2011年冬期アニメ 感想(総括)

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!

良いお下品ギャグアニメでした。エロとか萌とかのシーンがほとんどギャグになってたなー、規制のペンギンもギャグの一部と思えば正解。
途中から委員長が参戦してからの腐女子ネタ、ストッキングネタなんかも相まって作品自体の暴走が凄かった。作品の暴走とともに盛り上がったAGE探検隊の暴走は特にやばかった。AGE探検隊の面々には毎回笑わかされるとともに、その真摯なまでのエロへの情熱にはカッコいいと思わざるをえませんでした。
作品が加速する中、個人的にヒロインの中で一番好みだったおさなじみのいろはちゃんが取り残された形になったのは残念。正ヒロインであり安定してポイントを稼ぐ妹、途中からの追い込みが凄まじい委員長に比べて、最初から一貫して体をせまるだけで状況を打開できるイベントなんて起こらなかったもんなあ。その不遇ぶりもまあ好みかもしれない。
後半若干失速した気もするけど全体を通して見れば最後まで楽しめたアニメでした。


これはゾンビですか?

途中のシリアスいらねえ、ギャグだけでいいよから、あれ?これシリアスなの?もしかして笑わせようとしてるんじゃないの?になって、葉っぱの人が同業の人とともにバイオリンを弾き出してから、やっとシリアスもギャグの一部なんだと気づきました。
まあ、普通にシリアスで盛り上げようとしてた部分もあったけど、そういうとこは唐突だったり突っ込みどころが結構あってあまり乗れなかったなあ。
ただ、ユーが自分の声で初めてしゃべったときは普通に感動した。
途中ぐだぐだになった部分もあったけど歩を中心としたアットホームな雰囲気は好きでした。


とある魔術の禁書目録Ⅱ

とにかく原作を消化することにいっぱいいっぱいで、原作未読の人を楽しませることにまで余力がなかったって感じが。尺が足りないのか、視聴者が状況を把握する間もなくどんどん話が進んで、いつの間にか上条さんが殴って終わりになることもしばしば、その割には無駄に説明や説教は長かったりするw
魅力的な設定やキャラがあっても生かせてないようでもどかしかったなあ。
原作未読の身としてはアニメよりガンガンの漫画の方が、無理につめこむこともなくちょうど良いテンポで、ストレスなく楽しめています。


放浪息子

後半、2話分を何かの事情で1話にまとめせいもあるのか、せわしなかったのはちょっと残念。もう少しにとりんたちの成長をじっくり見たかったなあ。
後半忙しかったこと以外は満足のデキでした。

にとりんがこのまま女装をちょくちょく続けていくのか、それともあれは思春期の世迷言だときっぱり止めるのか、僕はおにんにんをちょん切って可愛い女の子としてさらなる進化を遂げるんだ!とニューハーフになるのかなどの選択があるわけだけど、アニメにおいてその答えは描かれてません。
でも、にとりんは体だけじゃなく心も一人の人間として成長した。たくさんの経験や年月の流れが彼を少しだけ大人に変えました。まこちゃんの嫉妬を理解し、土居を許し、あんなちゃんを再び受け入れた。それらのことはにとりんの成長の現れだと思います。
にとりんは喉仏が大きくなったことも、声が低くなったことも受け入れた。それは自分がどういう選択をするか決めているから、答えを選ぶ覚悟ができるほど成長したからなんでしょう。
答えは視聴者の想像に任せます、または原作を買えと。
にとりんと仲間たちの成長と、次のステップを踏もうとする彼らの姿を描いた綺麗な最終回でした。


遊戯王5D's

カードの能力、数値だけじゃなくデュエル構成、演出、規模、ストーリーの壮大さまでインフレしまくって、もしかして5D's、カードゲームアニメの極限にまで達したんじゃない?と思えるほど凄いアニメだったと思う。いや、たいして他のカードゲームアニメ見てないけど。
もはや、カードゲームの枠を超えて厨二病バトルの域にまで達してた気がする、これは前シリーズからそういう傾向にあったけど。
エキセントリックな展開や演出、山場の神作画、何回もこれがピークでしょと思わせられるほどのテンションの高いストーリー、魅力的なキャラクターなど三年間それがずっと続いていたわけではないけど高水準のアニメだったと思います。
またテーマである「絆」をちゃんと感じさせるストーリーも良かったです。
個人的にここ数年で1,2を争うぐらい面白かったアニメでした。
げっ今期のアニメは外れだなと思うときがあっても5D'sがあれば生きていけた。


魔法少女まどか☆マギカ

5D'sと同じくここ数年で1,2を争うぐらい面白かったアニメ。
やっぱ原作なしのオリジナルってのが大きかった。先がわからないってのはやっぱ面白いです。
魔法少女というファンシーな題材やひだまりスケッチのうめてんてーキャラデザという表の看板と、不気味な不安感を煽る魔法空間、グロテスクな魔女、鬱展開が続く虚淵脚本という中身のギャップにひきつけられ、毎回毎回衝撃的な展開と引きの上手いストーリーにハラハラさせられました。
視聴者間で、次どうなるんだろうかと予想したり考察したりするのが面白さに拍車をかけていた部分もあるかな。そういう意味ではリアルタイムに見れて本当によかった。毎週、次が気になる―!と思えるのは幸せなことなのだ。

ラストもこうくるかーと素直に驚けて幸せ、当時ネットで流出していたらしいネタバレを見なくて本当に良かった。
ハッピーエンドだけど実は全然ハッピーじゃないかもしれないという灰色のEDもこのアニメらしくて素晴らしかったと思います。

あと、五人の魔法少女たちを全員好きになれたのもハマれた理由の一つ。可愛くて個性的で壮絶な人生を歩んだ彼女たちに思い入れを抱かずにはいられないっつーの!!
ほむほむのまどか絶対主義は作中で非難されるべきだと思っていたけど、女神まどか様が全ての魔法少女たちの呪いも罪も受けとめたので自分も受けいれるしかないです。
まあほむほむ自身も自分の選んだ道が歪んでいる部分があるとは自覚してはいるでしょう。たとえ闇に染まろうとも修羅になろうとも進むと決めた道でしょうから。

個人的に五人の中で一番好きな娘は佐倉杏子ちゃん!なんだけど・・・
戦闘スタイルだけはマミさんが一番好きでした。マスケット銃を振り回して無双するマミさんにはときめかざるをえなかった。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR