2017年冬期アニメ感想

小林さんちのメイドラゴン

ギャグのスタイルも違うし、ジャンルも違うけど、今までの京アニ作品だとこのアニメの視聴後感は「日常」に近い気がする。
無駄にアクション頑張ってるところとか、EDでしっとりした空気で終わらせるのとか。
このアニメのアットホームな空気が好きです。小林さん、トール、カンナちゃんの疑似家族や、愉快な仲間たちの日常を見てると心が癒されます。もしかしたら今期で一番見てて癒されるアニメかも。そういう意味では自分はこのアニメに対して日常アニメ的な楽しみ方をしてるのかもなぁ。
それにしても今期、人外アニメ多いな!


ガヴリールドロップアウト

鉄板すぎる安定コンビ、太田雅彦・あおしまたかしで動画工房な美少女コメディアニメ。
スタッフがかぶってるせいか、ガヴがネトゲ大好きなグータラ女の子なせいか、最初うまるちゃんとかぶって見えたな。
外面が良いのではなく堕落したら後はずっと堕落したままであるのと、兄がいないのがうまるとの違いか。…と思っていたらヴィーネがうまるでいうタイヘイ役か。
悪魔のような天使と天使のような悪魔たちがコメディをするというのがこの作品の趣旨で、そういったギャップが面白い作品です。
ヴィーネは何で悪魔なんてやってるんだろうと疑問がわくぐらいの天使なんだけど、こんな子がいたら人間は(特に男)は堕落してしまうよね、という意味では立派に悪魔やってるんだな。
あいかわらずこのスタッフのアニメは安心して視聴できます。


CHAOS;CHILD

カオスヘッドの続編。もちろんあの無かった事扱いされてるアニメの続編ではなくゲームの続編のアニメ化。
初見の人に理解してもらうためか前作ファンのためのファンサービスかは知らないが、今作のプロローグとしてカオスヘッドをアニメ化は無謀だったと思う…。新規の人は余計理解不能になったと思うぞ。
カオスヘッドのファンとしては嬉しかったし新規の作画でタク達を見れたのは良かったけどね。
で、本作のカオスチャイルドの方はまずまずの滑り出しで面白いと思っていたら…原作未プレイでわかるあきらかなカットっぷり。
ああ、このアニメも尺が足りないのか!
下手なカットを繰り返すこのアニメ見てると、尺の足りなさを早口で解決しようとしてたオカルティックナインは斬新かつ良いアニメだったのではと思えてくる。


アイドル事変

ああ、この感覚…児童向けアニメっぽいカオスさ…なんかファンタジスタドールを思い出す。
アイドル議員という世間を皮肉ってるとかそんなんじゃなく素でやってるっぽいのとか、歌って洗脳させる強引な展開とか見てて心地良いです。
ただ、良くも悪くもワンパターンな話の作りだし、どんどん話が進むにつれて混沌としていった(それでいて綺麗にしめる事ができたんだから凄い)ファンタジスタドールと比べると、パワー不足であるかのように思います。ぶっちゃけ出落ちアニメかもしれない。


政宗くんのリベンジ

ベタなラブコメなんだけど、なんだか少女漫画っぽさがあると思う。政宗くんが女の子で愛姫が男なら、昔デブだった女の子が痩せて美少女となりイケすかないイケメンにリベンジするという、凄く少女漫画でありそうな設定になるな。
そういう少女漫画でありそうな設定を男女逆転してやってるというのが内容はベタながら新鮮さを感じて面白いと思えるところなのかもしれない。
追加ヒロインの寧子はみんな言ってるけどニセコイのマリーだな。まあ、ニセコイ自体ベタだしマリーの設定自体ベタといえばベタか。
個人的にヒロインの中では師匠こと吉乃が好きです。


セイレン

ド変態アニメ。主人公とヒロインたちの変態的な言動を楽しんで笑うアニメだなぁ。
1ヒロインにつき1つのオムニバスストーリーをやるという構成で、しかもストーリーによって世界線が違うので、当番ストーリーが終わったら過去の女どころか主人公とお知り合いレベルになってしまった常木さんを見るのが悲しい。しかも常木さん編のストーリー自体が煮え切れない感じで終わってしまったので、常木さんが余計不憫に思える。


幼女戦記

タイトルだけ見たらロリっ子が可愛く戦場を駆け抜ける!みたいなアニメかと思ったら全然そんな事なくて、結構殺伐としたアニメです。しかも最近流行りの美少女たちが不幸な運命にあらがうまどマギ系統のアニメでもなくて(ある意味合ってるんだけど)、中身がおっさんで、ターニャ以外の女子は一人だけで後はおっさんという美少女要素がうっすいアニメです。
中身おっさんの超tueeeeee能力を持った幼女が戦場で無双するという設定だけなら変てこなアニメなのに、割と真っ当なアニメやってるのがなんか面白い。しかもコメディ要素薄めでシリアス一直線な内容。こういうギャップが面白いところなんだろうな。


・続編もの
この素晴らしい世界に祝福を!2

1期と変わらず面白いです。2期になると少なからず面白さが減退する事があるもんですが、このすばは1期と変わらぬ面白さを維持できています。
1期と比較して多少の追加キャラはいれど目新しい追加要素は無くて、そのせいで新鮮味が薄れてつまらなくなったという事はなく、良い意味で変わらぬ面白さです。
ここまで“変わらぬ”面白さというのは珍しいかも。二期も面白い作品はあれど、多少追加要素があったり新しく面白いと思える点があったりするもんなんですが、このすばみたいに変わってないけど面白いと思える作品は珍しい気がします。


Rewrite 2ndシーズンMoon編/Terra編

ギリギリ理解できるけど壮大な事が次々と起きて理解が追いつかない…。やってるの事の規模の割に作画や演出が追い付いていないのもちょっと辛いな…、絵面が良ければ話が理解しきれなくても見てて面白いって事もあるのに。
過去編っぽい話はそれまでの壮大すぎる話と比べたら地に足付いたストーリーでまだ見やすいので安心しました。
…と思っていたら能力バトルものっぽくなってきたけど。


・継続
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

1期の頃が終わった頃は2期では、鉄火団が大規模な宇宙戦争に巻き込まれる事になるんだろうなって期待で胸を膨らませていたら…2期目の1クール目ずーっとせせこましい戦いばっかりだったよ!!小さい紛争を治めるのに奮闘したり、MA退治をするのも良いけど、せっかくのガンダムなんだからもっと大きな戦いしようよ!それらの話はもっと短い話で終わってくれるなら良い短編だったねで済んでたかもしれないけど、無駄に尺取ってた気がするなあ。バルバドスの活躍とか盛り上がる話が無いわけではないんだけど、3クール目ずっと溜め回を見てたかのような感覚でした。
で、ながーい溜め回が終わってラストの4クール目でやっと盛り上がって来ました。
イオク様が馬鹿やったり、名瀬の兄貴が死んだり、イオク様がアホやったり、ラフタが死んだり、イオク様がドジふんだり、オジキが反旗を翻したと思ったらあっさり鉄火団に負けたりと4クール目の序盤は色々ありましたよ。イオク様多いな!
正直、たいした思想も持ってない馬鹿の小者であるイオク様が話を動かしている状況にはゲンナリしてました。大物が能動的に動いたり暗躍したり、あるいは民衆の不満が爆発して世界の情勢が変わるという歴史もののような物語の展開をガンダムには期待しているんですよ。イオク様が馬鹿やったら動く世界ってのはなんか安っぽいと思う。
まあ、イオク様は置いといて、名瀬の兄貴とラフタの死についての話はこのアニメのターニングポイントらしく力も入ってて見ごたえがありました。ラフタの死については、ヤクザ映画とかマフィアものとかでよくあるぶっちゃけあまりにもベタすぎる殺し方でちょっと安っぽくもあるんだけど、その死を知ったキャラクターの感情の動きがよくできていて、そのおかげで話に乗る事ができたような気がします。
で、オジキに落し前を付けた後、ようやくラスボス格であるマクギリスが動き出し、世界全体を巻き込む動乱が始まろうという状況になり大いに盛り上がって来ました。
やっぱマリーは鉄火団よりマクギリスとガエリオの話の時の方が筆が乗ってると思う。
なんかガエリオが主人公みたいな状況になってるけど、こっからどうやってミカと鉄火団が主人公となるのかこれからの続きとともに気になります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR