2014年秋期アニメ感想(総括)

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-

今期終わった中で一番、面白かったアニメ。
CGは最初慣れなかったけど、見る側が慣れた事と作る側の努力で通常のアニメに負けないぐらい頑張ってたように思います。特に戦艦やエフェクトなんかはCGだからそこの良さがあり、それが迫力ある戦闘シーンを生み出してました。
ストーリーの方はメンタルモデルがただのプログラムではなくまるで人間のように変化していく事についてのSFでよくあるテーマを、他作品に類を見ないほど優れていたりこの作品独自の発展を見せたわけじゃないけど、手堅くまとめる事ができていました。
バトルものとしても面白く(兵器の規模がインフレしすぎてミリタリーものではなくなってたなw)、SF的なテーマともに王道の面白さがあり、キャラものとしても楽しむ事ができた割と幅の広いアニメだったように思います。
ただ、飛びぬけた面白さがあったというわけではないし、自分の中でかなりのお気に入りの作品になったわけでもなくて、それこそ手堅く面白いアニメだったというの自分の評価です。


<物語>シリーズ セカンドシーズン

作画の乱れがあったり、総集編が数回あったり、止め絵ばっかりの回があったり(これは毎回なような気もするけど)とスケジュールがいかにもきついんだという事が素人目にもよくわかるシリーズでした。
まどか劇場版と並行して物語シリーズを2クールもやるとか、シャフトには無理だろと思ってたらまあ案の定か、むしろ想定してたよりも、安定していた気さえする。
そういうクオリティ的なとこは残念だったけど、お話の方は普通に面白かったです。
猫物語(黒)の続編であり主人公阿良々木くんが最後の美味しいとこ以外登場せずヒロインのガハラさん羽川さんの二人で話を進行する異色の猫物語(白)、この作品でタイムトラベルなSFしちゃうのかという驚きの傾物語、ただ可愛いだけと思われた撫子が闇堕ちする囮物語、ロリ大集合でロリコン歓喜だけど八九寺成仏でロリコン涙目な鬼物語、そしてなんと貝木が主人公の超異色作であり一番西尾維新ぽかったなと思う恋物語と、バラエティーに富んでてどれも楽しめました。
最近、西尾維新のミステリー作品の戯言シリーズを読んでるんですが、この物語シリーズと色々通じるところがあって興味深いです、作者が一緒なんだから当たり前なんだけど。
この物語シリーズも一応ジャンル的には伝奇ものになるんでしょうが、ちょくちょくミステリー的なギミックが使われています。その事からも戯言シリーズも正統派なミステリー作品と比べるとトンデモなミステリーになるんでしょうが、西尾維新という作家はやっぱミステリー作家に属するのだなと個人的に思いました。
西尾維新の作品をそこまで読んでない自分が勝手に分類していい事じゃないかもしれないけど。


境界の彼方

序盤あまり面白くなかったけど、6話あたりから見てる側も作ってる側も登場人物がどういうキャラかつかんできて、楽しく見れるようになりました。
終盤、『境界の彼方』にまつわる陰謀が動き出して、栗山さんの真実も判明してさらに面白くなったように思います。まあ、矛盾点や荒いとこも結構あったけど許容範囲。
で、11話OPが挿入歌として流れ主人公のアッキーが栗山さんを救出する下りに感動。序盤でつまらないからって切らなくて良かったと心底思いましたよ。まあ、そこがピークだったんだけどね。二人の物語としては完全にあそこで決着着いちゃってたわけだし。
最終話伏線回収するどころか、さらに伏線を広げていくなんて、スタッフは何考えてるんでしょうね。2期や映画化でも考えてるんだろうか。
栗山さんが理由も無くラスト復活したのは、よくある視聴者のご想像にお任せしますって奴なんでしょうか。
最初、せめて理由だけでも説明してくれよ!と思ってたけど、まあこれはこれで良いやと思えるようになりました。
つたないとこは結構あるけれども、雰囲気や設定、キャラ、プロットがなんか自分の嗜好に合いすぎたおかげで、今期で終わったアニメで一番のお気に入りのアニメだったように思います。どれが面白かったかは別になるけど。
ストーリーも色々気になる事あるけども、秋人と栗山さんのボーイミーツガールものとしては凄く楽しめた作品でした。


リトルバスターズ!~Refrain~

さて、終盤、全ての謎が明かされたわけですが、
『この世界はループしていたんだ!』
なるほど…、予想はついていたし最近じゃ手垢のつきすぎたギミックだけど(本当は原作リトバスの方が先なんだけど)これで色々納得できたぞ。で、どういう理由でループしていたんだ?
『不思議な力でうんたらかんたら…』
…結局、不思議な事は不思議な力のままなのかよ!
まあ、別に良いんですけど。何かわからないけど不思議な力でメルヘンな事が起きてるふわふわした世界観ってのがこのリトバスの魅力の一つであるとも思っていたので。
まあ、そういう事は置いといて、終盤のリトルバスターズのメンバーが理樹と鈴の成長と一人で生きていくために試練を与えていたという事が判明し、作られた世界から二人が卒業し恭介が涙するあたりの話にはジーンとできたし、理樹と鈴の二人が運命に抗いバス事故で死んでしまうリトルバスターズを助けようとする展開にも納得できました。
ただ、問題は最終回、なんか盛り上がりも無くあっさり全員を助けちゃったので拍子抜け。
そこは尺とって、救出劇を盛り上げてくれよ!
最終回でぶち壊しになったとまでは思わないけど、それまでの展開で盛り上げてくれた割にはちょっとがっかりでした。
最終回前の11話、12話がピークだったなあ…。


革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON

2期になって突っ込みどころや雑なところはあれど、普通に面白くなってきたぞ!化けたなヴヴヴと思っていたら、やっぱりヴヴヴはヴヴヴだった。リーゼロットの死をピークにその後は失速…いやおかしな方向に爆走してしまいまた1期のカオスでエキセントリックで楽しい糞アニメのヴヴヴが帰ってきちゃいました。
先輩や山田の死とか普通の意味でも見所はあったんだけどね、それ以上におかしなとこの方が目立ってしまい…。
そして、後1話でこんなのどうやって終わらせるの?というとこまで来てしまい、ついに最終回。
映画とか3期に続くとかせずに、強引に終わらせてきよった…。
カオスでエキセントリックで楽しい糞アニメなのはまあ、1期の頃のヴヴヴが帰ってきたという事でかまわないんだけど、伏線ほったらかしでかなり無理やり終わらせてきたのには残念。1期の頃のヴヴヴになるか2期の普通の意味で面白いヴヴヴになるかわからないけど、打ち切り最終回みたいな事にならずにこのスタッフが描きたかったものが最後まで描ける尺でヴヴヴを見たかったなあ。
つうか、膨大な設定や伏線、キャラの多さを見るかぎり、人気が出て1期、2期、3期と続いてアニメ化していく予定があったんじゃないかって勘繰りしてしまいます。人気が出るか売れるか結果が出る前にそういう皮算用はしちゃいけないという事なんだなあ。
スタッフ「このアニメは売れる。俺の予測は予言だ」
なんて事にはならなかったわけです。
最終回、無理やりな終わらせ方だけど、それまでいがみ合っていたハルトとエルエルフの二人が友達と呼べるようにまでなり終わるというのは二人の物語の決着としては良かったんじゃないかなと良いとこ探しをしてみたり。


上に行くほど個人的評価↑です。

評価B:蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-、<物語>シリーズ セカンドシーズン、境界の彼方、リトルバスターズ!~Refrain~
評価C:革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON

評価A無し、にも関わらず割と楽しめたクールでした。
評価でいったらアルペジオが一番トップだけど、批判が多く自分も荒があると思う境界の彼方や糞アニメという評価をされても仕方が無いヴヴヴの方が個人的に思い入れを感じるあたり、自分にとって“面白い”や“評価”が=“好き”では無いという事がよくわかったクールでもありました。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR