劇場版STEINS;GATE・劇場版名探偵コナン

ちょくちょくネタバレありなのでご注意下さい。

『劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』

アニメの後のお話。よって、初見さんお断り。
ゲーム原作やアニメのファンの中では、この映画を蛇足と言う人もいますが、自分はありじゃないかなって思います。まあ、綺麗に終わった話を無理に引っ張るのを嫌がる人がいる事は理解できます。自分もこの映画が正統な続編であり、STEINS;GATEの正史の中に組み込まれるなら、それは良くないんじゃない?って思うけど、アニメや原作の豪華なおまけとして考えればありじゃないかなあ。

しかし綺麗に終わった話をうんぬんだけでなく、この映画を微妙に思う人がいるのはSF的な部分に微妙なとこがあるのも理由の一つだと思います。
STEINS;GATEの魅力ってSFとして割としっかりできてるところにもあると思うんだけど、まあこの映画は少し強引というかうん?って思うところがありまして…。
オカリンが消滅してしまうかもしれない理由も、それに対する解決方法も若干首をかしげてしまうとこがあるんですよね。特に後者は。お客さんの一人に最後あっさりしすぎって言ってた人がいたのも理解できる。
デジャヴ現象がリーディングシュタイナーによる現象っていうアイディアは良かったと思うけどねえ…。

SFとしては微妙に思う事もあっても、オカリンと助手のラブストーリー、ラボメンの友情といった人間ドラマは良くできていてなかなか感動できるものがありました。自分がこの映画を良いと思えた、最後良い余韻に浸って劇場を出れたのは、人間ドラマで感動できたからでしょう。それに付随して演出やBGM、EDも良かったからねえ。ある意味、演出、BGMの勢いにごまかされたという。
まあ、自分は最後のオチについては、事故的にネタバレで知ってたんで、何も知らずに最後まで見たらがっかりしてた可能性もあるけど…。

にしても、設定や伏線回収に強引なとこがあったり危ういとこがあっても、勢いで感動させられるって…いつもの花田先生脚本(あくまで良い時の)じゃねえか!!

設定やらアイディアなど原作側の協力もあるんだろうけど、この劇場版STEINS;GATEは映画だけのオリジナルストーリーという事もあり、脚本家花田十輝の色が強く出た映画だったという事なんでしょうかねえ。


『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』

今度の舞台は自衛隊のイージス艦。映画の舞台選びが苦しくなってきたなっていうのがヒシヒシと伝わってきます。ドラえもんの映画と同じ、ジレンマに陥ってるなあ。

コナンの映画といえば、『ベイカー街の亡霊』までとか、監督がこだま監督から変わってから駄目になったとか言われますけど、今回の映画は最近のコナン映画ではかなり良かったんじゃないでしょうか。初期のコナン映画に負けない面白さがあったと思います。個人的にがこだま監督から変わってからの作品でベスト1は『漆黒の追跡者』。もちろんワーストは『紺碧の棺』なのは言うまでも無いですねw

確かに面白い作品だったと思うんですが、いつものコナン映画とは違った異色作品だと思います。そのせいで好き嫌いが分かれる作品かも。前作の『11人目のストライカー』がJリーグの協力があろうと遠藤が棒読みしようともwコナン映画の王道やってたのとは対照的です。
イージス艦を舞台にした事もあってか専門用語が多く、情報量もいつものコナン映画と比べかなり多いです。結構会話主体のパートが多く、アクションはいつもより若干少な目なので退屈に思う人もいるかもしれません。実際、退屈になってぐずってるガキンチョとかいました。
コナンにしては珍しく、国家規模のスケールがでかい話になっており、国家機密が関わってくるので某国のスパイ(あくまで作中の某国としか言わない)が出てきたり、自衛隊が自分たちのメンツを守るため警察と対立したり、かなりきな臭い話となっております。
なんか相棒っぽい話だなって思ってたら、スタッフロールに

脚本 櫻井武晴
あっ…(察し)

というわけで、かなり相棒っぽいコナン、というかコナンで相棒をやってるみたいな話になっております。
まあ、面白かったしたまには、別のところから脚本家呼んでやってもらうってのも良いんじゃないでしょうか。野沢尚が脚本やった『ベイカー街の亡霊』も面白かったし。毎回これだと嫌だけど。

相棒の脚本家が書いてる事もあってか、最近のコナンでは珍しいぐらい重厚な話で、それでかつコナンの映画っぽいアクションシーンもあって面白かったです。
スパイVS蘭はなかなかカッコ良かったです。女子高生に負けそうになる某国のスパイ(笑)にならないとこが、蘭ねーちゃんの凄いとこだよなあ(笑)蘭に勝てた某国のスパイすげえええ!!
という事は某国のスパイの強さはだいたいアイリッシュと同じぐらいだということか。
ネタバレになるんで詳しく書けませんが、終盤の意外な真相も良かった。この真相もやっぱ相棒っぽいw
そこで終わらずちゃんとコナン映画らしい派手なラストもあるのも良いです。
コナンが蘭をラストで助ける、うん、コナン映画だなって感じがします(笑)

コナンらしさに拘りのある人は受け入れづらいかもしれませんが、エンターテイメント映画として非常にデキの良いアニメ映画だったと思います。
ただ唯一不満があるとすれば、ED曲があまりにも印象に残らなかった事だなあ。コナン映画といえば名曲揃いなのに…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR