2012年夏期アニメ

TARI TARI

『true tears』『花咲くいろは』に続くP.A.WORKSお得意のご当地ものアニメの第三弾。前作2つと比べて電波やエキセントリックさが抜けてより取っ付きやすくなった印象。つまり、3作品の中で一番見やすいアニメです。割かし明るい雰囲気がそうさせてるのかな。
前作と同じく実写のドラマでありそうな題材と雰囲気は健在で、高校生たちが一つの事に向かって邁進する青春ストーリーってのはまさにそう。例を挙げたらウォーターボーイズとかスウィングガールズあたりかな。
キャラクターも面白いやつばかりで、彼女たちの努力が最後にどう結びつくか楽しみです。
個人的に来夏ちゃんが好きです。相変わらず、ちっこくて無駄にアグレッシブで空回り気味な女の子が自分は好きだよなあ。


じょしらく

いかにも久米田だなって感じの内容。『かってに改蔵』しかり『絶望先生』この人の作品は一定以上は楽しませてくれるんだけど、飛びぬけて面白いとか滅茶苦茶気に入るって事は無いんだよなあ、個人的に。B~Cぐらいの面白さはあるけどAにはいかないって感じです。
気になったのは、他の久米田作品に比べてキャラクターに無機質な感じがしないところ。あくまで原作であり、作画は別の人が書いてるためなのか、アニメスタッフのおかげなのか、どっちなんでしょ。
後、女の子5人がみんなキャラ立ってて可愛いってのは大きいですなあ。


ココロコネクト

人格入れ換わりものといえば、バトルもの以外はコメディが多いって印象だったんで、ちょっとシリアス入ったのは珍しいなあ。自分が不勉強なだけの確立が高いですけど。いや、そもそも人格入れ換わりというネタで一回切りの話でなく長編でやるのが珍しいのかな。
5人の男女でランダムに人格入れ換わり、最初はコメディですんでたけど、なんか内に後ろめたいものがありそうな子たちばかりで(男は今んとこそうでもないかな)、ドロドロの修羅場が待ってそうでワクワクしますねぇ(ゲヒた笑み)
無理やりシリアスな雰囲気作ってる感じはちょっと気になりますけど、毎回ヒキがうまくて、早く続きが見たいなって思わせる作品です。


人類は衰退しました

ブラックユーモア系って一定以上楽しませてくれるけど飛びぬけて面白いとか滅茶苦茶気に入るって事は無いんだよなあ、個人的に。上記の『じょしらく』もしかり。両作品とも、ブラックユーモアだけで一括りにできる作品では無いのはわかっていますけども。動の『人類は衰退しました』、静の『じょしらく』って感じかな。
女の子レギュラーが可愛くて5人もいるという点で個人的に『じょしらく』の方に軍配が上がります。いや、『わたし』ちゃんも十分可愛いですけども。
にしても岸監督はOPで腰振ったりダンスさせたりするのが好きだよなあ。本当はペルソナもダンスさせたかったんじゃなかろうか。


ソードアート・オンライン

アクセルワールド見てる時に感じてた違和感、何でこいつらゲームにここまで真剣なんだろっていうのが見事に解消されています。ゲームの中で死亡=現実世界でも死亡というデスゲーム。そうだよ!アクセルワールドに足りなかったのはこれだよ!このルールのおかげで緊張感を持って見る事が出来ます。
…っと思っていたのは、2話まで。1話だと、一階をクリアするのが困難でもう何人も死んでいるって話だったのに、3話になると一気に話が飛んで40階ぐらいにまで来てしまいました!工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工
死と隣り合わせの状況で主人公たちが難関を切り抜けていくお話だと思っていたのに、どうやらそうじゃなかったようです。もしかしたら、後でそういう話になるのかもしれないけど、これで最初の頃に合った緊張感は無くなっちゃったなあ。
後、ゲーム自体がステレオタイプすぎてあまり面白味を感じないのも辛いところ。


トータル・イクリプス

古臭さ、チープさがまるで2000年代初期のような。しかも監督交代からもわかるとおりスケジュールがきつくて、作画もちょっと低品質。でも、このB級臭さや安っぽさが嫌いじゃないんだぜ。
2話までのサバイバルから打って変って、お気楽な雰囲気になってしまったけど、これもきっと鬱展開の前ふりに違いない、チョビだけは死なないでえええっとか思いながらそこそこ楽しんで見てます。


ちとせげっちゅ!!

3分アニメなんて、どのアニメもそう変わんないだろって思ってましたが、そうじゃなかった事を思い知りました。単純に他の3分アニメに比べてテンポが悪い。3分しか無いのに、間延びしてるってどういう事だ!後、小学生幼女だけじゃあ売りが弱い。大人にしか見えない小学生だったり、犬にしか見えない女子高生だったりと、他の3分アニメには分かりやすくてインパクトのある売りってのがあったからなあ。


ゆるゆり♪♪

1期と変わらず楽しんでますと言いたいとこだけど、無理やり動かしてるOP同様本編にも違和感が。
なんつうかアッカリーンいじりが、やりすぎて面白くなくなってるんだよなあ。というよりそのいじりに飽きただけかもしれない。女の子達の幸せな日常を見たいのに、明らかに不幸せな女の子が一人いたらそりゃあ楽しめませんよ。一期の時は、あかりちゃんいじめもそんなに気にならなかったのになあ。


輪廻のラグランジェ season2

ランとムギナミをキスさせて無理やり仲直りしたり、まどかに言葉攻めして暴走が起きたり、一期と比べて何か開き直っておバカアニメになってる気が。でも、これはこれで良いというか、一期が中途半端だったんだよな。このままアホなノリでどうなっていくのか期待。


こっから↓は前期からの継続です。

氷菓

面白いんですが、流石に『クドリャフカの順番』長すぎ。『愚者のエンドロール』ぐらいの尺で良かったと思うんだけどなあ。まあ、ミステリーってのはラストの解決編で評価が一気に変わってくるので、どういう真相があるのか期待してます。
後、最近、この作品の言う青春の痛みとか辛さってのは奉太郎たちの苦悩だけでなく、『氷菓』のえるの叔父、『愚者のエンドロール』の脚本家たちのように、大多数の青春のため犠牲になった人たちの事も指してるって事に気づきました。
その人達の苦悩や悲しみに奉太郎たちが気づく事も青春の痛みって事なんだろうか。


アクセル・ワールド

最近、ハルと先輩の関係も主従関係みたいなもんだと思えば何となく気にならなくなりました。姫様を崇拝しつつもほのかに恋心を抱いているしもべと、そんなしもべを可愛がるだけでなく恋愛感情を持っている姫様みたいな。
後、ソードアート・オンラインのとこにも書いてた、何でこいつらゲームにここまで真剣なんだろっていう違和感が、なんとなく気にならなくなりつつあります。カードやおもちゃで真剣勝負をしたりするホビーアニメみたいなもんなんだと最近思うようになってきました。凝った設定はあっても、やってる事は結構ベタな少年漫画だしね。修行したりするのなんか、まさにそれ。
違和感を気にせず見れるようになって、キャラにも愛着がわいてきて、最近は視聴意欲が高いアニメになってます。


遊戯王ZEXAL

思ったよりトーナメントが荒れなくて(試合事態は荒れまくったけど)勝者が順当すぎたり、伏線もほとんど張らずに「みんなを怒らせたのはモンスターを召喚させるためだった」とか言って後頭部アームズを召喚したりと文句も色々あるんですけど、やっぱ面白えええ!!
トーナメントはどれも面白いんですが、特に決勝戦がこれでもかっつうほど盛り上がってて面白いです。今やってるバトルアニメで一番面白い。GXの時も5D'sの時も結局今やってるバトルアニメの中で一番面白いってなるんだよなあ。遊戯王はカードアニメであるとともに、バトルアニメだと思って視聴しております。DMの時はあんまりアニメ見てなかったから憶えていない。
最初、遊馬があんまりキャラが立っていないって言ってましたが、最近彼の事を見直すようになりました。
シャークさんを助けるために懸命になったり、アストラルが負けたら消滅してしまうのに達観しすぎてる事を悲しんだり、トロン兄弟を見捨てたトロンを糾弾したりと、遊馬って人格的な面で良い所を多く見る印象です。
遊戯(相棒)ほど聖人でもなく十代ほどクールでもなく(十代は意外とメンタル面や人間関係ではクールだと思う、ユベル編あたりでかなり変化するけど)遊星ほど自己犠牲心が強くもなくて、遊馬って普通な範囲で優しく正義感の強い少年だと思う。それでも現実世界と比べたら十分凄いんですけども。
でもデュエルが関わると、ルールやカードの効果を忘れたり、デッキを忘れたり無くしたりと悪いとこが目につくんだよなあ(笑)
まあ、それでもだいぶ成長してはいるんですけどもね。


カードファイト!! ヴァンガード アジアサーキット編

『アジア』編なのにやってる事、対戦相手が日本にいてた時とあんまり変わんねえええ!!もっと国際色豊かな個性的なメンツを出してくれよ!インドカレーを食っててヨガをやってるインド人ファイターとか、中華料理を食ってカンフーやってる中国人ファイターとか、キムチ食っててテコンドーやってる韓国人ファイターとか、他色々。まあ、単純に個性が足りないですね。そもそもモブ以外新キャラ少ないし。そりゃあ日本にいた時とあんまり変わんなかったらアジア編は微妙だなって言われますよ。やっぱ新展開なんだから新鮮味がないと。
雪山の話と童貞皇帝が活躍する話は面白かったです。アイチ達より、他のキャラが活躍してる方が面白いという事が、いかにこのアニメが停滞してるかがわかるなあ。


ゆるめいつ3でぃPLUS

特に際立った特徴があるわけでも無いのに、テンポ良くて楽しいな。女の子四人も可愛いけど、唯一男である松吉が良いアクセントになっています。女の子4人に囲まれて、全く変な気を起こさないどころか、自然体すぎる松吉は異常だと思う。それゆえの面白さなんですけども。


しばいぬ子さん

最初見る前は犬にしか見えない女の子しばいぬ子さんと愉快な仲間たちが繰り広げるほんわかコメディだと思っていたのに、ふたを開けて見ればしばいぬ子さんが普通の女の子として認識されている世界で、たった一人だけしばいぬ子さんが犬に見える茶子が目にする奇妙な日常を描いたアニメでした。
ある意味ホラーだよなこれって、一人だけその正体を知ってるって。


メダロット

やっぱり面白いなあ。仮装大会の時のようなお馬鹿な話もあればロクショウのシリアスなストーリーもあったりと話の幅の広さに驚く。VSビーストマスターが2クール目のシメとなる話だけあってかなりの面白さでした。
全国ロボトルランキング編にも期待。


順番は面白さの順ではないです。
新規の番組→新規の短編アニメ→二期もの→前期からの継続→一年以上やってるアニメ→前期の短編アニメ→再放送という順番です。何でこんなめんどくさい順番にしたんだろ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劣化

Author:劣化
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR