黒死荘の殺人 カーター・ディクスン(ジョン・ディクスン・カー)

黒死荘の殺人 (創元推理文庫)黒死荘の殺人 (創元推理文庫)
(2012/07/27)
カーター・ディクスン

商品詳細を見る



<あらすじ>
血塗られた歴史を持つ『黒死荘』で交霊会が開かれる。心霊学者ダーワースが行う交霊会の真贋を確かめるためマスターズ警部とケン・ブレークは捜査を始めるが、真贋が確かめられる前にダーワースは惨殺されてしまう。しかも、誰もどうやっても入る事ができない密室で死体は発見されたのだった。


HM(ヘンリ・メリーヴェル)卿のデビュー作にて、カーの作品で傑作と名高い作品です。
題名はハヤカワ版のプレーグコートの方が有名なんでしょうが、今回読んだのは創元社で新訳で書かれた『黒死荘の殺人』です。

ともかくこの作品はカーの中でも特にオカルト色の強い作品です。交霊会といい、いわくつきの短剣を盗んだ謎の後ろ姿といい、短剣と黒死荘にまつわる呪われた伝説といい、これでもかっつうほどオカルトっぽさ満載です。
カーの描写も気合いが入っていて、前半の不気味な雰囲気だけでもカーで屈指の傑作だなと言えるぐらいです。
しかも今回は死体の描写もグロいし、カーが読者をビビらしてやるぜーって気満々で書いていたんだろうなあ。

しかしカーはこれだけ気合い入れて読者の恐怖を煽ったのに、後半HM卿が登場すると空気がガラっと変わってしまいます。
一見、幽霊の仕業としか思えないような状況をHM卿の理性が解き明かし、作品の空気を霊的な世界から現実的な世界へと変えていくという話の構成はミステリーとしてベタではあるんだけどよくできているなあと感心します。
前半がオカルト色が強い分、転換が効果的です。
まあ、探偵が霊的なものを暴く推理の力だけでなく後半空気が変わるのはHM卿のキャラによるところも大きいんだけどw
やっぱHM卿は、おもろいおっさんやわぁ。
余談ですが、HM卿もの三作目『赤後家の殺人』が微妙に感じられたのはHM卿のキャラの面白さが発揮されなかったからでもあるのじゃないかなあと思ったり。

デビュー作でもHM卿はHM卿なんですが、マスターズ警部は後の作品と比べると若干キャラが違いますね。前半、有能であるかのように描かれている彼には違和感を感じてしまいます(笑)いや、無能とは思わないんだけどね。後、この作品では彼は怪奇現象のインチキを暴く事の専門の刑事という設定になってますが、この設定は後の作品ではなくなったようですな。
後の作品と比べてキャラが違うといえば、HM卿ものでちょくちょく出てくるケン・ブレークもキャラが少し違うように感じてしまいますな。『一角獣の殺人』だともう少しフランクでお調子者のような感じを受けたんですが、黒死荘だとほとんど無個性なただの驚き役の狂言回しでしか無いです。この作品では彼のフィアンセが出てきますが、『一角獣の殺人』では別の女性とくっつく事になっていましたし。
やっぱ最初の作品だとキャラも立ちきってないし、設定も固まってなかったんだろうなあ。
デビュー作でほぼキャラが固まっているHM卿は流石というべきか、主役とはそういうものだという事なのか。


※ここから続きはネタバレがあります
最初、ダーワースは短剣で殺されたと思われていたが、事実はなんと格子窓の隙間から銃で殺害されたのだ。銃弾が発見されなかったのは銃弾が熱で溶けてしまう岩塩の弾丸だったからだ。

刺殺と見せかけて銃殺という驚くべき真相です。
このトリックを隠すために、偽の凶器である短剣が銃創のような傷をつける短剣にしたり、霊の仕業と見せつけるためダーワース自身が短剣で切り傷をつけたりと念入りな仕掛けがなされています。
また、短剣と黒死荘の因縁や歴史によって短剣を強調する事により、短剣で殺されたようにミスリードさせるのも上手いです。
前半のオカルト描写は短剣を強調し読者をミスリードされるためでもあったわけです。

トリックも意外なら犯人も意外です。
犯人はなんと事件があった時には黒死荘にいなかったダーワースの妻グレンダだったのだ!
…正直、グレンダは犯人として登場するまでは名前だけでしか登場しない人物だったので、へ?って顔になりましたね。
名前だけでなく、少しでもいいから出番があったら違う印象になったと思うんですが…。
グレンダが犯人である事はともかく、グレンダがダーワースが霊媒として使っていた少年ジョセフに変装していた事は驚きでした。
グレンダはずっとジョセフとして読者の前に姿を現していたわけだから、ぽっと出の登場人物ではないと言えるかもしれません。まあ許容できる、セーフというわけです。

グレンダの事以外にも、ちょくちょく引っかかる事はあるのですが、前半の気合いの入ったオカルト描写、意外なトリック、意外な犯人など優れた要素がたくさんある作品で傑作とされる事に納得の作品だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR