草原の風(下) 宮城谷昌光


草原の風(下) (中公文庫)草原の風(下) (中公文庫)
(2013/11/22)
宮城谷 昌光

商品詳細を見る


<あらすじ>
王郎の勢力拡大により劉秀とその配下たちは窮地に陥る。だが、劉秀の才と徳を慕って、次々と新たな人材が集まり次第に劉秀は勢力を拡大していく。そして、王郎を倒し河北を手にした劉秀たちは天下統一のために中原の戦いに挑んだ。


下巻は最終巻、劉秀と王郎の河北を賭けた戦いと、劉秀の天下統一への戦いを書いた巻となっております。

劉秀は勢力を拡大化させ、それとともに優秀な人材も手に入れます。その中の人材だと呉漢、耿純といった人物が個人的に目を引きました。特に光武帝配下でも有名な呉漢は凄まじい暴れっぷり。若干ダイジェスト気味なのに、名将ぶりが光ります。
対してそこまで有名でない耿純はいぶし銀な活躍がカッコイイです。
序盤から劉秀とその配下達の活躍に胸躍らされます。

そしてついに王郎を倒し劉秀は河北を平定。
しかし、今度は劉秀の勢力を削ごうと暗躍する更始帝から派遣された者たちや内部の反乱軍との戦いが待ってた。
そういった問題を片付けている間に更始帝が赤眉軍に大敗したという報せが劉秀の元にやってくる。
更始帝政権は崩壊し、中原の各地で群雄が割拠している状態に配下達は劉秀に皇帝になるように進言する。
劉秀は固辞するが、そこで懐かしの人物が登場。
長安で留学していた時の変わりものの同門、彊華がなんと劉秀が皇帝になるという事が書かれた預言書を持ったやってきたのだ。
あの人物をここで持ってくるのかと感心します。調べたら彊華は史実の人物であり、預言書を持ってくる事まで書かれているとか。だから、学生時代に彼との絡みがあったのねと二度感心します。

そこで、ついに劉秀は皇帝になり、天下統一のための戦いへと乗り出すわけですが。
他の宮城谷作品にもよくある事で、ダイジェストで話が進んでいきます。
光武帝の戦記ものとしてはもっと詳しく書いて欲しかったとも思うけど、『草原の風』という作品としてはこれでも良かったんじゃないかなと自分は思います。
何故なら、皇帝となってからの話は天下統一のための戦いがメインでは無く、あのパッとしなかった劉秀が立派な人物となり、懐かしの人物たちと再会していく事がメインだと思うからです。
皇帝となる時の彊華との再会もその一つで、その後は運命の人である陰麗華をはじめ、上巻で登場した大成する前の劉秀たちに縁のある人と再会していきます。
陰麗華との再会も感動的ではあるのですが、それ以上に感動的なシーンが用意されていました。劉秀にとって最も恩のある叔父劉良との再会です。
叔父上との再会は上巻から読んでいると感慨深くもなり目が潤んでしまいます。
ぶっちゃけここがこの作品のラストで、後の戦いはエピローグみたいなものです。
光武帝戦記としてはこの下巻は物足りないかもしれませんが、劉秀の旗揚げ前の若き頃を上巻丸ごと使って書いた『草原の風』という作品としては十分にフィナーレ足る下巻であったように思います。

それにしても終盤の鄧禹の負けっぷりの見事さw 馮異の活躍とは対照的です。あまり戦が上手くないとは話に聞いていたけど、ここまで見事な負けっぷりを見せるとはなあ。
光武帝の片腕といえば勝手に鄧禹だというイメージを持っていたんですが、この作品ではそこまで印象的ではありません。人材を見極め推挙するという立派な仕事をやってるのですが、こういった仕事を軍師的な存在として小説として印象強く書くのって難しいんだろうなあ。
割と劉秀の相棒的存在としては朱ユウの方が目立ってたように思えます。まあ彼も軍師といより、劉秀の突飛な行動や凄さにリアクションしたりツッコミを入れるような存在ではあったけどw

雲台二十八将の活躍はやっぱりもっと読みたかったので、できれば他の作品でやってくれる事に期待したいです。『重耳』の後の『沙中の回廊』のような感じで『草原の風』の続編的な作品が読みたいですね。
それが無理なら、せめて『春秋名臣列伝』『戦国名臣列伝』『楚漢名臣列伝』みたいな感じで光武帝配下の名臣列伝に期待。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR