遊戯王5D's 第153話「ぶつかり合う魂/光さす未来へ」

みらいいろみらいいろ
(2010/12/15)
Plastic Tree

商品詳細を見る



ついに、ついに、ついに、最終回!!!約三年も放送した遊戯王5D'sが今完結する!
ゾーン戦がラストで最終回はエピローグ的なものかと思っていた自分は5D'sスタッフをなめていた!

遊戯王シリーズはDM、GXにそれぞれ最後の総決算ともいうべきデュエルがありそのどれも素晴らしいデュエルでした。5D'sのラストデュエルも過去の名勝負に負けない5D'sの集大成に相応しいデュエル。キャラクターのエピソードも含めた最終回としての完成度だけを言えばシリーズ1完成度の高いすんばらしい最終回だったかもしれません。その点、GXは十代以外のメンツについてのフォローは少し物足りなかったかな。

DMは遊戯(王様)対遊戯(相棒)、GXは十代(新主人公)対遊戯(旧主人公)。対して5D'sは遊星対ジャック。メンツ的には見劣りするかもしれないが、5D'sという物語の最後としてはこれ以上ない組み合わせだったように思います。5D'sのラストデュエルはチーム5D'sのメンバーの未来を占い、それぞれがチームを卒業し旅立つためのデュエル。だからこそチームメイトであるジャックと戦う必要があった。それにこの二人はフォーチュンカップの時以来、練習以外で本気で戦うことなかったもんなあ。ゾーンを倒した今、遊星に比肩する決闘者は味方にしかいない。一番のライバルであり戦友であり番組の最初からいたジャックこそが遊星の対戦相手に一番ふさわしい。そこー!ガチBF使いのクロウの方がジャックより強いんじゃないの?とか言っちゃいけません!


・全ての総決算
遊戯王シリーズラストデュエルでお馴染み、懐かしのモンスターが大集合。ニトロウォリアー、ターボウォリアー、エクスプロ―ドドラゴンとか懐かしいなあ。ジャックが新しいシンクロモンスターも召喚していたけどできれば今まで使ってきたモンスターで統一してほしかったなあ。まあ、ジャックのシンクロモンスターは遊星に比べて少ないからしょうがないか。にしても懐かしのエースモンスターが召喚される中でロードウォリアーカワイソス(´・ω・`)
モンスターだけじゃなくネオドミノシティーの背景まで懐かしいのばかり。BGMも挿入歌まで含めて総売り出しだ。
本当に最終回なんだなあ・・・。
アキさん、龍亞、龍可、クロウも二人のデュエルを見て昔を思い出す。遊星が自分を救ってくれた、勇気をくれた、自分は子供たちの笑顔が見たくてデュエルをやっていた・・・。回想シーンとか流すんじゃねえよ。泣けてくるじゃねえか・゜・(/Д`)・゜・
つうかアキさん、抱きしめてくれたとかエロすぎ。


・それぞれの未来
スカーレット・ノヴァ・ドラゴンが召喚されたいいとこで前半終了。うおぅ、ここからどうやって遊星が逆転するんだろうとCMの間ワクテカしていたら、後半になって急に未来にワープするもんだからびっくらこいた!ええっ、何?何!もしかして結末は視聴者のご想像にまかせますじゃないよね?ちょっとそりゃないよ…とビビってたけどそんなことなくて安心しました。
大学生になって偉く成長した龍可。髪の毛もロングでほんと美人。触角は触角で今思うと可愛かったけど。そんな妹を後ろに乗せて颯爽とバイクを駆けるイケメン龍亞。龍亞もカッコよく成長したなあ。なんかこの二人ますますヨスガりそうな雰囲気があるんですけど…。クロウはチームでチャンピオンになり、今度は個人で挑戦を。、それを聞いてはりきるキングになったジャック。奴に勝つまでは負けられんのだ!つまりあの決着は・・・。そしてアキさんは医者に。これまたエロい!

「決してあきらめないこと、いつも笑顔でいること、それを教えてくれた人がいたの・・・。
 自分の可能性を信じてチャレンジすることを・・・。」


そう言ったアキさんの目には在りし日の写真の中のチームの姿が映っていた。
ブルーノ・・・(;´Д⊂)
他のメンバーだけ見せて遊星の姿を見せないのがずるいよなあ。


・デュエルの決着!
ここで過去に戻り再びデュエルに。こっからの盛り上がりも凄い。
デュエル再開すぐにプラシド処刑BGM『Clear Mind 』がキター!!
これが流れるってことは奴が来ますよー

「生来せよ!ショーティング・スター・ドラゴン!!」

初のショーティング・スター・ドラゴン対スカーレット・ノヴァ・ドラゴンに自分のテンションがリミットオーバーアクセルシンクロ!
ショーティング・スター・ドラゴンの攻撃力は3300、対してスカーレット・ノヴァ・ドラゴンの攻撃力は6000。
これでは遊星の敗北は必至!そこで出した遊星のカードは

「トラップ発動!ハイ・アンド・ロー!」

ハイ・アンド・ロー・・・デッキからカードを一枚墓地に送り、そのカードがモンスターだった場合その攻撃力分対象のモンスターの攻撃力をUPする。この効果は三回まで行うことができるが対象のモンスターの攻撃力が相手のモンスターの攻撃力を超えたとき対象のモンスターを破壊する。
ジャックはダメージを軽減するために使うのかと思っていたが、遊星の狙いは違う。二枚目の時点で攻撃力は5200、だが遊星は三枚目のカードも墓地に送ることに決める!800より上のカードを引けば自滅、だが遊星は賭けに出る!

「そんなことはわかっているさ。お前は何のリスクも負わずに勝てる相手じゃない。」

遊星のこのセリフが良いなあ。いかに遊星がジャックを一番のライバルであると認めているかがわかってかっこええ

遊星は見事賭けに勝利して、攻撃力を6000にし、ショーティング・スター・ドラゴンとスカーレット・ノヴァ・ドラゴンは同士討ちする。このときのショーティング・スター・ドラゴンとスカーレット・ノヴァ・ドラゴンの無駄に派手な戦闘シーンが良い。このデュエルでいかに遊戯王のモンスターのバトルシーンが進化したかが良く分かります。今回バイクアクションも派手です。無駄に遊星がバイク事故なんてなんのそのと炎の上を飛んだり大ジャンプしたりします。あんなに最初は文句の言われていたバイクが今じゃこんなにカッコいいと言われるようになるとは・・・。

ジャックはトラップによりレッド・デーモンズ・ドラゴンを召喚。それに対して遊星が出したモンスターは、ピヨモンロードランナー、ソニックウォリアー、ジャンク・シンクロン、過労死スピードウォリアー、ボルトヘッジホッグ。この組み合わせはもしかしてもしかして・・・

「あのモンスターたちは・・・」
「遊星がずっと使ってきたカードたち」
「いくら攻撃力が低くても、いくらレベルが低くても」
「遊星がずっと愛して使ってきたモンスターたち、遊星のデュエルをずっと支えてきた仲間たちだ!」

ここで涙目ウルウルになってしまった。
ソニックウォリアー「新人です。すみません空気読めなくて」

そして待ちに待った・・・ジャンクウォリアーのご登場だー!!!絶対また会えるって信じてたよ!ごめん嘘ついた、ゾーン戦で出なかったからOP詐欺と思ってました。
ソニックウォリアーの効果でフィールド上の低レベルモンスターの攻撃力を上げ、ジャンクウォリアーの効果で低レベルモンスターの攻撃力をジャンクウォリアーに追加!

「スクラップフィストオオオオオー!!!」

見事レッド・デーモンズ・ドラゴンを破壊!これ最初のOPの再現なんだよなあ、ほんとスタッフのサービス精神に頭が下がります。見事デュエルは遊星が勝利した。


・旅立ち
遊星のデュエルはまさに遊星自身を体現したデュエルであり、チームのみんなに未来への可能性、絆があればいつだって強くいられることを示した。これによってみんなの迷いはなくなり新たな道を行く決心がついた。そして遊星の道も・・・。
遊星が選んだ道は街に一人残ること。粒子と粒子を結びつける遊星粒子のようにみんなを繋ぐ架け橋になれるよう、いつでも街にみんなが帰ってこれるようにと。

で、最後はそれぞれのお別れ。
龍亞と龍可は学校のメンバーとは特に無し。代わりに龍可の「お兄ちゃん」発言!ああ、この双子は一生離れられない気がする。
クロウはいつもいっしょにたいた子供たちとの別れ。おい、泣くなよ。こっちまで泣きたくなってくるだろ゜・(/Д`)・゜・自分だって遊星たちと別れたくねえよおおおおおおお。
ジャックはハーレムとのお別れ。カーリー、ダークシグナ―編までは完全にジャックのヒロインだったのに、他の二人と同じ扱いになるとは・・・。ジャック対カーリーに感動した自分としては最後に結ばれるのはこの二人だって信じているZE!
アキさんは両親と、そして遊星とのお別れ。

「電気はつけないで」

ちょっとアキさん!?夕方アニメですよ!何言いだすかとマジビビった。
告白できない、しないアキさんがいじらしい。遊戯王だから恋愛はご法度だなんていう野暮な理由じゃなくて、また再会したときのために取っているのだと信じている。

「アキ、笑顔を忘れるな。お前の笑顔は世界の誰にも負けない。」

遊星のこのセリフほとんどお前が好きだと言っているのとほぼいっしょだよなあ。このセリフがドクターアキさんの「いつも笑顔でいること」に繋がるんだろうなあ。素敵やわあ。
最後のアレはキスをしたのだと信じております。みんなイメージしろ!名残り惜しそうに離れる二人の手が芸術的。

アキさんと別れた後、街を散歩する遊星。そこで合ったのは牛尾さん。そういえばこの二人のデュエルで遊戯王5D'sが始まったんだよなと思うと感慨深い。

「いつの間にかお前たちも大人になったんだなー。」

いえいえ、牛尾さんもだいぶ成長しましたよ。金だ―金だ―言ってるあたりと比べちゃ完全に別人。

最後の最後はみんなでラストラン。
赤き龍が痣を回収した時、ああ本当に遊戯王5D'sが終わっちゃうんだなあと寂しくなりました。
さよなら赤き龍。
今までありがとうネオドミノシティー。
そしてまた会う日までチーム5D's。

「ここから先は俺達が作り出す未来。走り続けようぜみんな!人生と言う名のライディングデュエルを!

ライディングデュエル、アクセラレーション!



最高の最終回だった。こんなに満ち足りた気分になった最終回は自分の中で初めてだと思う。その分喪失感が半端ない。「絆」「可能性を信じ自分の未来を生きること」「無駄なものなど何一つないということ」などの遊戯王5D'sのテーマが最大限に昇華できた素晴らしい最終回で、深夜アニメじゃどうやったって困難な150話以上かけた時間の重みというものが凝縮された最終回でもあったと思います。
今思うと、ゾーンの正体が本当に未来の遊星の姿だったら、遊星の未来に影を落とすことになって、こんなに爽やかなラストにはならなかっただろうな。そう思うとスタッフの判断は間違っていなかった。
三年間素晴らしい時間をくれたスタッフに感謝するとともにお疲れ様です。
とにかく最高に満足した!

後で総評を書くかも。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR