ストライクウィッチーズ劇場版

ストライクウィッチーズ劇場版 主題歌コレクションストライクウィッチーズ劇場版 主題歌コレクション
(2012/04/18)
(アニメーション)

商品詳細を見る



ついに見てきましたよ!!いやあ、まさかあのストライクウィッチーズが劇場のスクリーンで見る事ができるなんて感慨深いものを感じます。
まず見て思った事はTVやパソコンの前だとそうでもないのに、映画館でパンツズボン丸出しを見るとすんごく恥ずかしい!!!
映画館だから恥ずかしいもん!!一人で見るのと、他のお客さんといっしょに見るのとじゃ全然違いますね!見てるこっちが恥ずかしくなってしまいます。何この羞恥プレー!?
くそう、まだまだ自分も修行が足りないなあ。もっと精進せねば。いや、しない方がいいのか?


※こっからネタバレ全開でレビューするのでご注意下さい。





ストライクウィッチーズ劇場版は大まかなあらすじを言えば、魔法力を失った芳佳が再び空に飛び立ち、501が再結成されるまでを描いた物語です。
そういったメインストーリーに、新人ウィッチ服部静夏の成長や、ウィッチたちとネウロイの大迫力バトル、ウィッチたちの日常、外伝ウィッチたちのサービス出演などが盛り込まれ、ファン大喜びの映画となっております。

見所盛りだくさんなんですが、まあ一番の見所をあえて言うならば芳佳やリーネちゃんに優しいペリーヌちゃん、領主と崇めらるペリーヌ様、戦争で家族を失った子供たちを養う聖母ペリーヌお姉さま、静夏ちゃんを優しく諭すペリーヌ大先輩、芳佳のおかげで自分もみんなも変わったとかまるくなりすぎたけど貧相スレンダーな体系を維持してるペリーヌたん、相変わらず少佐ラブなペリーヌさん、トネールでネウロイをなぎ払うペリーヌたまと、ペリーヌ・クロステルマンの活躍ぶりに決まっていますわ!!

…ごめんなさいちょっと嘘つきました。とにかくペリーヌファン必見の映画である事は約束します。
思えば一期の頃と比べてペリーヌもだいぶ成長したんダナ…。あの頃のツンツントラブルメーカーはいないと思うとちょっと寂しくも思ったり。
もちろんペリーヌだけでなく、他の501メンバーの活躍もたくさんあります。
個人的にエーゲル二人の活躍が目を見張ったなあ。新型のネウロイに一歩もひるまず撃退しちゃう二人は流石、501のハイスコアラー。特に普段は怠け者なのに、いざとなったら大活躍のエーリカはカッコ良かったです。エーリカマジ戦闘民族!


映画のメインはやっぱり主人公芳佳の物語です。魔法力を失ってウィッチではなくただの女の子になった芳佳の奮闘が実に熱の入った描き方です。
火災から兵士を救助したり、負傷した人々を治療したり、なんと生身でネウロイと戦ったり!と活躍しますが、魔法が使えないのでこれでもかっつうほど苦労します。ただの人間である芳佳の活動を描く事によって、いかにウィッチが凄い能力を持っていたがわかりますね。必死の奮闘ぶりに見てる人間は目頭を熱くさせるし、マニュアル人間であった静夏ちゃんも考えを改めるようになります。

この人間芳佳の四苦八苦ぶりが丹念に描かれているからこそ、大ピンチでの魔法力復活という多少強引な展開も許せる気になるし、めっちゃくちゃカタルシスを生んでます。
尊敬する芳佳を守るため必死に助けを呼ぶ静夏ちゃん、501メンバーみんなの芳佳を呼ぶ声、そっからの芳佳大復活という展開は熱すぎて滅茶苦茶感動できます。
その後、坂本さんが戦闘機で飛んできてストライカーユニットを届けるシーンは完全にギャグだったけどな!!

劇場で思わず噴き出してしまったじゃねえかww つうか坂本さん何で芳佳が魔法力復活する事を知ってんだよww あれですか、ウィッチに不可能は無い!ってやつですか? 強引すぎる展開も坂本さんは坂本さんだからとしか言いようがない。

芳佳復活、そしてお馴染み501が全員集合して巨大ネウロイを倒すあたりはお約束とはいえ、流石の熱さで半端なかったです。ハイデマリーさんの場違い感も半端なかったけど。

芳佳と501の戦いはまだまだ続くというとこでED。このED『約束の空へ~私のいた場所~』が実に感動的なんだよなあ。お馴染み石田燿子さんの歌なんだけど2番から501の声優陣も参加して大合唱という、感動的なフィナーレです。
このEDを聴きながらの余韻が素晴らしいです、映画良かったな、ストライクウィッチーズ最高!また、見たいぜ!と心の中で心地良い余韻に浸る事が出来ます。

でもつづくってのはどうなの!?
いや、ストライクウィッチーズがまた見れる事、501のみんなにまた会えるのは嬉しいです。でも、同じキャラで話を続ける事ができるのかちょっと心配になるんですよね。終わりどころをミスった作品ってたくさんありますし、劇場版で501は終了して有終の美を飾った方がいいんじゃないかって思ってしまったりもします。他の部隊の話にした方がストライクウィッチーズという作品の寿命が延びる気もしますし、逆に縮む可能性もあったりとこういうのはほんと難しいなあ。
とにかく、ストライクウィッチーズのスタッフならどんな形でも面白いものができるはずと信じて新作を楽しみにしています。

ストライクウィッチーズ劇場版はファンなら絶対楽しめる事間違い無しの素晴らしい映画でした。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR