2014年夏期アニメ感想(総括)

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース

3部序盤はそこまで好きじゃないと思いつつもやっぱ安定して面白かった。
若干テンポ悪くなるとこがあっても、アニメオリジナルのシーンもあまり違和感無く面白く見れました。特に家出少女の話を補完してくれたのはグッド!というか原作が家出少女に対して処理が適当すぎるんだよなぁw そこらへんはジョジョらしくもありその時代のジャンプ漫画らしくもあるなとあらためて思った。

アニメで見ると、3部の敵かなり強く見える。あれ?こいつらこんなに強力なスタンドだったっけ?って。映像で見るとそのスタンドの恐ろしさをより強く印象付ける事ができるって事なんだろうなあ。そして、あっさり勝負がついてしまうのは原作と変わらず。3部序盤のスタンドがあまり強い印象持ってなかったのはこのせいだろうな。

個人的にジョジョ3部はエジプトに到着したあたりから面白くなっていったって印象なので2期がかなり楽しみです。あまり良い印象のない序盤でもこんなに面白いんで、後半はさらに期待が持てますね。
3部後半といえばOVAもちょっとした見てないがデキが良かったなあ。


月刊少女野崎くん

千代ちゃんの可愛さだけでなく、他の女性陣・男性陣みな魅力的でどっか変なとこがあって笑えるという、キャラもののギャグアニメとしては凄く理想的な作りだったように思います。
千代ちゃん野崎くんの主人公カプをはじめ、他のカップル達も変なとこがあろうと好感が持てて、カプものとしても楽しめました。今思うとゆかり先生のカプ相手は前野なのか…。さっきどのカップルも好感が持てると書いたけどこのカップルはあまり好感が持てる感じはしないぞ、まあ嫌いじゃないけど。メインキャラなのに相手がいないみこりんは…みこりんには二次元の美少女達がいるさ!
最終回、ラブコメもするけどギャグでしめるという予想通りではあるけど、途中でいったん終わる場合におけるこのアニメの理想の最終回をやってくれたんじゃないでしょうか。
安定して楽しめるアニメが多かった夏の中でもこのアニメはその筆頭だったように思います。


アルドノア・ゼロ

虚淵氏が脚本から抜けてからは、緊迫感とかリアリティーといったものが抜けて、勢いとノリで突っ走るアニメになってしまいましたが、これはこれで面白かったと思います。
キャラものとしてもよくできていた。イナホ、スレイン、アセイラム姫といった主役陣やライエ、インコ、エデルリッゾ、ユキ姉たち脇役陣などのキャラの魅力を引き出す事には成功していたし、火星の騎士や無能大尉もネタ方面でキャラが立っていったしねぇw
そして、何といって予想外に魅力的なキャラとなったのは、待たれよ卿ことザーツバルム伯爵。策を張り巡らす狡猾さを持つ悪人だけど信念を持ち、義理人情もある、だけど割と自嘲的、そしてロボを合体させたり、「見参!」とか叫ぶお茶目さまであるという。まさか、こんな味のある悪役になるとは…。
こんな強くて賢くてカッコイイザーツバルム伯爵と、今までの火星ロボの機能を持つスーパーロボットに、イナホはどうやって立ち向かうのか!
弱点まで全部乗せてたから、割とあっさり勝てました。ズコー!!
いや、今までの攻略法を利用して勝つってのはいいんだけどね。それでも、あっさり勝てたってのが拍子抜けというか…、同じ勝ち方でも燃えさせてほしかったなあ。このバトルに関しては尺が足りないんで、あっさりな感じになってしまったんだろうか。
最終回のメインは、まあ、バトルじゃない。衝撃的なラストですよ。
スレインが伯爵を助けてしまったが故に、姫を撃たれてしまうという皮肉。姫を殺すという目的があるという事がわかっていても、恩人は助けられずにはいられない。それはスレインの良さでもあるんだけど、戦場の中ではそんな甘さは通じない。
善意が不幸を呼び、信念を貫く事が出来ない者は何も得られない。そんなところは、虚淵が離れたというのに、凄く虚淵テイストだなあ。
そして、今度は嫉妬のためか、敵であると勘違いしてるためか、スレインはイナホをも撃つ。
スレインの迷走。ああ、虚淵繋がりで雁夜おじさんを連想して仕方が無いよ!
衝撃的な引きで1期を終えたアルドノア・ゼロ。凄く続きが見たいし楽しみではあるけど、これちゃんとまとまるのか?という不安もかなりある。イナホと姫が死んでたらどう話を続けていくか見当もつかんし、生きてたらあの1期のラストは何だったのってなってしまうしねぇ。あおき監督繋がりとゼロ繋がりで、喰霊零みたく主人公交代もあったりして?流石にそれは冒険すぎるか。
まあ、何にせよ二期が楽しみです。


ハナヤマタ

ベタで話が読める、さっさと親に言えよ、ヨサコイがOPの使い回し、なのに泣ける、そんな最終回でした。
本来なら疵になるとこも、上手い事、このポジティブな方向に変える事ができてるんだよなあ。ベタって事は王道である事であり外さないって事だし、さっさと親に言えよって話も中学生だもんね、ママの事を想うと仕方ないよねハナちゃん天使やわあってなるし、OPの使い回しもOPのあのシーンはコレの事だったのねって感動するようにできている。
それには演出の力が大きかったように思います。
王道盛り上げパターンのOPを流す、海坊主・1話のお巡りさんなどの思わぬ脇役の活躍、間に合うのがわかってるけどドキドキしてしまうタイムリミット展開、ED全員バージョンなど他の作品でもよく使われるまさに必勝パターンが勢ぞろいです。そりゃあ、盛り上がるわ。
後、花火や傘などの小道具を使って画面を華やかに見せたりするのも良かったなあ。このアニメが時たま見せる、和風な華やかさが良く出ていた最終回だったように思います。
それと台詞、
「いつも一緒にいてくれて…ありがとう。 みんな大好きだよ…!」
こんな卑怯や!泣くに決まってるだろ!しかも回想シーンまで付きだし、1話かの話を思い出して余計泣ける。
他に、ハナのママンの「ハナもちゃんとそっちで頑張っていたのね…。欲しくても誰もが手に入れられる分けでもない、大切なものに向かって」
これぞ青春な台詞。やっぱこのアニメは、なるとハナの二人が主人公だったんだよなあ。全12話で、上記二つの台詞はこの二人が成長した事を実感させてくれる台詞だと思います。
ベタだし、細かいとこが気になったりするけど、そんな事がどうでもよくなるぐらい自分のツボにハマった最終回だった、感動した!
良い青春美少女アニメでした。


ばらかもん

日常ものっぽく見えて、主人公の悩みや成長が描かれる、だけど重くなり過ぎない、日常もの要素が入ったハートフルコメディーだった…いや、そもそもハートフルコメディ―ってそんなもんじゃね?ドラマにどのぐらい比重を置くか、シリアス成分の加減の違いはあれど。勝手に自分が最近のアニメの枠にはめようと考え過ぎてたんだよなあ、そういう思考がそれぞれの個性を無くしてしまうんだよな、よし!アニメの感想も個性を出そう!どうやったら感想で個性って出せるの?そんな事よりも実生活で自分は個性は出せてるの?自分らしさってなんだ?
…良い曲だよねOP。このアニメ“らしさ”が伝わってくるOP。若干押しつけがましさを感じて、自然に“らしさ”を出してるこのアニメにちょっと合ってないような気がしなくもないけど。

半田先生が、なる達とともに生活する事によって変わっていき成長していく様子は微笑ましくちょっとほっこりできる事もあり、まさにハートフルコメディーでした。もっとオーバーにドラマティックに盛り上げる事もできるけど、そうしないあたりが最近の作品っぽい日常ものっぽいと思ってしまうあたりやっぱ、自分はらしさってものがわかってないのかもしれない。そもそもハートフルコメディーで一括りにしてしまうのも良くない傾向なのかも。
このアニメ“らしさ”があって良かった、でいいじゃないのさ。


人生

1話が糞つまらない、でもキャラデザも好みで女の子が可愛いからちょっと見とくか…アレ?普通に面白くね?
人生を楽しんでいた人はこのパターンが多そう。自分がそれでした。
ダラダラとどうでもいい話をグダグダやり続ける、それが楽しい。そんなアニメだったなあ。
そして女の子が可愛い。美少女アニメで、これ重要。女の子の可愛さが今期の中でもトップクラスでした。特に体育会系こと、いくみちゃん。彼女のアホ可愛さはこの夏の癒しでした。
あと、主人公の赤松。ちゃんと性欲がある、だけどガッつきすぎない、決める時は決める、だけどカッコつけすぎない、ハーレムだけど、ちゃんと本命を決めてる。なんというか、ほど良い主人公だったよなあ。ここまで、ほど良いと思えるハーレム系の主人公ってのは珍しい。好感が持てる主人公だけど、だからといって好きだ!(決してホモ的な意味ではない)とまではいかない、女の子達に萌えるのに邪魔しない適度さがほど良いと思える主人公でした。

最終回、正ヒロイン梨乃とのラブコメ、生徒会の陰謀阻止、主人公赤松の思わぬ活躍と、最終回に足る充実した内容なんだけど、個人的には1話前の12話の方が面白かったな。
ギャグ、エロ、いくみちゃんの可愛さ、それが全部ピークに来てたのが12話だったので。


普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

最終回、最後まで引っ張った『流川ガールズソング』に感無量。そして優勝するとかいった大きな目標を達成する事はできなかったけど、流川ガールズが成長した事を見せ、最後は地元に戻り夏祭りでしめるというのがこのアニメらしくて良かったです。
沙織さんの言うなにゃこ評でしめるのも良かった。まさしくその評通りだし、それがこのアニメ自体の評価でもあるように感じられたなあ。
大きく展開する物語があるわけではなくドラマティックでもない女の子のゆるかわコメディで日常ものをもろにやってるんだけど、日常ものをやりつつストーリーを進行させていくってのは結構、新鮮でした。
毎週の癒しのアニメの一つでした。


あいまいみー~妄想カタストロフ~

とにかくカオスだったなあ…。一期はまだ助走だったと思えるぐらいのにやり放題ぶり。
宣伝担当のしばいぬ子さんの印象が消えてしまうぐらいの強烈な内容でした。
3期が見たいが、これ以上やったら失速してしまうのか、それともさらに爆走してしまうのか予想がつかない。これ以上、暴走し続けたら、それこそ視聴者が全然付いてこれなくなるんじゃないかと心配してしまう、けどそんなあいまいみーも見たい。


グラスリップ

だいたいこういう事なのかなって考察する事はできるし、こういう事がやりたかったんだろうなって事は想像する事もできる、でも、それは“こういう事”なんだろうなっていうあやふやなもので、あやふやなものでしか語る事のできない、というよりこのアニメ自体あやふやな内容だったんだから、仕方がないよね!
うわあ、感想まであやふや。
結局、透子の未来視は、思春期特有のちょっと痛い妄想だったのか、あるいは未来にあったかもしれない可能性、パラレルワールド的なものを本当に見ていたものなのか。この答えがこのアニメの中にあったのかどうかさえこのアニメは答えてくれない。
うん、本当にあやふやなアニメだな。
最終回がそのあやふやな内容の極地。まさにこのアニメでの集大成だったわけですが。でも、切なげな空気はなんか好きだったなあ最終回。
お世辞にも、面白かったとか良いデキだったとは言えない。だけど糞アニメと言い捨ててしまうにはちょっと勿体ないと思える不思議な魅力があったアニメだったと思う。


上に行くほど個人的評価↑です。

評価A:ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース、 月刊少女野崎くん
評価B:アルドノア・ゼロ、ハナヤマタ、ばらかもん、人生、普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。、あいまいみー~妄想カタストロフ~
評価C:グラスリップ


評価BのアニメはどれをBの中で一番にするか甲乙つけがたいデキ。好み的にはハナヤマタ・人生だけど。

夏は良くも悪くも安定した作品が多かった印象。
アルドノアもそういうジャンルのものとして見ると普通だし、あいまいみーも一期より暴走してるとはいえ一期から続くカオスっぷりが安定していたように思える。
安心して楽しめる作品が多く、それを売りにしてた作品も多かった印象です。逆に言えば、予想がつかないモンスター作品は無かった…いや、一つだけあった。それは…グラスリップ!
まさに何が起こるかわからんアニメだったし、全然展開も予想できなかった。
だけど最終回は意味不明だし、その予想のデキ無さが面白さにも作品のクオリティにも繋がってないという…。
だけど今期で一番個性があった作品となるとグラスリップになるのも事実であり、色んな意味で歴史に残る作品だったのかもしれない…良い意味か悪い意味かは知らん。
スポンサーサイト
プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR