遊戯王VRAINS(ヴレインズ)

何故か、遊戯王AVから1カ月、間を空けて放送した遊戯王VRAINS(その間特番はあったが)の感想。
本来なら1クール毎のアニメ感想で一まとめに語ってるんだけど、1カ月のズレがったので別枠で感想を書きます。

『VR空間』という仮想世界を舞台とした遊戯王でありなかなか新鮮味があります。仮想世界を舞台にしたものならDMの乃亜編とかであったけど、アニメ全部を使ってやる話ではなく2クール近くやった限定的な話だったしね(深夜アニメ的な尺で考えると長編だが)。
最初は作ってる側も見てる側も特殊な世界観を把握するのに時間がかかる事を想定し、ゆったりめに話を進ませる様子。(もしかしたら作画節約のためかもしれないが)1話でキャラと世界観の説明をした後、次話でデュエルという遊戯王でも稀に見るスローペースな構成。しかもそれが1、2話だけでなくVSGo鬼塚、VSブルーエンジェルになっても続いてるのはちょっとタルい。
テンポの遅さは気になるが、話もデュエルも面白いのでスルーテンポを我慢して見る価値はあります。
後でZEXALみたいにテンポ早くなっていく事もあるしね。ARCVみたいにもっとテンポ悪くなるのは勘弁。

キャラはまだ序盤なので分からない事だらけだけど、なかなか良いキャラに育ってきそうなキャラばかりで期待感が持てます。
主人公の遊作は一見クールなようですぐ熱くなるタイプの主人公、つまり遊星に近いです。ただ遊星と違い遊作はどこか幼いところもあり、Aiと草薙さんとのコンビも見てて楽しく、遊星と違った良さのある主人公だと思います。


『VR空間』と並ぶ今作の目玉に『スピードデュエル』というものがあります。通常のデュエルとの違いを説明すると…
・ライフポイント4000
・最初の手札4枚
・モンスターゾーン・魔法&罠ゾーンは3枚まで
・メインフェイズ2無し
・キャラにそれぞれ『スキル』という特殊能力がある
といったもの。
つまり遊戯王のソシャゲ『デュエルリンクス』とルールがほとんど一緒です。自分はデュエルリンクスをやってるので今作のスピードデュエルはすんなり受け入れる事ができたし実際にプレイしているのでよりスピードデュエルを楽しんでみる事ができていると思います。逆にデュエルリンクスの経験が無い人はスピードデュエルが楽しめてないのかもしれない、スピードデュエルやるより普通のデュエルやって欲しいと言ってる人もいるみたいだしねぇ。
今作はカードだけで無くデュエルリンクスの宣伝もかねた内容になっているのかもしれん。
後、遊戯王アニメ特有の勝手にカードを創造する、デュエル中に手に入れるを遊作の『ストームアクセス』というスキルにしたのも上手いなと思いました。あくまでルールにあるスキルの力でカードを作ったり拾ったりするなら自分は受け入れる事ができるなぁ。
どんなにチートなスキルでもルールだからね。相手もスキルを持っているわけだし。


こんな感じで期待感込みで遊戯王VRAINS面白いです。他の遊戯王のように右肩上がりに面白くなっていってくれる事も期待しています。某AVみたいに右肩下がりにつまらなくなっていく事だけはならないように願ってます…。


余談ですが、遊戯王デュエルリンクスも面白いです。タッグフォースとか好きだった人は楽しめるかと思います。
原作のキャラがみんな声付きでしゃべってくれる事も嬉しいです。遊戯のCVがちゃんと風間俊介さんなのも良かったし驚いた。ジャニーズでもOKなのか…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR