2014年夏期アニメ感想

アルドノア・ゼロ

文明レベルの違う敵ロボに、量産型ロボに乗って知恵と勇気を持って戦う、まさにこれぞ新時代のロボットアニメだ!…って思っていたのは3話まででした。
敵の火星ロボも割とリアル系よりのチートロボだと思っていたけど、4話からは完全にビックリドッキリメカレベルにまで落ちてしまったよね…。
まあ、それでも敵のスーパーロボットにリアル系ロボットに乗って知恵を駆使して戦うっていうコンセプトは新鮮だし、今期だと1,2を争うレベルの面白さだと思います。
しかし、3話までに感じた凄えアニメが始まったな!って思えたほどの興奮が薄れていくのも事実でして…。
あんまこんな事言いたくないけど、虚淵が全部脚本書いてたら、3話までのクオリティを維持する事ができたんじゃないかって無意味な想像をしてしまうのは悲しいなあ。まあ、それだけ3話までのアルドノアが面白かったというわけでもあるわけで。


ハナヤマタ

1クールに一つはあるきらら系列の日常系アニメかと思ったら、よさこいを題材にした青春部活ものでした。
日常ものと違い、挫折あり、シリアスな話あり、汗と涙の女の子頑張り物語です。汗はあんまりないけど。無駄にきらきらしてる百合作品だから、仕方ないね。
青春部活ものとしても面白いけど、それ以上に百合ものとして見てしまいます。なるの百合ハーレムものとしても楽しめるし、ヤヤちゃんのちょろレズっぷりも楽しめます。
後、ハナちゃんが可愛い。どっかの鬼畜こけしも気に入るであろう天真爛漫金髪ロリです。


普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

今、流行りのアイドルもの。ではあるのだけれども、ローカル(地方)アイドルもので、歌や踊りでファンを魅了するというより地道にアイドル活動やって地元をアピールするというのが、他のアイドルアニメと違うとこです。
わりとゆるーい雰囲気で日常ものみたいな空気に近いけど、着実に流川ガールズがアイドルとして成長していくストーリーは好感が持てます。
あと、ゆかりさんのなにゃ子ちゃん好きぶりが百合というより、変態レズにいっちゃうんじゃないかという危うさも見所。
ゆかりさん、最初の頃は優秀で優しいお姉さんって印象だったのに、今じゃ依存心の強いぼっちレズにしか見えなくなってきた…。
にしても三澤さん、アクセルワールドの頃と比べるとだいぶ上手くなったなあ。


月刊少女野崎くん

少女漫画家野崎くんの変な人ぶりに笑うギャグアニメかと思ってたら、いつの間にかもっと変な人がどんどん増えていくギャグアニメ。
ジャンルはギャグ漫画であり、原作の掲載紙?はガンガンONLINEなんだけど、野崎くんが少女漫画家である事からして、この作品の根底にあるもののは少女漫画なんだろうなというのがわかるのですが、キャラの関係性や作品の空気でもよりそれが分かりやすい作りになってるように思います。
という事は最終的には千代ちゃんと野崎くんのラブコメっぽい話でアニメをしめてくれるのだろうか。ギャグアニメとしてだけでなく、千代ちゃんの可愛さも楽しみの一つとして視聴しているので、野崎くんとの関係が進展するとさらに千代ちゃんが可愛い事になりそうなので、そういうとこも期待したいです。


ばらかもん

原作の表紙を見た時はなる、ショタだと思ってたけどロリだったのね。
偏屈な書道家が挫折を味わい、田舎でなる達と過ごす事で人間として成長していくハートフルコメディ。
ゆるーい癒し系コメディとして楽しんでるけどシリアス寄りの話にしても、それはそれで面白いのがデキそうだなと思った。実写になると、そんな感じになりそう。
作画も良く、キャラも良い、マジもんの幼女声優もハマり役。安定していて、それでいて安心して楽しめるアニメです。


人生

女の子が可愛くて、エロい。それだけで内容はスカスカ。でも、それが良い。頭何も使わずに見れるからノンストレスなアニメです。テンポ良く話が進むので、たまに日常系で感じる事のある間延び感さえもなく日常系よりストレスのかからないアニメかもしれない。
1話が女の子が可愛い以外何も良いとこがない1話だったので、内容に期待する事がなくなったから、期待してガッカリなんて事になってストレスを感じる事がありません。…まあ、2話以降普通に面白くなってると思うけどね。
こんなストレスのない人生があっていいのか?アニメだから良いんです!
女の子、みな可愛いけど、体育会系のいくみちゃんが一番好き。アホ可愛い子は好きです。ポニーテイルも良い。アホっぽい声も良い。兎角さんと同じ声だと思えないよ。時々、兎角さんっぽくなるけど。
このアニメのキャラデザどっかで見た事あるなと思ったらナイトウィザードか。あれも女の子がみな可愛かった。


グラスリップ

P.A.ワークスお得意のご当地青春もの。P.A.ワークスで西村純二監督というわけだからか知らないけどtrue tearsと同じく恋愛ものなわけだけど、毎度同じく関係がめんどくさい状況になってる、けど何故か思ったよりドロドロしてない、というかドロドロしきれてない。
なんか重たくないというか、良い意味でも悪い意味でも軽いんだよなあ。脚本がマリーじゃないのも原因だろうか。
その軽い雰囲気+タイミングが変な止め絵とデフォルメ演出のせいで、妙なシュールさを生んでて、これまでのP.A.ワークスアニメとちょっと違った空気になってるように思います。それが、透子の棒だけど癖になる声のように変な癖のある面白さになってて、なんか不思議な気分で視聴してます。
後、未来を見る能力が、このアニメにどういう効果を生むのか、意味があるのかもわからない。なんか、未来を見る能力って無くても良かったんじゃないの?ってなりそうな予感。
先が読めそうで、読めないアニメです。


・続編もの

あいまいみー~妄想カタストロフ~

一期以上にカオスアニメ…というかカオスそのもの。一期には最低限あった話の構成みたいなものが消えて、カオスだけが残ったみたいな。こんな出鱈目な内容なのに声優陣のノリノリっぷりが凄まじい。どういうテンションで演じてるんだろ。
個人的にミイちゃんは内田まれいたその一番のハマり役なんじゃないかと思ってる。

今、思えば今期、続編ものたくさん放送してるけど、自分あいまいみーしか見てないや。
Freeはニコ動で1話以外配信してないためアレをコメント無しで視聴するのは自分にはキツイので切る。SAOは一期の時点で合わないと判断したので切る。ペルソナは2周目みたいだから内容にそこまで変化はないだろうしそこまで好きなアニメじゃなかったしまあいいかって感じで切る。ヤマノススメは何話か見忘れてしまったらそのまま見なくなってしまった。
数ある二期ものの中であいまいみーしか見てない自分って…うん!あいまいみーは凄く面白いアニメなんだから全然間違った判断じゃないよね!


・前期からの継続

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース

3部の序盤そんなに好きじゃないのにやっぱアニメだと面白い。
原作だとこんな勝ち方でいいの?この程度の話にこんなに話数かけるの?と思う事が割とあるんだけど、アニメだと勢いと演出と声優陣の頑張りのおかげで面白く見れてます。
原作でもそうだったけど微妙と感じる3部序盤の中で、一際輝いているハングドマン戦はアニメでも素晴らしい。
ポルナレフ役の小松史法さんの熱演が良いです。
後、ジャスティス戦がこんなギャグ回になるとは思わなかった…。
エンヤ婆役の鈴木れい子さんの怪演が笑えるw
年齢が70歳らしいが、血管切れたりしないんだろうかと心配になるほどのブチ切れ演技でした。


遊☆戯☆王ARC-V

アクションデュエルにも慣れてきたし、泣き虫な遊矢にも成長の兆しが見えてきて、段々面白くなってきた遊戯王AV。
何よりも、融合、シンクロ、エクシーズといった今までのシリーズの象徴であったそれぞれの召喚システムが、全部使用されているのが今作で一番面白い点です。
やっぱ、昔のシリーズの技術や武器や技といったものが新シリーズでも使われるってのはワクワクするし燃えるなあ。
え?儀式?何の事でしょ?

さらに大会を目指すという目標も出てきたり、ライバルも登場したり、もう一人の遊矢のような存在が出てきたりして、面白くてなったきた遊戯王AVですが、ただ一つテンポの悪さが気になります。
デュエルをほとんどしないで説明だけで終わる回が結構あるし、こんなとこで2話も使うの?って話があったりとちょっとスローテンポな構成は、怒涛の展開の連続であったゼアル終盤になれた身体だと余計に遅く感じてしまいます。
ゼアルの序盤といい、遊戯王初心者の視聴者を獲得するためには、序盤はゆっくりしないといけない決まりでもあるんでしょうかねぇ?
スポンサーサイト
プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR