終える事ができたように思います。
ただ、やっぱりスタッフの変更、特に声優の変更がここでも後引いてしまってる。一期のスタッフならもっと感動的なシーンにできたんじゃないだろうかとか、声優変更が無けりゃあなんの後腐れなく素直に感動できるのにとか余計な事考えてしまうのが悲しい。
声優変更のせいで、一期の知弦さん・真冬ちゃんとは別人という考えが最後まで消えなかったなあ。もちろん二期の声優さんは良い演技をしていたと思うし、全然罪は無いんだけどね。
こういう余計な大人の事情で素直にアニメを見れないというのはほんと嫌だね、こういう事はできるだけ無いようにしてほしいです。


D.C.III ~ダ・カーポIII~

やっぱ、さくらの声はゆかりんの方が良かったなあ。最初、前々作・前作とさくらの声が違う事に(原作エロゲーからのファンからしたらこっちが正統なんだろうけど)、今までのさくらと結構キャラが違うからこれでもいいかなと思ってたんですが、1・2の話が関わってくると事情が変わってきます。生存でも思ったことだけどやっぱ声が違うと同一人物と分かっていても前作とは別のキャラに思えてしまうからなあ。1から続くさくらと桜の木との因縁に話は1から見てきた人間としては、なかなかぐっとくるものがあるんだけど、声の違いで継続感が薄く感情移入度が低下してしまうのは残念。
まあ、そういう事抜きにしても、桜の木との因縁やシリアスな話よりも女の子とアホみたいにエロエロしてる時の方が面白かったんだけどね。
2期前提の作品っぽい終わり方だけど、どうなんだろうか。前世の話が関わってきても今作の序盤~中盤にかけてのアホでエロなノリは期待できるんだろうか。
ま、ノリが変わってシリアスな雰囲気になっても、面白いなら、それはそれでいいんだけどね。


ビビッドレッド・オペレーション

ひどい(まんがーるのOP)。途中雑でも終盤はちゃんと決めてくれるだろうと期待していたのに、終盤になるにつれ適当さ・雑さが加速なんて…。
作ってる人間もこれが面白いとか王道だとか思ってないでしょ?むしろこの駄目さを見てくれって感じで開き直っていたような気さえしてくるよ…。
まごうことなき糞アニメでした。
まあ、それでも楽しめるタイプの糞アニメと楽しめない糞アニメという分類があるならこのアニメは前者でした。
最後まではぁ?ってなったりひでえwwwって笑ったり、こんなの絶対おかしいよ!って突っ込んだりと楽しんで見られた糞アニメだと思います。
後、女の子は可愛かった。エロかった。特にひまわりちゃんのおっぱい。


上に行くほど個人的評価↑です。

評価A:ジョジョの奇妙な冒険、ラブライブ!、ガールズ&パンツァー
評価B:PSYCHO-PASS サイコパス、琴浦さん、新世界より、リトルバスターズ!
評価C:たまこまーけっと、ロボティクスノーツ、gdgd妖精s、生徒会の一存Lv.2、D.C.III ~ダ・カーポIII~
評価D:ビビッドレッド・オペレーション


ジョジョは評価Sでも良かったんだけど、作画的にはもう少し頑張って欲しいと思う事があったので評価Aにしました。
ビビパンは評価Dより下にしようかなと思ったけど、それなりに楽しめた気もするから、ぎりぎりDに。

評価Aが三つとか秋から冬にかけてのアニメは豊作だったんだなあ。秋に終わったアニメだけだと不作かなって思ってたんだけど、2クールアニメが面白かったからね。事実、2011年の春~夏にかけてのクール並にアニメが面白かった、豊作だったと思います。
2013年春アニメもそれ以上に面白いアニメが多い事に期待しております。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR