2014年春期アニメ感想(総括)

悪魔のリドル

だいたいの感想はここで
このアニメに関しては言いたい事はあれど、満足したな…って最終回の感想を書いてた時はそう思ってたけど、やっぱ不満がある。
それは百合アニメとしての不満。

兎角さん晴ちゃん二人の関係だけに絞って言えば素晴らしく百合アニメやってくれて、全然不満の無い大満足な百合アニメだったんだけど、兎晴以外の黒組の百合描写が少ないのが不満なのです。(千足さんと柩ちゃんは少ないなりに、きっちり最後まで書き切れてたように思うから、まあ、あれはあれで良いと思うけども)
原作読んだら分かるけど、原作からアニメは兎晴以外の百合シーンをかなりカットしてます。アニメで見たかったシーンが目白押し。特に見たかったのは春紀退場回の伊介様。アニメじゃほんと伊介様、春紀に対してそっけないけど、原作だと意識しまくりで、春紀が退場する回のラストの伊介様がねぇ…うん、なんかイジらしくてツンデレで良いよね…。
そう考えると1クールじゃ尺が足りなくて、兎角さん晴ちゃん主役以外も全部百合百合させようかと思ったら2クール必要だったのかなぁって思ったり。でも、テンポの良さがアニメ「悪魔のリドル」の魅力の一つでもあったから、2クールにしたらそういった魅力が失われてしまうのも、それはそれで痛いやもしれない。
まあ、兎角さん晴ちゃん主役カプ以外の掘り下げや百合描写については原作に期待という事で。


シドニアの騎士

凄く難しそうな事やってるふうな雰囲気があるけど、ストーリーは王道、ギャグもあり、キャラ関係もどう考えても長道のハーレム状態ができつつありと、割と気構える事もなく視聴できるエンターテイメント作品として楽しむ事ができたアニメでした。
それでいて、高クオリティなCG戦闘、まるで映画を見てるかのように錯覚してしまう音響、綿密なSF設定(ちょっと突っ込みどころがないわけでもないけど、まあ許容範囲)、ヒロイン星白の死亡に代表される容赦の無さなどが、他のアニメとは“ちょっと違うぞ”感を生んでいて、それが思わぬヒットに繋がったんだろうなあ。
ジャンルはちょっと違うかもしれないけど、他のアニメとは“ちょっと違うぞ”感がありつつも、意外とギャグがあったりキャラものとしても楽しめたりと良い意味で軽さのあったとこは『進撃の巨人』と似てるなと思ったなあ。
他のアニメとは“ちょっと違うぞ”感のあるアニメをヒットさせるには、“ちょっと違うぞ”感だけじゃなく良い意味で軽さ、悪く言えば視聴者への媚びみたいなのが必要なのかなって気にさせられます。それがないと、最後まで見た人にとっては素晴らしい作品だけど、脱落した人も多く売上には結びつかないいわゆる質アニメって感じになってしまうのかなあ。
とにかく1期も楽しめたし、2期が非常に楽しみなアニメです。


ラブライブ!

デキの良い回(凛ちゃん回と希回など)とデキの悪い回の差がありすぎ。演出がオーバーすぎる。穂乃果が一期と比べてアホになった。意味の無いパクリが本当に意味が無い。アライズとは何だったのか。なんか話の作りがあざとい。モブが都合の良いぐらい神モブすぎる。
…などなど、色々文句が言いたい事はたくさんあったけど、11話のミューズのミューズ解散決意、12話のアンコールからの1期OPへの流れが素晴らしかったので全部赦したよ!リドルだけじゃなくラブライブも赦しで満ちてた世界だった!
…と思っていたけど最終回での送辞でちょっと前言撤回したい気分になった。
ああもう!イミワカンナイ!演出も脚本もノリで勢いで話を作りすぎだわ!
1期がスポコンやってた事を考えると、2期で超人スポーツもの的なハッタリ要素が増えていったのはある意味必然だったのかもしれない。
まあ、何だかんだ言っても最終回も良かったです。屋上で穂乃果が在りし日の幻を見るシーンは本当に泣きそうになった。ああいう演出に弱いのよ自分。映画という続編がある事を知らなかったらもっと感慨深い気持ちになったであろうな…なんて事は思わないようにしとこう。
というわけで、1期と比べて良くも悪くも大雑把な作りになってしまった2期。それでも、大変楽しむ事ができ、トータルで見れば良いアニメだったと思います。
短所も多かったが長所がそれに勝った。(by横山光輝三国志)
後、かよちん好きとしては終始かよちんが天使だったのが俺特すぎました。担当回が半分2年生回に取られてしまった状態になったとしても、何だかんだいって凛ちゃん希の二人に次ぐ優遇っぷりじゃないかと思えるほど、ちょくちょく、かよちんは天使だよ!って思わされるシーンが挿入されてたような気がします。だけど地味。だが、それがいい。


ニセコイ

基本的に原作通りなんだけど、キムチ~文化祭の話の印象がだいぶ違う。
小野寺さんの「キスしていい?」はやっぱ、週を分けて引っ張ったのが良くなかったんだなあ。アニメで1話の中で「キスしていい?」~「キムチでもいい?」の流れを全部済ましてしまえば、そこまで気になるようなレベルでもなかったのかなと思えてくる。っていうか、割とアニメがギャグっぽく、さらっと流してくれたのが良かった。まあ、それでも小野寺さんからしたら、たまったもんじゃないし、唐突に寝てしまう楽はアニメで見ても酷いと思うし、原作と比べてマシぐらいのレベルかもしれない。
で、キムチの後の色々あったせいで千棘の機嫌が悪くなり文化祭、ギスギスした空気になるあたりの話も、あまり引っ張らずに1話で終わらせてくれたのも良かった。ジャンプで読んだ時は、もっと千棘、周りにあたってたような印象だったけど、カットされてそうだな。割とアニメは原作と比べて、ストレスが溜まらないように作っているように思います。
そして、演劇。原作だとこれまでの流れが良くなくてあまり気分が乗れない+演劇自体ただの茶番になって、冷めた目でしか見れなかったんだけど、アニメはもう本当今度ばっかりはシャフトに作ってもらって良かったと思いましたよ。
あのアドリブ茶番演劇が普通に笑えて、楽しめるような作りになってるんだもんなあ。やっぱこういうのはシャフト得意だよね。声優さんたちの力も凄いや。
演劇が普通に楽しめたおかげで、その後の千棘が楽に恋している事を自覚する話も、屋上での小野寺さんと楽とのロミジュリも、普通にぐっとなるようになってるんだから、もうアニメ化様々ですよ!
いやあ、最初はシャフトも声優も合ってねえ!と思っていたのに、こうなるんだからアニメ化ってのはどうなるかわかんないねぇ。
この調子でぜひとも二期が見たいです。アニメでポーラと春ちゃんが見たい。EDに出てたけど、やっぱ本編で。後、るりちゃんが実家に帰る話がアニメで見たい。


棺姫のチャイカ

白チャイカ ロリ 天真爛漫 無邪気 眉毛 可愛い。白チャイカ 涼おばあちゃん 声 一緒。衝撃の事実!
赤チャイカ おっぱい 可愛い。青チャイカ ケバイ あっさり 死ぬ 勿体ない。
フレドリカ チート。話 作る それ故 困難。でも 可愛い。アカリ 良い クレイジー 妹。
トール 強い 頼りなる 良い 主人公。
話 王道 面白い。アクション 良好。
最終回 少々 不満。故に 二期 期待!
この話し方 感想 レビュー やはり 困難。


selector infected WIXOSS

どのアニメと類似してるかという話になるとまどマギっぽいとか言われてるけど、結構Cっぽいよなと思う時もある。負けた時の影響が凄かったり、バトルのルールをあまり説明せず勢いとノリでやってるとことか。

春期、色々インパクトのある作品はあったけど、瞬間風速的なインパクトだったらこのアニメが一番だったんじゃないでしょうか。
遊月がルリグとなり、花代さんが遊月となった回の衝撃はほんと凄かった…。ためてためてこれだったからなあ、凄い衝撃的でしたよ…。ピークがこの話で、ちょっと後の話はテンションダウンしていくなって思わせて、最終回でまた爆発するのも良かったです。
遊月がルリグとなる回といい、るう子がこれ願いで円環の理になっちゃんじゃないの?って思わせといて敗北してしまう最終回といい、まどマギを意識しつつ、その裏を突こうとしていたような気がします。
るう子のルリグとなるクレイジーサイコレズ伊緒奈にも衝撃を受けるとともに笑わされたw

というわけで一期が終わり、二期も楽しみだなあと期待したいとこなんですが、一期は話を広げるだけ広げて話を解決する事なく二期に投げっぱなしにしたから、好き放題できて面白かったような気がして心配です。だって、1期の時点で設定がかなり荒いし、こういうのに割と無頓着なマリーが脚本だしなあ…。
まあ、設定面ではあまり期待せず二期を楽しみに待ちたいです。


ご注文はうさぎですか?

最初はヨーロピアンな雰囲気のする街並みや世界観に、なんかいつもの日常ものと違うなあ、と違和感を覚えて据わりが悪かったんですが、話数を重ねるごとに、慣れてきた、なんか好きになってきたかも、ごちうさ最高!もうすぐ最終回だなんて嫌だああ!って思えるようなりました。
やっぱ日常ものって、現実の日常と同じで、最初は変化に戸惑ったりするけど、徐々に慣れていって、最終的には住めば都って感じになるんですなあ。まあ、自分の日常生活にはこんな美少女達もいないし、辛い事が多いけど。だから、ストレスのない日常ものに癒されるんだね!
最終回はそれまでの話と比べて一見最終回っぽさや特別感は無いんだけど、ココアとチノちゃんがここまで仲良くなれたよ!って意味ではやっぱり最終回らしい良い最終回だったと思います。
チノちゃんの「お姉ちゃんのねぼすけ」でしめるのがこれまた素晴らしい。


彼女がフラグをおられたら

終盤のドシリアスな展開とSF的な種明かしに戸惑いつつも、これぐらい超展開の連続をやってくれるなら、それはそれでありだと思うし、ある意味このアニメらしくていいかもと思わされてしまいました。
なんというか無駄に壮大なあたりがこのアニメらしい。
終盤ついてくのがやっとな怒涛の展開でも、これまで積み上げてきたキャラへの好感度と信頼感のおかげで乗り越える事ができたようにも思います。まあ、よくわからんままに仲間になってる先生や、登場するのが遅すぎたせりきゃんは、場違い感がかなりあったけど。

設定の消化を全部やるなんて事せずそういうのは原作に任せてアニメはいつもどおりのコメディでしめるぜ!でやった方が楽なのに、全部やってやる!って感じで終わらしたのは、渡辺監督がラノベ原作の監督が初めてなため+ドラえもんに長年関わってきた人間だからSF設定をちゃんと消化しなくちゃ!みたいに考えちゃったんではないだろうかなあ。


となりの関くん

若干ワンパターン気味になってたかもしれないけど、最後まで面白かったです。
ここ最近の短編アニメで一番面白かったかも。後、EDも良かったなあ。
それと横井さんが可愛い。冬~春にかけての花澤さんで一番良い花澤さんだったなあ。外人が選ぶ今期アニメベストヒロインの項目にベストハナカナがあったけど、個人的には横井さんだな。


エスカ&ロジーのアトリエ

悪魔のリドルがポンコツアニメならエスカはヘッポコアニメ。作画も演出も微妙つうかクオリティが低い、脚本もツッコミどころがちょくちょくありかなり大雑把、だけで笑えてそれでいてエスカちゃんとロジーさん達が頑張って周りの人々が幸せになっていく話は好感が持ててベタな話を楽しめる、そういうとこが割と駄目なアニメなんだけど温かみを感じてなんか憎み切れないって感じがヘッポコって語感が似合う良いヘッポコアニメだったように思いました。…最終回までは!
最終回までは駄目要素は多々あれど、好感の持てるアニメだと思っていたのに、最終回で本当にタダの駄目なアニメになっちゃうなんて!ちょっと、それまで楽しんで見てたのにガッカリだったよ、割とマジで。

ラストバトルはかなりへちょいし、クローネが撃たれたとこなんて全然ダメージ受けてる感もなけりゃ緊迫感無いし、感動するようなシーンでもただ流してるだけで全然感情動かされないし、フラメウもなんかあっさり復活してと思ったらまたあっさり消滅してるしさあ…。
やっぱ戦闘やシリアスなとこは期待しちゃいけなかったんだなあ。それでも、飛行船を完成させる話は良かったのに…。
せめてね、エスカとロジーの別れのシーンだけは力入れてくれよ…。
それまでの話も割と適当なとこあったけど、最終回は特に適当でなんか作ってる人間のやる気が感じられませんでした…。
作画のクオリティがどんどん悪くなっていったし、もしかして、予算や時間が無かったんだろうか…。
総評としては、最終回以外は楽しめたアニメでした。それだけに最終回のやっつけクオリティが悲しい…。


デート・ア・ライブⅡ

やっぱ10話ってのは尺的にきつかったなあ。そのせいで、話に広がりが無いし、空気になってるキャラがいるし、なんか説明足りなくない?って思っちゃうし、映画化のせいでこんなんなったんじゃないの?って感じでちょっと1期と比べると残念でした。まあ、それでもつまらないというほどでもないし、ラストの士道ハーレムっぷりを見て、やっぱこのアニメのぬるーい空気は好きだなあと思って、割と悪くない視聴後感だったり。


メカクシティアクターズ

面白くなりそうな設定やキャラはあるのに、それらを説明するだけで精一杯で、話を面白くする事ができないあたりが、素人脚本の限界かなって思わされました。ほんと、設定を説明してるだけで終わったしまったなあ。
もっと3話みたいなメカクシ団が能力を生かして、事件を解決していく、みたいな話が何個かあれば、もう少し楽しめたかもしれない。
Angel Beats!の時も思ったけど、今までアニメの脚本に関わった事が無い素人一人に任せるのはやっぱ鬼門だわ。まあ、成功例が無いわけではないけど、そういうのはプロの人間が手伝ったりしてるパターンが多いしね。


ノブナガ・ザ・フール

終盤になっていくにつれて、面白くなるどころか、どんどんつまっていくし、キャラは適当に退場していくし、生き残ったキャラはあまり魅力が無いしで、ここまで見続けた事に後悔しそうになりましたが、
最終回を見て最後まで見て良かったと思えました!

それぐらい酷い最終回でした!!!

ここまで酷いと逆に面白かったんじゃないかと思えてくるから不思議。色々文句言いたかったけど、ここまで酷いと何か言う気が失せてきて笑けてくるほどです。どう酷かったかをちゃんと書くのがレビューであり感想なんだけど、まあ、酷かったってだけでいいや。


上に行くほど個人的評価↑です。

評価A:悪魔のリドル、シドニアの騎士、ラブライブ!、ニセコイ
評価B:棺姫のチャイカ、selector infected WIXOSS、ご注文はうさぎですか?、となりの関くん、彼女がフラグをおられたら
評価C:エスカ&ロジーのアトリエ、デート・ア・ライブⅡ
評価D:メカクシティアクターズ
評価E:ノブナガ・ザ・フール


評価Aが4つもあるとか今年の春は豊作だったんだなあ。…と思いたいとこだけど、ラブライブは1期の思い出補正、ニセコイは原作が駄目なとこをよく改良してくれた!みたいな努力賞的な評価UPがあったりするのだけれども。
そして、ついにこのブログのアニメ評価で最低ランクを更新し評価Eのアニメが登場!
普通これぐらい酷いアニメは途中切ってしまって感想を止める事もあるのだけれども、そう考えるとよく最後まで視聴したもんだなあ、ノブナガ・ザ・フール…。
まあ、楽しめたとこもあったし、メカクシと同じ評価Dでもいいかなって思ったりした事もあったけど、あの酷過ぎた最終回に敬意を表して最低ランクを更新しようかなって思い評価Eにしました。
これまで感想や評価を書いてないだけで、ノブフー級に酷いアニメももちろんありましたが…まあ、そのアニメのタイトルを出すのは色々敵を作っちゃう事になるかもしれないから止めておこう…。

それにしても、悪魔のリドルを一番評価トップにするとこでそうないだろうなあ。結局、客観的評価なんかより、主観と好みなんだよ!『好き』ってのは何よりも大事だって事なのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうっていつまでもつぶやきます。

突然ごめんなさい。
小さい頃からお金には困っていました。
あるとき、噂になっていた人と連絡をとることができました。
生活が潤うっていうことをはじめて知りました。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
絶対に知りたいという人だけに教えます。
知りたい方はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
メールもらえたらすぐに教えます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR