ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~ ブルーレイ通常版 [Blu-ray]映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~ ブルーレイ通常版 [Blu-ray]
(2012/03/02)
水田わさび、大原めぐみ 他

商品詳細を見る



この前TVでスペシャルとして放送された映画の感想です。
ドラえもん大長編の中でも一、二を争う人気作『のび太と鉄人兵団』のリメイク。自分自身も思いいれのある作品、良いという評判を聞きつつも〜はばたけ 天使たち〜の副題といい新キャラピッポといい嫌な予感はしてたんで期待してなかったんだけど、意外すぎるぐらい素晴らしい作品でした。

新鉄人において、旧作との違いは色々あれど、一番の違いはやっぱりピッポの存在。
旧作では改造された後は、人格が無くなってしまうジュド(ザンダクロス)の頭脳にピッポという個性を与え、人間に心を開きのび太たちの味方になるという展開は、改造して無理やり言うことを聞かせるというのは倫理的にどうだろう?という疑問をスタッフが持ったために生まれたのだろうかはちょっと気になるところ。子供たちの教育的に改造なんて悪いザマスというPTAからの批判を恐れたためという可能性もあるけど。
子供の頃は、旧作の改造を全く気にせず(むしろ改造されるボールを愉快だと笑ってた)見てたけど、新作を踏まえて見ると結構酷いなー。まあ、昔のドラえもんはそういうシビアさというかクールさも魅力の一つだと思う。

見る前に心配していたのはピッポの存在により、旧作の良かった所が潰れてしまわないかだったんですが、全然そんなことない、自然にピッポが話に馴染んでて驚いた!だってオリジナル要素を入れたせいで新魔界だと魔界での冒険パートを大幅カット、新開拓史だととってつけたようなオリジナルのせいでgdgdだもんな。それに比べたら、新鉄人は入れるべき要素をちゃんと押さえててますよ!リルルの出番が少なくなったといえどそれは旧作と比べてであって、新作でもちゃんと存在感あるし、人間に心を開く描写もしっかりしてて、しずかちゃんと百合百合してます!脚本の人素直にすげえなと思う。

新鉄人の最大の見せ場は、ラストの鉄人兵団との決戦。大軍団の鉄人兵団にさすがのドラえもんたちもかなわない。どうやって地球は救われるのか?
ドラえもん史上最大の危機に、しずかちゃんとリルルが建国前のメカトピアにタイムマシンで行って、始祖ロボットに他人を思いやる心をプログラミングする事によって、鉄人兵団は消滅という反則的な解決方法を取るのは新旧ともにいっしょ。
しかし、新鉄人では旧作で蚊帳の外に置かれていたのび太パートがピッポの存在によりしずかちゃんパートとシンクロします。ここでリルルとピッポの心が繋がっているという設定が生きるのがうまいねえ。リルルがピッポに消えることになってもいい?と訊ねるシーンが泣ける。
ピッポがのび太のために戦艦に突撃し一矢報いるシーンもロボットアニメしてて熱い!博士が息を引取ったため、リルルがしずかちゃんたちから学んだ事から思いやる心をインプットするシーンも感動的です。
そして、最後は鉄人兵団が消滅し、リルルとピッポも消えることに。しずかちゃんはリルルと、のび太はピッポとお別れ。ピッポの存在って旧作で最後のほう若干空気になってたのび太のためでもあったんだなあ。

地球は救われ、数日後…。のび太が空を見ているとリルルとピッポらしき鳥の姿が…。旧作だとリルルの姿ははっきりしててリルルは天使として生まれ変わったんだ、良かったーと思えるシーンなんですが、新作だとセピア色ではっきりしていない。まるでのび太が見た白昼夢か幻のように見える…。オーバーな表現が多く、あざとい目の新ドラにしてはかなり異色なシーンだと思う。いや、これもあざといといえばあざといか。
ピッポの存在によって旧作より奇跡の割合が増えたので、ラストはこれぐらいの方が正解かもしれない。
リルルとピッポは天使になったのかどうか・・・、それは見た人の想像にお任せしますってことなんでしょう。

ミクロスの出番大幅カット、最終決戦の前哨戦カット、「そうさリルルは天使さ!」の名言カットなどなど、見たかったシーンもありますが、新作には旧作には無い良さがあるし、もちろん旧作には新作には無い良さがあるということで良し悪しなんでしょう。
旧鉄人も好きだけど、新作もこっちこっちで好きと言えるような作品で本当に良かったです。
次リメイクする機会があるなら、『海底奇岩城』あたりがいいかなー。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR