FC2ブログ

2017年冬期アニメ感想(総括)

ラブライブ!サンシャイン!!

感想はここで。


魔法陣グルグル

初代アニメでグルグルを知り原作のファンになった身としては、最後まで最新のクオリティでアニメ化されたグルグルを見れるなんて感無量です。『Wind Climbing ~風にあそばれて』を最終回で使ってくれる心憎いファンサービスも嬉しい。原作の終盤はピークを過ぎてしまってて何段か面白さが下がってしまってると思ってたんですが、アニメはオリジナル要素を追加したりして、より良いものとして昇華してくれた点でも嬉しいです。
2クールでグルグルを全部アニメ化するにおいて今作のアニメスタッフは最良の仕事をしてくれたと思います。カットされてしまったところは原作を読めばいいんだ。また原作が読み返したくなってきたという点でも良いアニメ化だったと思います。


宝石の国

可愛くて間抜けなフォスがアンタークを失った事により自分の弱さを捨て、最後は金剛先生への信頼も失い成長していく姿が切ない。何かを失う事によって成長していく少女?の物語としてよくまとまっていました。割と何か大きな目標を達成したわけじゃないけど上手く区切る事ができて感心したなぁ。
上手くまとめたけど、こっから物語が動き出して盛り上がって来そうってという時に終わったのは勿体ない。
何か2クールアニメの1クール目で終わってしまった、あるいは分割2クールアニメの1クール目終了って感じの終わり方みたいだ。
ぜひとも2期が見たい作品ですね。


結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-

最終回、ご都合展開はあれど勢いと美麗な雰囲気とビジュアルで感動的で良い最終回だった、友奈ちゃんも助かってハッピーエンドだったなと思えたな…ん?本当にこれハッピーエンドなのか、これ?
神樹様の加護を失い、荒廃した世界で人類は生きていかないといけなくなった。これだけでも完全なハッピーエンドとは言えないのに、天の神がまたしてもバーテックスを使い攻撃をしてくる可能性もあるわけでして…何か解説によるともう攻撃してこないとなってるけど本当にそうなの?という疑問がわいてくる。
良い最終回だったような気がするけど何だかモヤモヤしてくる、ある意味かなりのご都合ハッピーエンドな1期最終回(今回のシリーズでその理由は判明したが)とは逆な意味でスッキリしない最終回だったかもしれません。
まあ疑問点はあれど、幼き少女を勇者として犠牲を強いる事で守られていたシステムから世界が変わり、これからは人類が自立しみんな協力し合い困難に立ち向かっていくという事でこれはこれで真っ当な最終回とも思えます。
勇者の章は半クールしか無いのでスケールのでかい話をやるには少々物足りないところもありましたが、鷲尾須美の章も含めて面白い作品でした。1期と合わせて2クール『結城友奈は勇者である』を楽しませてくれた事にアニメスタッフに感謝です、これで終わりは寂しい…と言いたいけど何となくまた続編がありそうな気がするんだよな…。


このはな綺譚

ハートフルな話と和風で色鮮やかな世界観が好きなアニメでした。心温まる話が多くて視聴後に優しい気持ちにさせられます。個人的には8話が良かった。感動させられるとともに叙述トリック的な要素もあって驚かされたな。
最終回も話のデキが良いしまとめの話としても相応しくて良い最終回でした。
それにしても柚役の大野柚布子さんは天使の3Pといい幼女の泣き演技が上手いな。


少女終末旅行

終末世界をまったり生きていく日常ものかと思ってたら、命の危険があったり冒険したりゲストキャラを助けたり世界の秘密を知ったり、ちゃんとSF冒険ものをやってて驚いたなぁ。それでいてゆったりとした空気を維持するという独特なアニメだったと思う。
世界は終末に向かっていく、でも二人で生きていく、百合的な意味だけでなくもっと大きな視点でも“尊い”アニメだったように思います。


ブレンド・S

男女のカプを楽しむアニメとしてみんなそれぞれ好感が持てた点が良かったです。苺香ちゃんも店長も割と変なとこがありお似合いだと思えたし、初々しい夏帆ちゃん秋月くんカプも良かったな。美雨さんひでりちゃんの異色カプも何か好きでしたね。最近だと
ひでりちゃんみたいな男の娘でウザい系ってのは珍しい気がする。そういえば麻冬さんだけ相手がいなかったな。
キャラものとしてもコメディとしても安定した面白さでした。


血界戦線 & BEYOND

1期と違い、1本の軸となるストーリーは無く2期はキャラ個人回を中心としたエピソード集になっていました。それ故、1期のような終盤大きく物語が動く事は無いのですが1期と比べると安定感のある仕上がりになっていたように思います。1期の終盤が良くも悪くも監督の作風が強くて、賛否分かれそうな内容だったのに対して最後まで安心して楽しめたとも思います。
それでいて最後はちゃんと主人公レオの話を持ってきて最終回らしくまとめた点も良かったです。
個人的に良いと思った回は執事回と授業参観回かな。


キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series

割と話に当たり外れがあったと思ったが、終盤は良いと思えるエピソードが多く好印象で視聴を終える事ができました。
特にラス1前の『大人の国』は良くできていて、これが最終回でも良かったぐらい。
最終回の『羊たちの草原』は面白い事は面白かったけど、これが最終回なの?と疑問がわかないでも無かったかな。
まあ実質的な最終回は『大人の国』で最後はエンタメ重視という事なんでしょう。
キノ一行よりシズ一行の方が個人的には好きだったかもしれない。ティーがかわいかったので(結局、女の子か!)


Fate/Apocrypha

中盤、ジャックちゃんと戦ってたあたりはすんごいgdgdしてたけど空中庭園での戦いが始まってからは面白かったです。ケイローン先生VSアキレウス、ジークVSカルナ、モードレッドVSセミラミス、ジャンヌVSシェイクスピア、ジークVS天草四朗などの熱いバトルで盛り上げてくれました。特にジークVSカルナは作画も凄まじく見応えがあったし、カルナがめっちゃ英雄然としたキャラだったのも良かった。カルナがジークを認める事でようやくジークが主人公としてのキャラを確立させた気がする。
終盤のバトルは楽しめたんですが、四朗の第三魔法に対してのジークの解決方法がでいまいち理解できないしピンとこなくて、そのせいで最終回が消化不良感あるのがもったいない。アニメ外の解説とかを見てようやく理解できました。この終盤の話といい、どういう事だってばよ!?解説求む?になる事がこの作品では多くて、もう少しアニメ内で分かりやすく説明して欲しかったなぁ。
後、ジャンヌのジークへの恋がいまいち乗れなくて、そのせいで作品自体にも乗り切れないとこがあったのももったいない。
ジルに対する聖女然としたジャンヌなんかは良いと思うんだけど、恋するジャンヌはあんまり好きになれなかったなぁ。
ジークの相手はアストルフォの方が良かった。ジークも中性的な顔してるし、ジーク×アストルフォは男の娘カプ的な感じがして良いですよね。


干物妹!うまるちゃんR

とても安定していた作りで安心して楽しめるアニメになっていたが、2期からの+要素が薄くて少しパンチに欠けた印象があったかな。新キャラのヒカリはそこまで大きくクローズアップされてたわけでは無かったし。
まあ安心感こそこの作品に合っていたと思うし、うまる達女子4人組やタイヘイら大人グループが仲良くやってるのを見るだけで楽しめたかなと思います。


アニメガタリズ

みのあと愉快な仲間たちアニメ研究部がワイワイと楽しくやってるのが好きなアニメでした。後半、アニメ世界が現実に浸食する話もそれはそれで面白かったし作品の個性が出てたのはそっちの方なんだけど、個人的には部活ものやってる時の方が好きだったなぁ。
学園祭のエピソードなんかまさに部活ものとしての面白さが出ていて一番良かったと思います。


上に行くほど個人的評価↑です。
評価A:ラブライブ!サンシャイン!! 、魔法陣グルグル 、宝石の国 、結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-
評価B:このはな綺譚、少女終末旅行、ブレンド・S、血界戦線 & BEYOND 、キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 、Fate/ApocRrypha 、
評価C:干物妹!うまるちゃんR、アニメガタリズ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR