2013年夏期アニメ感想(総括)

進撃の巨人

最後まで(ちょっと怪しいとこはあったけど)ハイクオリティで面白いアニメでした。
中盤、エレンが巨人化した事により緊張感が失われてしまわないかという心配してたんですが、それが杞憂で終わってくれて良かった。
エレンなかなか巨人化しないわ、巨人化しても制御できないわ、ばったばった味方が死ぬわで、逆にもっと巨人エレン活躍させたれよ!と思ったぐらいですw
最終回、女型の巨人アニを倒し、いちおキリの良いとこで終わったんですが、謎がほとんど解明する事なく終わったんで若干消化不良感があります。ので、早く2期をやってくれる事に期待しております。
あまりにも遅かったら原作読んでしまうかもしれないので、できるだけ早く。


恋愛ラボ

夏に始まったアニメで1,2を争うぐらい面白くて好きなアニメでした。
最初はそこまで好きじゃなかったのになあ、よくある女の子の日常ものだと思っていたのに、いやこれは違うぞとなり、いつの間にかお気に入りに。
最近の美少女キャラものと違い、男は出てくる、恋愛もする、シリアスもありと売れ線から外れてるんだけれど、そこが新鮮で良かった。原作の方は少女漫画に近い作風みたいだから、これらの要素はおかしなことではないんだろうけど、アニメの方は雰囲気的にはいつもの美少女日常ものな感じがしたらからね、いつもの美少女日常ものな雰囲気があるのに、中身はそうじゃないってのが他のアニメに無いとこだったんでしょうなあ。
だから希有なアニメだったわけで、2期が無いかぎり、同じような作品は出てこない感じがして寂しいのです。
後、シリアスとギャグのバランスが良かったですね。シリアスな話になっても、ちょくちょくギャグを入れてシリアス一辺倒にしないとこも、個人的に好みで良かったです。


私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い

序盤はもこっちにちょっと共感、中盤もこっちの言動にまじひくわー、後半痛々しくてもこっちを見てられない状態に。
そして、ついにはこの子は可哀そうな子なんだ、優しく見守ってあげないといけない、というきーちゃんみたいな悟りの境地に至る。
委員長レベルまで行くのは無理だけど。あの人はマジで聖女。
これまで救われない話ばっかりだったから、文化祭の話はほんと心が洗われましたよ。委員長はもこっちだけでなく、視聴者の心まで救ってくれた天使。それにしてもゆうちゃんといいもこっちは何だかんだいって周りの人に恵まれてるなあ。
この文化祭の話で終わってくれてたら綺麗な最終回で終われてたのに、次でもう一度もこっちをいじめてから終わらせるあたりスタッフの拘りを感じる。このアニメは所詮ギャグアニメであり、もこっちが救われて終わるなんて事ありませんからってスタッフ思ってるんだろうなあ。
まあその最終回がもこっちが委員長のパンツ見て全速力で(小走りのゆうちゃんに追いつかれるレベル)逃走する
というほんとどうでもいい最終回ってのはどうかと思うけどw
そんなどうでもいい最終回にこのスタッフは全力でやってくれるので、どうでもいい話なのに凄く満足感のある最終回になってるのが色んな意味で凄いw
もこっちが救われて終わる最終回にはしないけど、もこっちが全力で現実に叩きのめされて視聴者が鬱になる最終回にもしないという自分たちのやりたい事をやりつつ視聴者の事もちゃんと考えてるわたモテスタッフはマジ優秀だと思う。いやほんとマジで。
最終回に代表されるようにスタッフと橘田いずみさんの暴走が素晴らしいアニメでした。


ファンタジスタドール

伝説の不採用通知は出るわ、下半身が戦車になるわ、意味わからん合体技が出るわ、急にポーカー始めるわ、好き放題やってたのに、あんな綺麗な最終回でしめるなんてビックリですよ!
ちゃんと友情、自分の感情に嘘をつかない事といった子供向けアニメらしいテーマを消化できてる点も凄い。
こういったテーマを要所要所で出してけばギャグがカオスすぎてても、普通に朝や夕方で子供向けアニメとして放送できたと思うんだけどなあ。
まあこういったアニメをあえて深夜アニメとしてやるという事がファンタジスタドールの特色でもあったと思うんで、今の形でも良かったんでしょう。
2期は見たいけど割りと完全燃焼してしまった感があるので、これで終わったとしても自分は満足です。


ロウきゅーぶ!SS

1期の時はスポーツものしては微妙でロリコンものとしてしか楽しめなかったのに、2期はちゃんと熱いスポーツアニメをやれてて驚きました。
まさか、小学生女子の可愛さとあざといエロが売りのアニメでこんなに熱いスポーツものが見れるとは…。
まあ止め絵が多かったり、あれ?トラベリングとかダブドリしてね?と思う時があったり、こんなの小学生ができるわけねえよwとかツッコミどころがないわけじゃないんだけれど、そこは十分許される範囲。
ほんとはFreeの方にこういう熱さを求めてたんだけどなあ…。まあ、あっちは勝負より優先すべきものがあるって事なんだろうけど。
また、キャラクターものとしてももっかんを始めとした6年生組だけでなく5年生組や一期じゃ邪魔もの扱いされてた葵までしっかりドラマに組み込まれていて、敵方の硯谷にもドラマがあり、その他脇役も含めどのキャラにも愛着持てるようにできていた点も良かったです。
最後に、すばるんともっかんのラブストーリーをやって終わってるんだけど、完全に道を踏み外してない、まだ微笑ましい関係だとギリギリ言える範囲で終われたのも良かったと思います。やりすぎちゃうと生々しくなって笑えなくなっちゃうからなあ。


ローゼンメイデン

12話で最終回だったら凄く綺麗に終われてたのに、何故13話をやったし!
まあ、アニメスタッフのやりたい事もわからないわけではないですし、巻かなかったジュンの物語のエピローグとして悪くない13話だったと思います。
でも、やっぱ12話で真紅たちと別れて切ない終わり方って方が良かったよなあ…。
ほんと12話が良かっただけにもったいない。
このアニメ全体の感想として思った事は、新ローゼンメイデンは同窓会アニメだったように思います。
旧ローゼンメイデンが新ローゼンメイデンとは繋がっていないアニメである事は理解していますが、それでも旧の方を意識してしまうわけでして。
真紅だ!銀様だ!ほんと懐かしい!ってな感じで次々再登場するドール達に視聴者は心躍らせるわけですよ。
そんなドール達と巻いたジュンのおかげで、ほとんど新キャラといっていい巻かなかったつまりドール達とあの時会わなかったジュンが成長していくストーリーってのがただの続編でもリメイクでもなく『新』って感じがして良かったですねぇ。


きんいろモザイク

シノがまさかあんな鬼畜こけしになるなんて…。
シノってゆるふわ日常系アニメでけいおんの唯あたりから始まる池沼系ヒロインの系譜だと思ってたんですけど、まさかこんな毒ありまくりのキャラになるとは思いも知りませんでしたよ。
他の日常系作品と違う個性を出そうとした結果がこれなら、なんという残酷な事でしょう。他とは違う売りを出すためには一人の少女をこうまで鬼畜にしないといけないのか…。
まあ冗談は置いといて、きんいろモザイクはシノの鬼畜こけし化や留学生が2人いる事などのおかげもあってか、他の日常系作品にはない個性を出せてたように思います。
また、シノをあんなに鬼畜にしても、ちゃんとゆるふわな雰囲気を維持できていた点も良かったです。(ちょっと危ういと思う時もあったけど)
1話に戻るラストのしめ方も良かったなあ。


とある科学の超電磁砲S

前半と空気違いすぎるし、敵が小物だし、突っ込みどころが満載だし、美琴が原作と若干キャラ変わってきてるし、と文句が結構あるんだけれど、布束さん救済の話としてはしっかりやってくれてたので満足してしまったなあ。
罪滅ぼしのためにフェブリを救おうとする布束さん、そんな布束さんをかつて彼女から心を貰ったミサカ19090号が助ける事によって、布束さんが救済されるというストーリーは凄く納得できるし感動的でもありました。
思えば1期のラストも木山先生が救済される話だったし、アニメのレールガンは原作で消化しきれなかったキャラを上手く補完しているように思います。
まあ、その救済に付随する他の話が毎回大雑把すぎるのはどうかと思うけど。
なんだかんだ言っても楽しめたので、3期も見れる事を期待しております。


Free!

うーん…この最終回はどうなんでしょう?
それなりに楽しめたし最終回だったと思うし、それまでの全てが否定されるほどの酷い最終回ではなかったと思います。
でもね、他校の人間をリレーに出場させる(しかも本番)ってのは競技者としてやっていい事じゃないでしょ。
自分がこのアニメに求めていたものは、白熱した勝負だったのに、このアニメがやろうとしていた事はそうじゃなかったんでしょうな。
しかし、凛ちゃんを救済しようと思ったら、これ以上の話を思い浮かばないというのも事実。
ほんと凛ちゃんめんどくさいな。ゼアルのシャークさん並にめんどくさい。
まあ色々と楽しめたアニメだったけど最終回で素直に面白かったと言えない事になったのは残念でした。


ふたりはミルキィホームズ

思ったより意外と楽しめた作品でした。あくまで思ったよりもがつくけど。
やっぱ15分でシリアスな話を1クールやるのは尺的にきついなあ。まあ15分じゃなけりゃ切ってた可能性も高いけど。
もう少しギャグをバランス良く配置してくれてたら、同じストーリーでも旧ミルキィファンの人らももっと見てくれてたかもと思ったり。
次、ミルキィホームズの新作があるなら、やっぱり1,2期のようなギャグが見たいです。


上に行くほど個人的評価↑です。

評価A:進撃の巨人
評価B:恋愛ラボ、私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い、ファンタジスタドール、ロウきゅーぶ!SS 、ローゼンメイデン、きんいろモザイク 、とある科学の超電磁砲S
評価C:Free!、ふたりはミルキィホームズ

評価B多すぎ!
評価Bの中でも自分の中で結構差がありそうだな。
Aにはいかないけど、Bよりちょっと上のB+とか作りたくなってきた。
評価Bが多いのは優柔不断の現れな気がしてくる。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR