2017年春期アニメ感想(総括)

エロマンガ先生

女の子の可愛さ、話の面白さ、安定感など総合的な面でエロマンガ先生が春期終了のアニメで一番デキが良かったように思います。
次々と現れ主人公マサムネを誘惑する追加ヒロインエロエルフ山田エルフ、ムラマサ先輩。この子らかわいいなぁ、この子の方がマサムネとお似合いじゃん、この子にしちゃえよと何度思った事か。(特にエルフ)
強ヒロインの魅力をこれでもかと見せつけながら、最後にはちゃんと正ヒロインである妹紗霧ちゃんがナンバーワン!と持っていく、そして視聴者にも納得させる職人芸はまるでどんな強敵が現れようと主人公が必ず勝つ少年漫画のごとしでした。
ハーレムラブコメアニメのお手本のような話の構成だわ。
またハーレムラブコメアニメとしてだけでなく夢を追いかける少年少女の物語としても良くできていたと思います。マサムネがラノベ作家として成功する事が紗霧が正ヒロインたらしめる事に繋がってる点も良かったなぁ。
ちゃんとマサムネと紗霧の物語として話を綺麗に終わらせただけでも十分満足なのに、最終回にはエロサービス回を持ってくるぐらいの余裕があり、サービスしつつ最後には紗霧の成長を見せてちゃんと最終回らしい事やってる手堅さまであるんだから、このおアニメスタッフの手抜かりの無さは半端無いなと思いました。


進撃の巨人 Season 2

ユミルの巨人化から続くライナー、ベルトルトの巨人化、エレン巨人VSライナー巨人までは本当に怒涛の展開という言葉が似合うインパクトのあるエピソードの連続で進撃の巨人の1期から通してピークなんじゃないかと思うぐらい面白かったです。
その後、小休憩挟んで若干テンション下がったけど2期の最終章であるエレン救出の話も色んなイベント満載で良いテンションで進撃の巨人Season 2を走り抜ける事ができていたと思います。
が、密度やテンションは高いけど、謎が謎を呼ぶ展開が続き、その謎や伏線らしきものをあまり回収される事なくドンドン話が進んでいくのでちょっと置いてけぼり感があり、しかもSeason 2を終えても分かんない事だらけなんでちょっとフラストレーションが解消される事なく終わってしまったところもあります。
しかもユミルもライナーもベルトルトも退場してないしさー、なんか思ったより話が進んでないような気も。
なんというかお預けをくらったまま終わったしまった感じだなぁ。
まあ、3期が来年にあるので溜まったものはその時に解消される事を期待してます。


フレームアームズ・ガール

3Dでここまで可愛い女の子を描ける事を証明するアニメになる…と思っていたら、やっぱ手書きにはまだまだかなわない事を証明してしまったアニメになるなんて…。まさか作中で手書きのFAガールが出てくる、しかもかなりの美少女で出てくるなんて思わなかったよ。
3DのFAガールも魅力的だし3Dだから出来る事もやってたから、3Dを否定するわけではないけどね。手書きのFAガールが可愛いのは3Dとのギャップ込みなところもあるし。

話の方はシリアスになってもアッサリ終わらせて、ゆるーく楽しませるノリを最後までやってくれたのが良かったと思います。
みんなの力を集めて暴走したフレズヴェルクに勝利するという熱いラストバトルをやってくれるのに、その後キャラソン大会で終わりってのは実にこのアニメらしかったな。急にキャラソン催促を始めた時は戸惑ったけどこのアニメならアリだと思います。
轟雷とあおちゃんが家族となり、他のFAガールがそれぞれのマスターを探しに行くという終わりも良かったなぁ。寂しいけど、湿っぽくしないのが良かったです。そう思うとキャラソン大会も必要な事だったんだなぁ。
2期があるフラグを立てつつ終わったので、またあおちゃんとFAガールに会える事を期待しております。


武装少女マキャヴェリズム

わーいB級アニメわたしだいすきー。チープさも含めて楽しかったアニメでした。
ただ作画のチープなとこは気になったとこあったけど。
女の子の可愛さは維持できてたけど、アクション面ではもう少し頑張って欲しかったと思ったかな。せっかく面白いバトルができてるのに勿体なかった。
キャラものとしては春期で一番好きだったかもしれないアニメです。天下五剣のメンバーや女帝たちヒロインはもとよりマスコや五剣の取り巻き達サブキャラも良かったです。個人的に五剣で一番好きなのは、さとりかな。
そして何と言っても主人公である納村不道も良かったです。
ヒロインたちにもてる事に納得できていざという時に頼りになるハーレムアニメのお手本のような主人公であり、不屈の闘志を持っていて少年漫画の主人公としても良かったです。
納村に好感が持てるからこそ、納村が女帝を送り出し学園に帰ってくるという最終回にグッとくるものがあったんだろうなぁ。


GRANBLUE FANTASY The Animation

王道ファンタジーを貫いたアニメでした。不思議な少女に出会って旅を始め、色んな島で仲間を集め、星晶獣の力を得るとかまさに王道RPG。後、グランとルリアのボーイミーツガールものとしてもベタながら楽しめました。やっぱ王道ってのは良いよね。

しかし、最後のオマケ回でその王道は崩れる事に。何とラストはグランの代わりに女主人公であるジータが主人公をするという特別回。女の子たちがキャッキャウフフするサービス回。王道ファンタジーはどこいった。でも面白いから良いのだ。これも深夜アニメの王道だ。ただ、ジータがルリアと冒険してる事になっててそれまでグランに感情移入してた身としては何かNTR感があってちょっと悲しかったぞ。


ひなこのーと

このアニメの他の日常ものとは違う一番の特徴、それはエロである。これまでの日常ものでもエロ要素は無いわけではなかったが、ちょっとしたサービス程度のものであり、ひなこのーとほど露骨なエロ要素があった日常ものはこれまでには無かったものだった。
そう考えると、ひなこのーとという作品は画期的な作品であり、日常ものアニメの歴史に特記されるべき作品である。

エロばっかり言及してるけど、そういうの無くても普通に日常ものとして面白かったと思います。ひととせ荘のメンバーやゆあちゃん、ルリちゃんも好きだったし、演劇を頑張るするひなこ達を見るのも好きでした。
それでも何が一番印象に残ったかというとやっぱりエロさになってしまうんだけど…。


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア


本編主人公であるベルくんや紐神様が出てくる方が盛り上がったり面白かったりするので、やっぱダンまち本編の方がキャラも良かったし面白かったなと思ってしまう。
それでも、ロキファミリアのメンバーは好きだったし本編じゃイマイチ魅力のわからなかったアイズたんが可愛いと思えたしレフィーリアのレズレズっぷりも楽しめたので何だかんだ言いつつも外伝の方も楽しめました。
ストーリーの方は原作が続いてるため、いちお一区切りつけたとはいえ消化不良感があったのは残念。
ただ、いかにもRPGの大ボス戦みたいなラストバトルは視覚的にも話的にもそれなりにスケールがあり良かったと思います。


ロクでなし魔術講師と禁忌教典

魔術競技祭の話までは上手い具合にテンポよく話が進み面白く見れてたんだけど、その次のエピソードからは話の進行が早くなりすぎてダイジェストみたいな状態になってしまい面白さが削がれてたしまったように思う。
特にラストのエピソードである白猫の婚約者騒動の話なんかはもっと尺をかけてやるべきだったな。
途中までは面白かったけど、リィエルのエピソードからは失速してしまい残念でした。
キャラは最後まで良かったと思います。ロクでなしだけど割と良い講師やってるグレン先生が好きでした。


上に行くほど個人的評価↑です。
評価A:エロマンガ先生、進撃の巨人 Season 2
評価B:フレームアームズ・ガール、武装少女マキャヴェリズム、GRANBLUE FANTASY The Animation、ひなこのーと
評価C:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア、ロクでなし魔術講師と禁忌教典
スポンサーサイト
プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR