2014年冬期アニメ感想

二セコイ

ジャンプ読者なので原作既読済み。正直期待しなかったんだけど良いじゃないのアニメニセコイ!
ああやっぱり初期のニセコイは面白かったんだよなあ(遠い目)どこから面白くなくなったんだとか聞かないで!
シャフトと原作の相性が良くないんじゃないかと危惧してましたけど、意外と見てるとそういう事気にしなくなるもんですね。
ぶっちゃけ原作は女の子の可愛さ以外はほん~とうにベタなラブコメなので、シャフトの演出で色付けるってのは悪くない手だと思う。
それにしても楽の初期の頃は割と好感の持てる主人公だったんだよなあ。ジャンプだと難聴持ちで八方美人でヒロインの楽に対する持ち上げ方に違和感のあるハーレム系主人公になってしまうというのに…。
アニメではそういう事にならないように上手く改変してもらいたいですね。それをするには特にキムチ事件前後を上手く改変しなくてはいけないわけだけど、それを上手く改変して終わらしてくれたらそれだけで名作認定して、自分の中ではニセコイはアニメが原作という事にします。
余談ですが、自分はヒロインの中では千棘派。ゴリラと言われようと、人気投票3位であろうと千棘派です。他のヒロインも好きだけどね。東山さんの声は最初合わないんじゃないかと思ってたけど、意外と合いますな。


世界征服~謀略のズヴィズダー~

久野美咲さんの声すげぇな。本当にリアルに幼女が声やってるようにしか聴こえん。これで21歳とは恐るべし。
ヴィニエイラ様の可愛さの5割はこの人の声によるとこが大きいな。
つうかヴィニエイラ様の魅力を表現するのに久野美咲さんの声に頼りすぎてるような気がする、もっとヴィニエイラ様が魅力的だと思えるようなエピソードをどんどん描いておくれ。
まあヴィニエイラ様がもっと好きになれるようなエピソードは後々やってくれるんでしょう、今は他のキャラを描いてるとこで、事実このアニメのキャラはみな魅力的です。
このアニメのギャグや空気は同じ岡村天斎監督繋がりで、メダロットに近い空気があると思うんですよね、メダロットからバトルを引いてキャラを深夜アニメ向けにした感じ。そういえばホワイトロビンが二重に仮面つけてる事がわかる話でメダロッターXを思い出した。
今のとこ、楽しんで見てるんですが3話だけはいただけない。別に自分は喫煙家じゃないけど、ああも露骨にタバコと喫煙家はクズみたいな書かれ方は引いてしまう。もしかしたら嫌煙もやりすぎは駄目って事を言いたかったのかもしれないけど、それが上手く書かれているとは言えず、なんか何が言いたいのかわからないようなほどgdgdになって終わってしまって、ちゃんとスタッフの書きたい事が書いているとは思えなかったな。まあ、それ以前に3話は一番つまらなかったし。
とりあえず3話以外は面白いです。


となりの関くん

短編アニメなのに、今期でも上位の面白さ!
OP、EDだけでも毎回飽きないです。OPは花澤さんの声が耳に心地良い。
つうか今期、花澤さん出過ぎ。毎日花澤さんの声聴いてる気がするぞ。
花澤さん出過ぎ問題はともかく、今期の花澤ヒロインの中では横井さんが一番良いと思う。
想像力たくましくて、EDもいつの間にかノリノリになって、おっぱいの大きい横井さん可愛い。


桜Trick

事前に情報を仕入れる事なく女の子の日常を描いたゆるふわ4コマ系のアニメかと思って視聴したら、OPから度肝を抜いてきやがったぜ…。しょっぱなから女の子同士がキスしまくってるとはたまげたなあ。
本編も発情しまくってキスしまくりです。ここまで来ると百合じゃなくて完全にレズアニメですね。女の子がキスするレズアニメといったらストロベリーパニックを思い出します、あれは好きな作品でした…。
女の子がキスするレズアニメといっても、重たく真面目な内容ではなく、4コマ系のアニメにレズ要素を足した感じで、ジャンルでいえばレズコメディーとでも言ったらいいんでしょうか。
ちゃんと通常のネタも笑えるんですが、それ以上に春香と優ちゃんのレズっぷりに笑ってしまいます。
エロをやりすぎるとギャグになるように、レズもやりすぎるとギャグになってしまうんだなぁ…。


いなり、こんこん、恋いろは。

ヤングエースで連載している美少女アニメなのかと思ったら、もろに少女漫画じゃないですか。いや、少女漫画であっても美少女アニメである事を両立できるけど、実際このアニメもそうだし。
良くも悪くも少女漫画で、少女漫画特有のキャラの悩みとかに戸惑う事もあるけど、安定して面白いです。
シリアスとギャグのバランスが良く、作画も良くて(キャラだけでなく背景美術も良い)、なかなか高水準のアニメだと思います。
そして、みなキャラが魅力的。いなりちゃん、うか様の主役陣を始め、中二病のいなり兄、シスコンうか兄、いなりの同級生達もみな良いキャラしてます。
あまり評判になってないようだけど今期では結構一押しのアニメです。
ただ、10話で終わるというのが悲しい。2クールとはいわん、せめて12話見たいよー!角川のアホー!


ノブナガ・ザ・フール

なんかいかにもサテライトって感じの作品だなあ。いや、他にもこういうジャンルじゃないアニメやってるけども。
戦国時代+ロボットなら割とよくある話なんだけど、それ+西洋の英雄ものってのは珍しい。
歴史もの+ロボットものするのは別にいいんだけど、それにしては設定が大雑把すぎるw
なんでアーサー王の部下にカエサルなんだよw西の星は時代がバラバラだな、東の星は戦国時代だけかと思ったら卑弥呼とかも出てくるのね、つうか西の星はヨーロッパ全土なのに、何で東の星は日本だけなのwせめて三国志でも出したらいいのにとか、他にもまあ色々言いたいことがあるけど、細かいことはノーサンキューで突っ込んでくさい!な、お馬鹿アニメだから、まあ良いや。
今のところお馬鹿アニメとして楽しんでるけど、ちょっと勢いが足りないかな。


のうりん

農業高校を舞台にしたけど、あまりそれが意味を成してないパロディー系ギャグアニメ。
パロディー系アニメというと最近だとニャル子さんや生徒会の一存一期が思い浮かぶんだけど、のうりんはそれらのアニメと比べて個人的に少々物足りないです。
それらのアニメがパロ以外にもドタバタコメディーとして楽しむ事ができたのに対して、のうりんはパロ以外微妙(パロも若干滑り気味)、のうりんはそれらのアニメと比べてキャラが弱いなどといった事が主な理由だろうかなあ。
まあ、切ってしまうほどつまらなくもなく、そこそこ楽しめてるんできっと最後までダラダラと視聴し続ける事でしょう。


とある飛空士への恋歌

小説だと心理描写が書かれていて登場人物に感情移入しやすく書かれているかもしれないし、読んでる人間が登場人物が言うように空が美しいと思えるような描写が書かれたりするんだろうし、重厚な設定も詳しく書かれているんだろうけど、そこんとこをカットしたり上手く表現できてなかったり作画のクォリティが良くなかったりで、なんかチープな印象のあるアニメ。
面白くなりそうな伏線は散らばってるので、後半に期待したい。


・続編もの

中二病でも恋がしたい!戀

六花ちゃんが可愛いよ~!嫉妬したり不慣れな恋にあたふたしたり馬鹿やったり一々あざといぐらい六花が二期では可愛いです。一期の頃は凸森の方が好きだったんだけどなあ。
二期は勇太と六花のイチャイチャに2828して視聴するのが正しい視聴法なんだろうな。
他、モリサマー、凸森、くみん先輩らレギュラーメンバーのやりとりも一期と変わらず楽しいです。
4話のモリ凸回も5話のくみん先輩回も面白かった。あんまり評判良くないかもしれないけど5話のバカバカしさは好きです。あの界隈だとのび太は世界狙えるんだろうなあ。
問題は新キャラの七宮。せっかく二期で登場した新キャラ、それも勇太の元カノ的存在という美味しい設定があるのに存在感なさすぎるぞー。後半の彼女の巻き返しに期待したいです。勇太のモノローグ的に、修羅場が待ってそうな予感…。


咲-Saki- 全国編

阿知賀編ではなく本編の咲。1期はもう5年前になるのか…。時間の流れとは恐ろしい。
でも阿知賀編のおかげであんまり久々って感じはないんだけどね。阿知賀編を入れて3期目を見てるかのような気分です。
割と楽しみにしてたんだけど、序盤回想だらけでなかなか本編が進まなかったり、いざ全国大会が始まってもカットされる試合があったりと、あまりテンションが上がらない。まあ、徐々に面白くなっていく事に期待するかなあ。
それにしても、キャラ多すぎなのに、みんなキャラ立ってるのは相変わらず凄いな。今のとこ麻雀アニメとしてはそこまでだけど、キャラアニメとしては今でも十分面白いです。


・継続もの

キルラキル

1クール目の終盤もいかにもな少年漫画的展開で面白かったけど、2クール目からはスケールのでかい話になってさらに面白くなってきました。OPも熱い曲に変わって盛り上がってます。
面白いし、色々見所も書きたい事もあるはずなのに、何故か書く事が見つからないなあ。
まあ、とにかく面白いという事で。


ゴールデンタイム

このエキセントリック感、今期で一番ヴヴヴ的な面白さがあるのはゴールデンタイムだよね!
まあヴヴヴほど破綻もしてないから糞アニメ感はないけど。色んな意味で目が離せないアニメという事で。
それにしても前の記憶の万里の怨霊っぷりが凄い、あいつがいなけりゃ割と簡単に解決してる話だよね。まさか、事故まで起こせるとは。
「私エンドレスではないの。 いつかは死ぬのよ。」っていう歌詞がしゃれにならんくて笑ったw
後、新EDの万里が妙に可愛くてビビる。女性ヒロインより男主人公の方が可愛いEDってのはどうなのよ。


カードファイト!! ヴァンガード リンクジョーカー編

リンクジョーカー編も終盤に入り、世界の命運を握るカードファイトが戦われるというホビーアニメでお馴染みの展開が繰り広げられています。ストーリーを無駄にスケールを広げるのとともに、カードの効果も派手派手でチートな効果乱舞。初期の地味で堅実なカードアニメだったヴァンガードはどこへやら、ストーリーもカードも派手派手になっております。
なのに、盛り上がりが足りないと感じてしまうのは敵が小物だからだろうか。櫂くんとも何回も戦ってるしね。


遊戯王ZEXALⅡ

死人だらけのOPが示すとおり死人出まくりの展開が続く遊戯王ゼアル。死ぬにしても優遇されているキャラとそうでないキャラに差がありすぎるのはどうかと思う。ナッシュとベクター以外のバリアンの在庫処理みたいなしかも雑な死なせ方には正直萎えました。ドルべなんてほんとブックス!言うだけの役立たずじゃないですか!ギラグなんてデュエルじゃなくて普通に殺されてしまってるし。年末特番のせいで話数が少なくなったから、バリアン達の尺を削ったのではないかと勝手に思ってます。
ミザちゃんは…カイトとのデュエルは名デュエルだったから良いよね!ドンサウザントに負けたのも、相手が悪かった、遊馬達にカードの効果を教えるヒントになったから役に立ったよね!
あまりデキの良くなかった回は置いといて、終盤遊戯王ZEXAL滅茶苦茶盛り上がってます。
年末、境界の彼方で栗山さんが死んだり(生き返ったけど)、リトバスでみんな死にそうな状況だという事がわかったり(みんな助かったけど)、ヴヴヴで犬塚先輩やら山田やらハルトが死んだり、恋物語で貝木さんが死んだり、たくさん退場回が放送されましたが(嫌な年末だ)、年末の退場回の中でももっとも鮮烈にその退場が心に残ったのはゼアルのカイトだったように思います。
ミザエルとのデュエルも良かったけど、遊馬に全てを託し死んだカイトの姿に涙、涙です!
オービタルの機能が停止した後、ヘルメットが曇るのが生々しすぎるよ!
後にカイト、魂となって再登場したけど、生き返る事はなさそうな気がしてくる…。
他、遊馬先生聖人すぎる、ベクターまさかの改心、シャークさんやっぱりめんどくさいけど強いぞ、ドン・サウザントチートすぎる、カードの効果が敵も味方も凄すぎて理解が追いつかないとか言いたい事がありすぎる!
ゼアルだけ別枠で書けば良かったかもなあ。
とにかく、ゼアル最終回に向けて盛り上がっております。有終の美を飾れる事に期待したいです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR