FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年春期アニメ感想(総括)

ウマ娘 プリティーダービー

最初は変なネタアニメだと思ってたのにこんなに熱くて泣けるアニメになるなんて…。特にサイレンススズカさんの故障する回と復帰回は良かった。元ネタの事を知ると余計に泣けるし元ネタの知識が無くてもスズカさんの故障からの復帰へのドラマは良かったなぁ。
ただアニメ後半、ドラマ面でスズカさんが一番濃く書かれる事となりそのせいで主人公スペちゃんの話が後半は少々物足りないものになってしまったのは否めない。魅力的なウマ娘がたくさんいるのに触り程度しか書かれないとこも含めて1クールではちょっと尺が足りなくて勿体ないとこあったかな。いやそれでも十分凄く面白いんだけどね。
後、ウマ娘だけでなくトレーナーも見所の一つだったように思います。最終回は彼の想いが熱く語られていてトレーナーも主人公の一人でありこのアニメの魅力に貢献していたという事が良く分かりました。


刀使ノ巫女

かなーり微妙な1話から右肩上がりにどんどん面白くなっていって終盤は1話の頃が嘘みたいに面白かった。いやあここまで2クール目で面白くなったアニメは久々な気がする。サクラダリセット以来かな?(割と最近だ)
キャラクターが多すぎてそのせいで話がちょっととっちらかったり話の進行が鈍重になる事もあったりしたけど、そのたくさんあるキャラを丁寧に描写してそれぞれに役割を持たせる事に成功できていてキャラものとしてたくさんのキャラを描写する事にかけては最近では随一のアニメだったと思います。
また刀使や御刀、荒魂といった設定も設定倒れなんて事になる事もなく過不足無く消化できていた点も良かった。後、分裂したタギツヒメの特殊さや隠世の設定なんかも他のアニメに無いものを見れてそういうとこも良かったなぁ。クソダサスーツことS装備だけはビジュアルのダサさ的に見てどうにかしてくれよと思ったりしましたが…。足音がシュールでな。
バトルものとしては派手なエフェクトとかよりも地味に良いと思える殺陣の動きなんかを重視した感じで、そういうとこもこのアニメの特色になっていたと思います。ただ一見地味な戦闘にしか見えないのと割と戦闘のデキにばらつきがあって、多数の視聴者の支持を得られなかった原因の一つになってた気がします。でも終盤の戦闘は本当に良かったんですよ!戦闘が良いから終盤面白いと思えたとこもあるって言えるぐらいだと思います。
話の決着の付け方の点で言うとキャラクターにとても優しいとこが好感を持てました。夜見さんは死んでしまいましたが役割を全うしある意味幸せな一生をおくれたと言えるし、ヘイト稼ぎ役であったヒスリヒメこと高津学長まで浄化されたし、ラスボスであるタギツヒメにも救いがあったりと敵役にも優しかったなぁ。
もちろんメインキャラにも優しい結末が待っていて、最後に可奈美ちゃんとひよよんが二人の母親と出会い、母親たちのおかげで帰還できるENDは本当に優しさに満ちていて涙無しでは見れないラストです。
半年間楽しませてもらったアニメでした。


魔法少女サイト

ダークな魔法少女もの、ネタアニメ、百合、たくさんの要素が詰め込まれていて色んな意味で楽しめるアニメでした。こんだけごった煮感あるアニメなのにちゃんとまとまっている点も凄いと思う。
ダークな魔法少女ものなんて今更感あるんだけどやっぱまどマギといい、まほいくといい、自分はこういうジャンルが好きなんだと再確認しました。
ネタアニメ的な要素はとにかくお兄ちゃんが強い。あのクズなお兄ちゃんだけで結構話を持たしてるとこあったもんなぁ。予告でしゃべるだけでも面白いのに本編でも面白いなんてずるいわ。お兄ちゃんがにじみんのパンツ履きだした時は春のアニメで一番笑った気がする。他お馬鹿で愉快なにじみんだったりフリーザ様な管理人だったり殺しまくった癖に仲間思いの熱血漢みたいなポジションになってるピンクメガネといい笑いに事欠かなかったな。
百合としてはやっぱり主人公である彩ちゃんとヒロインである奴村さんとのカップルが良かったですなぁ。奴村さんのために強くなろうとする彩ちゃん、生きる目的を失ったけど彩ちゃんのために生きようとする奴村さん、お互いをそれぞれ必要として生きていこうとする関係が好きでした。出会う前は不幸だったけど出会って幸せになれたという答えも百合的にも美味しかったしこのアニメのテーマに対するものとしても良いアンサーだったと思います。春のアニメでこの二人が一番尊みを感じたかもしれない。
最終回で二人の綺麗な百合を書いて爽やかな決着をするのかと思ったら、その後でお兄ちゃんと刑事の汚いホモを見せるあたりがこの作品らしさ全開でどうしようもなくもあり最高だなと思いました。
アベレージとしては他のアニメの方が上だけど瞬間最大風速的にはこのアニメが一番上になったりしてたアニメだったと思います。綺麗に終わったと思うけどやっぱ私たちの戦いはこれからだ!で終わった感も否めないので原作も読んでみようかなぁって気になってます。彩ちゃんと奴村さんがキスするみたいだし…。


こみっくがーるず

日常ものとしてだけの面白さだけでなく、漫画家ものとしても楽しめるアニメでした。特にかおす先生の漫画家としての成長は目を見張るものがありました。最初はよくこの子プロになれたなって思えるほどの子だったのに、みんなとの出会いや経験を経て成長しそれが最後に結び付くのは良かったです。今まで過ごしてきたみんなとの日常こそが楽しくてかけがえの無いものであり漫画にしても良いものであるっていうのは、まさに日常ものそのものを肯定しているっていう結果になるというのが興味深い。個人的には没になったネタの方も面白そうだったけども。っていうかかおす先生はギャグ漫画家としての才能があると思うよ。編沢さんはぜひ書かせてみるべきだわ。


ヒナまつり

人情派ドタバタコメディーを最初っから最後まで楽しませていただきました。どんどんクズが出てくるのは予想外だったけどw
扱ってるネタがヤクザだったり中学生を夜のお店で(性的な意味では無い)働かせたりしたせいで笑えるけど笑えねえよ!なブラックなネタもあったりして人情派から離れてしまったり、逆にアンズちゃん絡みで人情派すぎて泣かせに来る話もあったりとブレ幅が大きかったりしたのも予想外であり面白かったなぁ。
ただ、主人公なのに出番が割と少ないヒナの事はちょっと気になったかなぁ。最後もマオの話で終わるしwまあ、それはそれでギャグになってるから良いけどさ。


ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

この作品のキャラはみんなゲームを心から楽しんでいるなぁ。すんごいノリノリでキャラを演じてしっかりロールプレイングしている。
たかがゲームだけど「殺す!」とか叫んだりヒャッハー!なキャラやったり軍隊っぽい事やったりレンちゃんのファンやったり(これはガチっぽい気もするが)みんな楽しそうにゲームをやってる。それをマジでやってゲームにリアルでの人の生き死にを持ちこんでくる危ない奴が出てくる。そんな無粋なピトさんを倒して止めてゲームは安全に楽しくやってこそだよ!で終わるのがとても健全でありSAO本編のアンチテーゼをやってるんだなと言う事が分かり感心しました。
ただラストのバトルに関してはgdgd感があってもう少しスマートに爽快感あるバトルで終わらせてほしかったなと思ったり。が、バトルの後のリアルのやりとりが良かったから良い最終回だったなで終わる事ができたと思います。
リアルの方のピトさんはかわいいなぁ。Mさんが本当に羨ましいよ。レンちゃんといい新体操部といいゲームとリアルのギャップ萌えが大変素敵なアニメでした。


魔法少女 俺

出落ちアニメかなーと思っていたけど、5話という底の底を終えたら(あの回を見て切ろうかと迷った)筋肉マッチョな魔法少女ネタが定番ギャグになったのか良い意味で安定して面白くなっていったような気がします。お母さんまで魔法少女になったり新しい魔法少女も増えたり意外と新しいネタも提供してくれたのも良かったかな。(ギャグのパターン的には一緒だけど)
終盤、意外な人が黒幕だったりとギャグだけでなく通に話が面白いのも良かったです。遊佐ボイスの胡散臭い兵衛がそりゃ黒幕と思うじゃん、いやあ普通にミスリードに引っかかってしまったよ。
黒幕であるマネージャーをただ倒すのではなく改心させてちょっと切ない感じで別れるのも良かったなぁ。桃拾ちゃんが正ヒロインなのだろうけどマネージャーもヒロインだったんだよなと思いました。どっちも男だけど。


ダーリン・イン・ザ・フランキス

途中までは本当に面白かったですよ途中までは。正確にはVIRMが本性現わすまで。
大人に管理され支配される子供たちが抗い戦う姿を見たかったし、ミツルとココロの妊娠騒動あたりの時はそれが一気に爆発しそうな気配を見せてワクワクしましたよ。
が、大人は内ゲバで崩壊。(VIRMは大人とは違う存在なのかもしれないが)なし崩し的に子供たちは支配から解き放たれる事になり本当に残念でした。
まあ、その後の話ももっと尺をとって丁寧にやれば面白いものに出来たと思います。大人から解放された子供たちがどう生きるかなんてのも面白い題材だしね。が、尺が足りないからざーっと勢いとノリだけで話を進行。VIRMとのラストバトルも盛り上がらなくてロボットアニメとしてもイマイチ。ヒロのゼロツーの話も15話でだいたい解決できたとこあったから何か繰り返し同じ様な事ばっかしてる感あったのも良くなかったかなぁ。終盤からの話は本当にガッカリの連続でした。
途中までが本当に面白かっただけに勿体ねー。
ただそれでも13部隊の子供たちは好きだったし最後で幸せな姿を見る事ができたのとヒロとゼロツーの物語の決着の仕方とかは良かったと思います。終盤でも良いところが無いわけでは無いからこそ勿体ないんだよなー。


銀河英雄伝説 Die Neue These

面白かったけど、こんな中途半端なとこで終了して映画に続くとなると評価に困るなぁ…。もう少し区切りの良いとこで終わって欲しかった。
昔見た時もそうだけどやっぱヤンの方を贔屓して見てしまう。自分が民主主義の国に住む人間であるため感情移入しやすいって事もあるんだろうけど、功績を上げたら後は悠々自適に暮らしたいって生活に憧れるよねぇ。後、自分が歴史ものとか読む場合君主タイプの人物よりも軍師や武将タイプの組織の中で戦う人物の方が好きになる事が多いからってのもあるんだろうなぁ。


Lostorage conflated WIXOSS

面白いっちゃ面白いんだけど事前の期待に応えてくれた作品では無かったなぁ…。せっかくの新旧作品合わせたオールスター作品なのにselectorキャラがるうタマ以外ほぼ活躍無し、その活躍したるうタマ二人も少ししかバトルしないというのはガッカリでした。
だからと言ってLostorage組が大活躍したかというとそこまでの事でも無く前期の主人公すずなんて勝利無しでクッキーばっか作ってた気さえします。まあちーちゃんとイチャイチャしているのは良かったけど。
あくまで今作の主人公は清衣ちゃんって事なんだろうなぁ。清衣ちゃんの物語としては納得できるしそれなりに面白かったと思います。
gdgdしつつつも最後はハッピーエンドで終わり前作で消えたキャラたちが復活したのも良かったな。特にしょーちゃん。記憶から作られたルリグたちが何故か人間として転生してるっぽく見えたのは謎だが。
しかし最後に解決したのがLostorage組のキャラの物語ばかりで、やっぱこれって清衣ちゃん以外のselectorキャラ無しでやった方が良かったんじゃないか?と思ったりしました。あきらっきーも繭も2期で物語的には話を終えてたわけだしね。
まあ、そこらへんは色々大人の事情があったのかなぁ…。オールスターするには2クールじゃないと尺が足りなかったかなぁ。


上に行くほど個人的評価↑です。
評価A:ウマ娘 プリティーダービー、刀使ノ巫女
評価B:魔法少女サイト、こみっくがーるず、ヒナまつり、ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン
、魔法少女 俺、ダーリン・イン・ザ・フランキス
評価C:銀河英雄伝説 Die Neue These、Lostorage conflated WIXOSS 
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。